法貴 誠 Hoki Makoto

ID:1000000024589

三重大学生物資源学部 Faculty of Bioresources, Mie University (2003年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  15件中 1-15 を表示

  • 4輪操舵車両のアクティブ制御に関する研究(第2報) : ヨーレートセンサによる半自動直進制御

    佐藤 邦夫 , 柳田 金幸 , 菰田 隆裕 [他] , 王 秀崙 , 法貴 , 中沢 正明

    本研究では, 4輪操舵車両の半自動直進制御系を構成し, その基礎特性を調べた。本研究の目指す半自動直進制御系は, 人が操縦する作業車両の直進性を向上させることを目的とし, 操縦者は横変位の制御にのみ専念して操舵し, 車両の姿勢角が自動制御される方式である。このような方式で必要となる方位センサとして, 振動型ヨーレートセンサを応用した。<br>実験車両は第1報で用いた前後2軸独立操舵型4 …

    農業機械學會誌 65(6), 149-157, 2003-11-01

    J-STAGE DOI 参考文献6件

  • トラクタ非常停止のための母音連続性に関する研究

    佐藤 邦夫 , 縣 克司 , 法貴 [他] , 鬼頭 孝治 , 山下 光司 , 王 秀崙 , 森尾 吉成

    異常長母音をトラクタの非常停止などに応用するために, 人音声の母音連続性について研究した。まず, 騒音に影響されにくい母音区間評価関数を定義し, 母音区間を峻別するしきい値を定めた。次にこれを用い, 24人の被験者から収録した2音節音声に関し, 母音区間の連続性について解析した。その結果, 2音節とも母音が検出された音声のうち, 98.6%の音声において母音区間に不連続な区間が見出され, その不連 …

    農業機械學會誌 65(6), 85-92, 2003-11-01

    J-STAGE DOI 参考文献7件

  • マイクロフォンペアによるトラクタ搭乗者発声源の識別

    佐藤 邦夫 , 法貴 , 波多江 博樹 [他] , ギブソン ハリー G. , 王 秀崙 , 鬼頭 孝治 , 山下 光司

    本研究はマイクロフォンペアを用いトラクタ搭乗者の発声源を識別することを目的とする。まず, マイクロフォンペアの軸上距離特性を計測し, 音響原理と比較した。次に2つのマイクロフォン間のピッチレベル比の有効性を検証するために, マイクロフォンペタを用い, 人工的に作られた矩形波の計測実験を行なった。その結果, 搭乗者位置から発せられた音声は, トラクタキャビンの外部から発せられた音声と区別できることが …

    農業機械學會誌 65(6), 77-84, 2003-11-01

    J-STAGE DOI 参考文献6件

  • 4輪操舵車両のアクティブ制御に関する研究 (第1報) : 横変位・姿勢角独立制御特性

    佐藤 邦夫 , 宮本 秀樹 , 井上 紀夫 [他] , 法貴 , 中沢 正明

    作業車両の姿勢制御性を向上させることを目的として, 4輪操舵車両のアクティブ制御システムを構成し, 制御特性計測実験を行った。実験車両は, 前車軸操舵機構と後車軸操舵機構を別々に制御する2軸独立制御型4輪操舵車両である。本研究で構成した制御システムは, 横変位と姿勢角を独立に制御するための制御量を線形に結合して前後の各操舵量を制御する方式とした。走行実験の結果, 機構の制約による干渉はあるものの, …

    農業機械學會誌 65(4), 139-147, 2003-07-01

    J-STAGE DOI 参考文献9件

  • 単語認識によるトラクタの制御

    佐藤 邦夫 , 法貴 , 八橋 正明 [他] , ギブソン ハリーG.

    トラクタの制御を目的とする, 大音量のエンジン騒音下における単語認識法を開発した。本認識法では子音と母音の特徴を, それぞれスペクトル積分とケプストラム最大値として計測する。これらの特徴量はニューラルネットワークに入力され, オペレータの発音する単語のカテゴリーを認識するのに用いられる。これに関連し, スペクトル積分を求めるのに必要なハイパスカットオフ周波数の値, さらに単語認識システムに必要とな …

    農業機械學會誌 63(2), 23-28, 2001-03-01

    J-STAGE DOI 参考文献9件

  • 母音ピッチによるトラクタの音声認識制御

    佐藤 邦夫 , 法貴 , 八橋 正明 [他] , ギブソン ハリー G.

    母音の低周波成分であるホルマントの抽出を基に行う母音の認識が音声認識の基本技術であるとされてきた。しかしトラクタのエンジン騒音のように, 広い周波数領域にわたって連続的な成分を持つノイズが重合すると, 母音のホルマント情報は破壊されてしまい, 利用することが困難になる。一方母音のスペクトルには, ピッチ成分と呼ばれるピーク信号が存在し, 各ピークの周波数値においてトラクタのエンジン騒音のレベルを上 …

    農業機械學會誌 63(1), 35-40, 2001-01-01

    J-STAGE DOI 参考文献8件

  • レーザの雑草・害虫防除への応用に関する基礎研究 : イネの葉に対するレーザ照射の影響

    佐藤 邦夫 , 梅崎 輝尚 , 法貴 [他] , 高木 滋樹

    物理的な除草・殺虫の方法としてレーザの使用を検討する研究の一環として, レーザのイネの葉に対する影響を調べた。その結果, 緑色光レーザ (波長532nm) による照射実験では, 4回の照射に対し, 56.6×4GW/m<sup>2</sup>と144×4GW/m<sup>2</sup>の中間の単位面積仕事率において, イネの葉に影響を与える閾値がある …

    農業機械學會誌 62(5), 98-103, 2000-09-01

    J-STAGE DOI 参考文献7件 被引用文献1件

  • 鉢物栽培における籾殻くん炭の利用

    繆 冶煉 , 堀部 和雄 , 法貴 [他] [他]

    三重大学生物資源学部紀要 23, 31-36, 1999-12

    機関リポジトリ 被引用文献1件

  • タイにおける小型トラクタの動向と適正構造に関して : 東北地方におけるパワーティラーに関する調査を中心として

    佐藤 邦夫 , Chusilp Somnuk , 法貴 [他] , SALOKHE Vilas M. ,

    三重大学生物資源学部紀要 23, 13-22, 1999-12

    機関リポジトリ

  • おがくずガス化発電用ガス発生炉の性能に関する実験的研究 : 可燃ガス発生プロセス, 炉内温度分布および生成ガス・固形分組成の分析

    清水 幸丸 , 松平 恒夫 , 法貴

    おがくずを燃料としたガス化コジェネレーションプロセスを開発し, 改良を重ねてきた。ガス発生炉は竪型の移動床で, 炉底から吸引される空気によりおがくずを燃焼し, その燃焼熱を熱分解の熱源としている。生成ガスは, 洗浄後ガスエンジンを駆動し直結した発電機により電力に変換される。エンジン排ガスから温水を回収し, さらに温風に変換し木材の乾燥に用いており, プロセス全体のエネルギー回収効率は50%を越えて …

    農業機械學會誌 61(6), 113-124, 1999-11-01

    J-STAGE DOI 参考文献9件

  • 人音声と生物生産環境音に関する考察 : 農業機械への音声認識技術の適応可能性について

    佐藤 邦夫 , 法貴 , 縣 克司

    三重大学生物資源学部紀要 18, 35-46, 1997-08

    機関リポジトリ

  • マレーシア半島における農法展開 : 技術移転と影響要因

    亀岡 孝治 , 法貴

    三重大学生物資源学部紀要 3, 105-119, 1990-02

    日本農学文献記事索引

  • おがくずガス化発電とコ・ジェネレ-ションシステムに関する研究

    清水 幸丸 [他] , 鈴木 信夫 , 黒川 静夫 , 法貴

    The paper describes small scale bio-mass electric power plant. Saw dust is used for the fuel. Gas reactor is developed and improved to increase the gasifying efficiency. The engine exhaust heat is exc …

    日本機械学会論文集 B編 54(505), p2639-2645, 1988-09

    機関リポジトリ 被引用文献1件

  • 果菜類の物理性-3-スイカの冷却特性について

    堀部 和雄 , 田尻 功郎 , 法貴

    三重大学農学部学術報告 (56), p325-330, 1978-03

  • 果菜類の物理特性-2-スイカの音響的,力学的および冷却的性質に関する研究〔英文〕

    田尻 功郎 , 法貴 , 堀部 和雄

    三重大学農学部学術報告 (51), p111-118, 1976-03

ページトップへ