水品 静夫 MIZUSHINA Shizuo

ID:1000000021999

静岡大学電子工学研究所 Research Institute of Electronics, Shizuoka University (2014年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  42件中 1-20 を表示

  • 1 / 3
  • 新生児脳深部温度測定用5周波マイクロ波ラジオメータの測定精度向上 : 温度ファントム測定実験 (MEとバイオサイバネティックス)

    杉浦 敏文 , 水品 静夫 , 水谷 陽子 [他] , 平田 寿

    我々は5周波マイクロ波ラジオメータを用いた新生児脳深部温度計の開発を行っており、今までに表面から5cmの位置において約2度の誤差で測定できること、及びその誤差の原因の一つがアンテナ表面に付着する微小気泡であること、システム全体の温度制御が不完全であること等を報告し、その対策を施して来た。対策の一つとして気泡除去フィルターの設置、温度安定性向上の対策としてアンテナケーブルの熱絶縁性の向上などを行って …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(361), 17-20, 2014-12-13

    医中誌Web

  • 新生児脳深部温度無侵襲測定用5周波マイクロ波ラジオメータシステムの開発 : 深部温度推定信頼区間の改善

    平田 寿 , 高橋 勲 , 水品 静夫 [他] , 杉浦 敏文

    我々は新生児脳深部温度測定用の多周波マイクロ波ラジオメータシステムの開発を行っている.現在までにシミュレーションによって三周波システムより五周波システムの方が温度推定精度が良いこと,五周波システムを用いた温度ファントム測定実験によって表面から5cmの位置において1.2℃の温度推定信頼区間が得られた事等を報告してきた.今回は主としてシステムの電源周りの誘導雑音対策,基準雑音源制御回路の改良等を通して …

    電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学 109(370), 53-56, 2010-01-14

    参考文献8件

  • 新生児脳内温度分布無侵襲計測用5周波マイクロ波ラジオメータの輝度温度分解能 : 脳深部温度推定の可能性

    杉浦 敏文 , 椋本 豪 , 大橋 健児 [他] , 平田 寿 , 沖田 善光 , 水品 静夫 , Van Leeuwun .G.W.J. , Hand J.W.

    低酸素虚血症に罹った新生児の脳神経障害防止のために低体温療法が提唱されている.この療法が確立されるためには,無侵襲で正確かつ連続的な脳深部温度監視が必要となる.本研究では脳内温度分布測定用に開発中の5周波マイクロ波ラジオメータ(1.2,1.65,2.3,3.0,3.6GHz)の較正実験を行い各受信器の輝度温度分解能を求め,それぞれ0.061,0.063,0.113,0.083,0.093℃を得た. …

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 102(89), 21-24, 2002-06-17

    医中誌Web 参考文献9件 被引用文献1件

  • D-7-7 マイクロ波ラジオメトリによる新生児脳深部温度推定の新アルゴリズム

    丸山 享子 , 水品 静夫 , 杉浦 敏文 , Van Leeuwen G. M.J. , Hand J. W.

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 2000年情報・システムソサイエティ大会講演論文集, 63, 2000-09-07

  • マイクロ波ラジオメトリによる新生児脳内温度分布計測における温度分布能の評価

    丸山 享子 , 水品 静夫 , HAND Jeffery W. , 平田 寿 , 杉浦 敏文

    静岡大学大学院電子科学研究科研究報告 21, 37-41, 2000-03

  • 新生児脳深部温無侵襲計測におけるラジオメトリ重み関数

    丹波 康人 , 丸山 享子 , 水品 静夫 , 杉浦 敏文 , Jeff Hand

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 1998年.情報・システム, 65, 1998-09-07

  • 新生児脳深部温無侵襲計測におけるラジオメトリ重み関数

    丹羽 康人 , 丸山 享子 , 水品 静夫 [他] , 平田 寿 , 杉浦 敏文

    静岡大学電子工学研究所研究報告 33, 115-118, 1998

  • マイクロ波ラジオメータ用基準雑音源制御回路の改良と輝度温度分解能

    杉浦 敏文 , 田村 実 , 北村 光 [他] , 丸山 享子 , 中村 康夫 , 水品 静夫

    静岡大学電子工学研究所研究報告 32, 107-112, 1997

  • ファジイ論理に基づく心臓ペーシングシステム : メンバーシップ関数の自動チューニング

    杉浦 敏文 , 水品 静夫 , 木村 元彦 [他] , 木村 泰三 , 原田 幸雄

    医用電子と生体工学 : 日本ME学会雑誌 = Japanese journal of medical electronics and biological engineering : JJME 34(2), 111-118, 1996-06-10

    医中誌Web 参考文献16件

  • マイクロ波ラジオメトリ無侵襲温度計測法の温度分解能

    大庭 弘行 , 阿部 勝己 , 近藤 和也 , 杉浦 敏文 , 水品 静夫

    静岡大学大学院電子科学研究科研究報告 17, 49-55, 1996-03

  • ラジオメータ用方形導波管アンテナと4層生体組織モデルとの電磁結合のFDTD法による解析

    阿部 勝己 , 大庭 弘行 , 杉浦 敏文 , 水品 静夫

    静岡大学大学院電子科学研究科研究報告 17, 35-41, 1996-03

  • 心電図のカオス的解析法の検討

    角谷 彰彦 , 泉 智博 , 水品 静夫 [他] , 原田 幸雄 , 小山 雅也 , 五百旗頭 正 , 杉浦 敏文

    静岡大学電子工学研究所研究報告 31, 93-97, 1996

  • 生体内温度分布計測

    水品 静夫

    システム/制御/情報 : システム制御情報学会誌 = Systems, control and information 39(12), 495-500, 1995-12-15

    参考文献22件 被引用文献1件

  • 心臓ペースメーカーのレート制御におけるCMAC法とファジィ制御法の比較

    松山 賢 , 水品 静夫 , 木村 元彦 , 木村 泰三 , 原田 幸雄 , 杉浦 敏文

    複数の指標を有する心臓ペースメーカーのレート制御にCMAC (Cerebellar Model Arithmetic Computer)の手法を応用し,その可能性について検討した.2入力と3入力の場合についてレート算出を行い,ファジイ推論を用いた場合との比較・検討をした.その結果,ファジイ推論とほぼ同程度の結果が得られるとともに計算速度は,その20〜30倍であった.本方法は.低消費電力を要求される …

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 95(404), 87-92, 1995-12-09

    医中誌Web 参考文献7件

  • 生体電気信号のカオス的アプローチに関する基礎的検討

    角谷 彰彦 , 泉 智博 , 木村 元彦 , 水品 静夫 , 小山 雅也 , 五百旗頭 正 , 杉浦 敏文

    数の生体情報を無侵襲計測し,かつそれらを総合的に把握・理解することの可能な診断装置の開発を目指している.その第一段階として,胃の活動電位と心臓の不整脈心電図にカオス的な解析法を適用した.位相空間中に描かれた軌跡は食事前後では異なり,食後の方が少し広がる傾向があった.また,正常心電図と心室細動心電図では,フラクタル次元に差を認めた.このことは,さまざまな不整脈の判別・診断に本方法が応用できる可能性を …

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 95(404), 81-86, 1995-12-09

    参考文献10件

  • 不整脈の自動検知に関する研究

    澤田 成生 , 小山 孝夫 , 木村 元彦 , 水品 静夫 , 木村 泰三 , 原田 幸雄 , 杉浦 敏文

    本報告では,致死性不整脈である心室細動と正常心拍の判別を心電図の特徴に着目して行う方法について述べる. 心電図の特徴を表す量として.(1)心周期の変動率,(2)振幅変動率,(3)波形のピークの尖度,の三つに着目,各量を定義し,標準的な心電図を用いてそれらをを求めた.これら用いてファジイ推論による心電図評価法を開発し,正常から心室細動までの範囲を100〜0の数値に対応させた結果,正常な心電図はほぼ9 …

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 95(404), 75-80, 1995-12-09

    医中誌Web 参考文献10件

  • 第6回アジア・パシフィク・マイクロ波会議(APMC'94)報告

    水品 静夫

    1994年12月6日から9日まで幕張メッセで開催された第6回アジア・パシフィク・マイクロ波会議(APMC'94)の概要を報告する.APMCは,アジア・太平洋地域の国で持ち回りで開催されており,日本で開催されたのは1990年に続き2度目である.APMCセッションでは,42の口頭発表セッション,2つのOpenForumで264件の論文発表,26件の招待講演が行われ,最終日には8つのテーマでWorksh …

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波 95(101), 25-30, 1995-06-22

  • ファインチューニングに向けたファジィ・レート推論値の評価法に関する検討

    杉浦 尚也 , 高木 孝之 , 水品 静夫 , 杉浦 敏文 , 木村 元彦 , 木村 泰三 , 原田 幸雄

    我々はマルチセンサー型レート応答心臓ペースメーカーのレート制御にファジィ制御の手法を応用することを提案している。今回はパターン認識の概念を基本としたファジィ推論値の自動評価法を開発した。この方法は推論値の変化パターンから1本の曲線を抽出し、その曲線について平均自乗誤差、ピークの一致度、パターン概形の一致度の三種の特徴量からファジィ推論により1つの評価値を求めるものである。評価値を決定する際にファジ …

    人工臓器 24(2), 462-467, 1995-04-15

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献16件 被引用文献1件

  • 不整脈の自動検知に関する研究

    澤田 成生 , 小山 孝夫 , 木村 元彦 , 水品 静夫 , 木村 泰三 , 原田 幸雄 , 杉浦 敏文

    本報告では,致死性不整脈である心室細動と正常心拍の判別を心電図の特徴に着目して行う方法について述べる. 心電図の特徴を表す量として.(1)心周期の変動率,(2)振幅変動率,(3)波形のピークの尖度,の三つに着目,各量を定義し,標準的な心電図を用いてそれらをを求めた.これら用いてファジイ推論による心電図評価法を開発し,正常から心室細動までの範囲を100~0の数値に対応させた結果,正常な心電図はほぼ9 …

    1995

    機関リポジトリ

  • 心臓ペースメーカーのレート制御におけるCMAC法とファジィ制御法の比較

    松山 貴 , 水品 静夫 , 木村 元彦 , 木村 泰三 , 原田 幸雄 , 杉浦 敏文

    複数の指標を有する心臓ペースメーカーのレート制御にCMAC (Cerebellar Model Arithmetic Computer)の手法を応用し,その可能性について検討した.2入力と3入力の場合についてレート算出を行い,ファジイ推論を用いた場合との比較・検討をした.その結果,ファジイ推論とほぼ同程度の結果が得られるとともに計算速度は,その20~30倍であった.本方法は.低消費電力を要求される …

    1995

    機関リポジトリ

  • 1 / 3
ページトップへ