上林 弥彦 Kambayashi Yahiko

論文一覧:  485件中 1-20 を表示

  • 電子商取引における商品ルール抽出支援手法

    小澤 正幸 , 岩井原 瑞穂 , 上林 彌彦

    日本データベース学会letters 3(1), 13-16, 2004-06

  • 電子商取引における組合せ制約集合の統計的性質に基づいた検索支援

    志賀 隆之 , 岩井原 瑞穂 , 上林 弥彦

    従来の電子商取引システムにおいて単一商品を価格などの属性値で検索する場合は既存の情報検索システムを用いて検索することが可能である.しかし,パーソナルコンピュータやパック旅行など複数の商品を組み合わせて商品を購入する,いわゆる複合商品を扱う場合に至っては従来の検索方法では不十分で,組合せの制約表現による検索が必要である.本論文では,この組合せの制約から,各部品クラス間の関連度をX^2検定やデータマイ …

    電子情報通信学会論文誌. D-I, 情報・システム, I-情報処理 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. D-I 87(2), 266-277, 2004-02-01

    参考文献15件

  • 京都大学「知識社会基盤構築のための情報学拠点形成」

    上林 弥彦

    21世紀に予想されている大きな社会変革に産業構造の変化があり,今後知識産業従事者が大幅に増加すると考えられている.本COEは,来るべき知識社会の基盤となる情報技術の開発とそれに関連する人材育成を主な目的としている.特に情報技術を基礎とした他分野との境界領域の学問の成立を目指しており,地域との連携や海外拠点といった面でも特色がある.京都大学大学院情報学研究科の得意分野である,アルゴリズム・基礎理論, …

    電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 86(11), 895-899, 2003-11-01

  • 電子商取引における分割取引トランザクションの限度枠設定アルゴリズムの評価

    伊藤 ちひろ , 岩井原 瑞穂 , 上林 弥彦

    電子商取引の特徴は、互いに顔を見知らぬ相手と取引を行うこと、商品と対価を同時に交換できないことにある。そのため、公正な取引を行うことは重要である。既存の研究では、絶対的に信頼できる第三者を経由して金品交換を行うプロトコルが提案されてきたが、様々な参加者が存在するネット上においては、このような仮定は現実的ではない。そこで本研究では、取引相手や仲介者に設定する信用の度合いによって、一度に行える取引の額 …

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 2003(71(2003-DBS-131)), 71-76, 2003-07-16

    情報処理学会 参考文献6件

  • 商取引ルールの動的制約表現とデータベース化手法

    小澤 正幸 , 岩井原 瑞穂 , 上林彌彦

    本稿では電子商取引におけるルール付商品、つまり商品ごとに多種多様な形式qのルールが付され、その適用によって価格などの商品特性が変化するような性質を持つ商品のルール処理に関して、これを人手ではなく、機械的に処理する際に要求される性質について検討を行う。そしてそれに基づいてこれらの取引ルールについてモデル化を行う。またルール付商品の具体例として電子商取引として実際に旅行代理店サイトで販売されている航空 …

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 2003(71(2003-DBS-131)), 63-70, 2003-07-16

    情報処理学会 参考文献12件

  • 地域ウェブ情報検索のための2次元領域質問処理法

    李龍 , 椎名 宏徳 , 高倉 弘喜 [他] , 上林 弥彦

    近年、新しいウェブ検索手法の一つとして地理情報検索システムが注目され、さまざまな研究がなされている。特にユーザの質問作成とそれに対する検索の手法、ウェブページから的確な位置情報を獲得する手法が研究の焦点になっている。我々の提案では、ユーザの2次元領域質問の処理法として、従来空間索引に用いられていたMBR(Minimum Bounding Rectangle)を用いる。ウェブページを地図上のMBRと …

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 2003(71(2003-DBS-131)), 413-420, 2003-07-16

    情報処理学会 参考文献12件

  • 電子商取引における分割取引トランザクションの限度枠設定アルゴリズムの評価

    伊藤 ちひろ , 岩井原 瑞穂 , 上林 弥彦

    電子商取引の特徴は、互いに顔を見知らぬ相手と取引を行うこと、商品と対価を同時に交換できないことにある。そのため、公正な取引を行うことは重要である。既存の研究では、絶対的に信頼できる第三者を経由して金品交換を行うプロトコルが提案されてきたが、様々な参加者が存在するネット上においては、このような仮定は現実的ではない。そこで本研究では、取引相手や仲介者に設定する信用の度合いによって、一度に行える取引の額 …

    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 103(192), 55-59, 2003-07-11

    参考文献6件

  • 商取引ルールの動的制約表現とデータベース化手法

    小澤 正幸 , 岩井原 瑞穂 , 上林 彌彦

    本稿では電子商取引におけるルール付商品、つまり商品ごとに多種多様な形式のルールが付され、その適用によって価格などの商品特性が変化するような性質を持つ商品のルール処理に関して、これを人手ではなく、機械的に処理する際に要求される性質について検討を行う。そしてそれに基づいてこれらの取引ルールについてモデル化を行う。またルール付商品の具体例として電子商取引として実際に旅行代理店サイトで販売されている航空券 …

    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 103(192), 49-54, 2003-07-11

    参考文献12件

  • 地域ウェブ情報検索のための2次元領域質問処理法

    李 龍 , 椎名 宏徳 , 高倉 弘喜 [他] , 上林 弥彦

    近年、新しいウェブ検索手法の一つとして地理情報検索システムが注目され、さまざまな研究がなされている。特にユーザの質問作成とそれに対する検索の手法、ウェブページから的確な位置情報を獲得する手法が研究の焦点になっている。我々の提案では、ユーザの2次元領域質問の処理法として、従来空間索引に用いられていたMBR(Minimum Bounding Rectangle)を用いる。ウェブページを地図上のMBRと …

    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 103(191), 175-180, 2003-07-10

    参考文献12件

  • 業務処理の質問処理と効率性を支援するためのバッファーを持つワークフローモデル

    金 剛 , 横田 裕介 , 上林 弥彦

    電子窓口やビジネスプロセスなどに使われるワークフローに大量の仕事が依頼される場合、ワークフローの中で仕事が詰まり、全体の効率が悪くなる。従来のワークフローモデルでは仕事をパイプライン的に行うため、これらの問題には対応していない。われわれの研究では、ワークフローモデルにバッファーと容量という二つの概念を導入することによって、バッファー内に入った仕事の処理順番を制御することができ、容量の分配を動的に行 …

    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 103(104), 13-16, 2003-05-26

    参考文献3件

  • 活動記録を統合的に再利用した学習環境の実地教育における評価

    吉正 健太郎 , 住友 千紗 , 岡田 顕 [他] , 水野 義之 , 上林 弥彦

    情報技術を用いて教育支援を行うシステムとして講義ビデオデータベースシステムは様々な教育現場で導入されている。しかし、従来の対面講義を一方向に配信するだけでは問題がある。我々は講義ビデオだけでなく、講義ノートやコミュニケーションと言ったあらゆる情報をデータベースに蓄積し再利用を行うことで、統合的な学習環境を実現した。そして本システムを京都女子大学という大規模な組織に導入することで、講義ビデオデータベ …

    情報処理学会研究報告コンピュータと教育(CE) 2003(49(2003-CE-069)), 9-16, 2003-05-16

    情報処理学会 参考文献6件

  • ALAN - Kプロジェクト:Squeak を活用した創造的な情報教育の試み

    軽野 宏樹 , 木實新一 , 上林 弥彦

    ALAN-K (Advanced LeArning Network in Kyoto)プロジェクトは京都大学が京都市教育委員会・京都市内の公立学校と協力し、コンピュータを用いた新しい学習環境の構築を目指して昨年9月に発足した。その活動の一つとして、昨年度はオブジェクト指向のプログラミング環境Squeakの機能の一つであるSqueakToysを用いたワークショップを2つの小学校で実施した。その活動で …

    情報処理学会研究報告コンピュータと教育(CE) 2003(49(2003-CE-069)), 1-8, 2003-05-16

    情報処理学会 参考文献7件 被引用文献7件

  • Webコンテンツの収集と再利用を支援する個人用アーカイブシステム

    安川 美智子 , 山田 篤 , 星野 寛 [他] , 大瀬戸豪志 , 上林彌彦

    Web閲覧の機会が増える中で,閲覧したWebコンテンツを後で再閲覧,再利用する必要性が高まっている.そのためには,後で利用したいコンテンツを含む,有用なWebページを保存(アーカイブ)しておくこと,そして,以前に保存しておいたWebページに,必要に応じて,効率よくアクセスできることが重要である.また,Webコンテンツを効率よく収集,再利用するためには,他者との間でコンテンツやコンテンツのメタデータ …

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 2003(5(2002-DBS-129)), 139-146, 2003-01-23

    情報処理学会 参考文献26件 被引用文献1件

  • 情報発信,蓄積,収集ツールとしてのウェブとその利用(<特集>Webアプリケーションを背景としたWeb利用)

    上林 弥彦

    ウェブによる情報発信,蓄積および収集は,新たな情報流通革命を起こし,世界を大きく変えていく力となっている。はじめに,従来型の情報検索との違いに注目して,ウェブ情報処理に関するいくつかの話題をまとめる。ひとつの応用例として,ウェブの内容からの概念抽出とそれを使った概念ナビゲーション,地理情報システムへの構成について述べる。また,効率向上のためのウェブキャッシュや多機能化のためのデータベースとの併用に …

    情報の科学と技術 53(4), 190-200, 2003

    CiNii 外部リンク J-STAGE 参考文献6件

  • 電子商取引のリスク限定分割取引における回復プロトコル

    伊藤 ちひろ , 岩井原 瑞穂 , 上林 弥彦

    インターネットの発展により,電子商取引の機会が増大している.電子商取引の特徴は,互いに会ったことのないような当事者間での金品の授受が行われることである.このような取引では,認証などの手段によってあらかじめ取引相手の身元が保証される訳ではない.従って,相手を完全に信頼した取引を行うことは困難となるため,相手のリスクを考慮した機構が必要である.本稿では,このようなリスク管理のために分割送付を行う商品と …

    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 102(376), 13-18, 2002-10-11

    参考文献14件

  • 電子商取引のリスク限定分割取引における回復プロトコル

    伊藤 ちひろ , 岩井原 瑞穂 , 上林 弥彦

    インターネットの発展により、電子商取引の機会が増大している。電子商取引の特徴は、互いに会ったことのないような当事者間での金品の授受が行われることである。このような取引では、認証などの手段によってあらかじめ取引相手の身元が保証される訳ではない。従って、相手を完全に信頼した取引を行うことは困難となるため、相手のリスクを考慮した機構が必要である。本稿では、このようなリスク管理のために分割送付を行う商品と …

    電子情報通信学会技術研究報告. DC, ディペンダブルコンピューティング 102(378), 13-18, 2002-10-11

    参考文献14件

  • O-18 双方向型メディアを利用した広告コンテンツ契約市場モデル(情報システムと社会環境,O.情報システム)

    高見 真也 , 大瀬戸 豪志 , 星野 寛 , 山田 篤 , 上林 弥彦

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集 2002(4), 361-362, 2002-09-13

  • N-42 講義支援を目的とした質問データベースと講義情報の連携(遠隔・協調学習,N.教育・人文科学)

    住友 千紗 , 岡田 顕 , 上林 彌彦

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集 2002(4), 321-322, 2002-09-13

  • N-37 操作ログを用いた柔軟な検索が可能な講義ビデオデータベースの設計と評価(教育支援システム(2),N.教育・人文科学)

    岡田 顕 , 上林 弥彦

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集 2002(4), 311-312, 2002-09-13

  • M-52 階層的作業空間モデルにおけるセキュリティー保持のための制約(ネットワークサービス,M.ネットワーク・モバイルコンピューティング)

    村上 隆治 , 横田 裕介 , 上林 彌彦

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集 2002(4), 137-138, 2002-09-13

ページトップへ