自見 忠 JIMI Tadashi

ID:1000000037508

鹿児島大学歯学部歯科補綴学第一講座 The 1 st Department of Prosthetic Dentistry, Kagoshima University, Dental School (1997年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  58件中 1-20 を表示

  • 1 / 3
  • 引張試験による金属とポーセレンの接着強さの評価

    南 弘之 , 山邊 成志 , 嶺崎 良人 , 倉茂 尚徳 , 竹之内 泰巳 , 鬼塚 雅 , 自見

    Since the introduction of the porcelain fusing technique in dentistry, investigations have been attempted to measure the accurate bond strengths between the dental porcelain and the porcelain fusing a …

    日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society 41(4), 657-662, 1997-08-01

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献28件 被引用文献1件

  • フルベイクタイプのキャスタブル・ガラス・セラミックス-ポーセレン・ジャケット・クラウンの荷重時の応力解析 : 三次元光弾性実験による応力解析

    南 弘之 , 鬼塚 雅 , 中島 厚生 , 山邉 成志 , 中島 由佳 , 野村 賢介 , 嶺崎 良人 , 自見

    当教室では,キャスタプル・ガラス・セラミックスをコーピングとして用い、,歯科用ポーセレンを用いて前装したベニアタイプのオールセラミックス・クラウンを臨床応用し,同時に応力解析等を進めてきた.最近ではさらに,クラウン表面全体に歯科用ポーセレンを焼成した,フルベイクタイプのオールセラミックス・クラウンとして用いている.今回の報告では,このフルベイクタイプのクラウンに関して,光弾性実験法を用いて,種々の …

    日本補綴歯科學會雜誌 40(5), 861-871, 1996-10-01

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献26件

  • 焼結金属を用いた歯冠修復物に関する基礎的研究 : 第2報 金属組織学的検討

    鬼塚 雅 , 中島 厚生 , 松下 容子 , 門川 明彦 , 末永 健市 , 自見

    焼結金属を用いた歯冠修復物の作製は未知なる分野であり,歯科医学の常識に捕われず,柔軟な考えで応用方法を検討しなければならない.前回の技術的検討および適合性度と表面粗さの測定に引き続き,金属組織学的実験として,表面性状や元素分析を鋳造金属と焼結金属の比較により検討したものである.

    日本補綴歯科學會雜誌 40(5), 853-860, 1996-10-01

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献16件

  • 支台歯用石こう模型の諸性質に及ぼす消毒液浸漬の影響 : 第3報 緩衝消毒液の効果

    鬼塚 雅 , 門川 明彦 , 松下 容子 , 自見

    超硬質石こうが消毒液により被る被害を調べるために, 消毒液として, 3%グルタルアデヒド, 3%緩衝グルタルアルデヒドそして市販の2%緩衝グルタルアルデヒド, および水を用いた.結果はグルタルアルデヒドと水で表面粗さが増大した.しかし, グルタルアルデヒドのpHの調整で表面粗さの改善が認められた.SEM像では水浸漬試料の表面に多数の陥没が見られた.コントロールとして用いた未処理硬質石こうと比較して …

    歯科材料・器械 15(5), 379-388, 1996-09-25

    医中誌Web 参考文献16件

  • 支台歯用石こう模型の諸性質に及ぼす消毒液浸漬の影響 : 第2報 寸法変化と細線再現性

    鬼塚 雅 , 門川 明彦 , 松下 容子 , 自見

    消毒液浸漬が石こう模型に与える影響を調べるために, 2種類の石こうを用い, ビニルシリコーン印象により作製した石こう模型を3%グルタルアルデヒドに浸漬した試料, および印象体を消毒液に浸漬した後に石こう模型を作製した試料について, 模型の寸法変化率の測定, 細線再現性試験, SEM観察を行った.細線再現性試験の結果, 未浸漬試料, および印象を消毒液に浸漬後石こう模型を作製した試料では20μmの細 …

    歯科材料・器械 15(5), 369-378, 1996-09-25

    医中誌Web 参考文献15件 被引用文献1件

  • 支台歯石膏模型の消毒方法の研究 : 第1報 消毒液浸漬が石膏硬化体の表面粗さと表面微細構造に及ぼす影響

    鬼塚 雅 , 門川 明彦 , 松下 容子 , 自見

    現在,社会問題となっているHIVやHBV,HCVなどのウイルス感染症患者の治療は,歯科医療従事者にとって重大関心事である.特に患者の体液により直接汚染される印象体や石膏模型の消毒は,精密度が要求されるクラウン・ブリッジ関係者の一員として見過ごすことのできない問題である.そこで,臨床に即した消毒方法を考えるに当たり,現在行われている薬液消毒を基本に立ち返って考え直すことは意義のあることである.

    日本補綴歯科學會雜誌 40(4), 695-701, 1996-08-01

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献13件 被引用文献5件

  • 支台歯用石こう模型の諸性質に及ぼす消毒液浸漬の影響 : 第1報 石こう内部の硬さ変化と破断面の観察

    鬼塚 雅 , 松下 容子 , 門川 明彦 , 自見

    消毒液の支台歯用石こう模型の内部に及ぼす影響を調べるために, アルデヒド系消毒液2種類, 超硬質石こう4種類と硬質石こう1種類を用いて, 消毒液浸漬後の切断面のヌープ硬さ, および破断面のSEM像の観察を行った.得られた結果から, ヌープ硬さは, 表面から少なくとも400μm程度影響を受け, 硬度の低下が認められ, 水道水浸漬でも同様の結果が得られたことより, 硬度には水の影響が大きいことが示唆さ …

    歯科材料・器械 15(4), 267-275, 1996-07-25

    医中誌Web 参考文献11件 被引用文献2件

  • 光重合型硬質レジンと金属の接着に関する研究 : 第2報

    中原 淳 , 村口 浩一 , 南 弘之 , 山邉 成志 , 中島 由佳 , 嶺崎 良人 , 鬼塚 雅 , 自見

    日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society 40(95), 54, 1996-05-31

    医中誌Web 参考文献2件

  • 固定性ブリッジの保持に及ぼす各種合着材の影響 : 下顎第三大臼歯を支台としたブリッジ模型での評価

    嶺崎 良人 , 中原 淳 , 篠原 直幸 , 南 弘之 , 中島 厚生 , 永綱 健一 , 門川 明彦 , 鬼塚 雅 , 自見

    固定性ブリッジが,失敗に終わる原因の1つに,1支台装置のみが支台歯より離脱してしまう不完全脱離が挙げられる.このような脱離を防ぐには,支台歯に十分な維持形態を付与する,対顎との咬合関係の均衡を図る,ブリッジ自体の強度を強化するなど,いろいろな方法が考えられるが,使用する合着材の保持能力を考慮に入れることも大切である.本研究では,不完全脱離を生じやすい症例を想定した実験用ブリッジ模型を用いて,その保 …

    日本補綴歯科學會雜誌 40(1), 147-153, 1996-02-01

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献30件

  • 焼結金属を用いた歯冠修復物に関する基礎的研究 : 第1報 適合精度と表面粗さ

    鬼塚 雅 , 末永 健市 , 中島 厚生 , 上村 典子 , 自見

    近年,ロストワックス法による鋳造歯冠補綴物製作法が全盛となっているが,精密機械などの工業界では均質な結晶構造を有する粉末冶金法が多く用いられている.ドイツではすでに,この技術を歯冠補綴物製作に応用する試みがなされている.しかし,粉末冶金法の導入には,克服しなければならない幾多の問題が存在する.今回,粉末冶金法による歯冠補綴物製作システムの提供を受け,鋳造歯冠補綴物との比較検討を行い,その問題点を整 …

    日本補綴歯科學會雜誌 40(1), 90-96, 1996-02-01

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献17件 被引用文献2件

  • ラミネート・ベニア・クラウンに関する研究 : 第2報 光重合型合着材の効果特性について

    篠原 直幸 , 高松 容子 , 上村 典子 , 門川 明彦 , 藤井 孝一 , 糸永 昭仁 , 自見

    前歯部での審美的回復を主目的として,ポーセレンラミネートベニアクラウンが用いられる.ラミネートベニアの合着材として光重合型合着材が用いられるが,この種の合着材を用いた場合の装着時の硬化挙動についてはまだ不明な点が多い.本報では,臨床での装着操作を前提に,光照射時間や介在するラミネートベニアによる光照射量の減少が光重合型合着材の硬化特性に与える影響をみるために,硬化に伴う収縮量や硬さを調べるとともに …

    日本補綴歯科學會雜誌 40(1), 83-89, 1996-02-01

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献26件

  • 前歯部接着性ブリッジの支台歯の設計要因が接着強さに与える影響

    奥家 信宏 , 篠原 直幸 , 梶原 浩 , 門川 明彦 , 嶺崎 良人 , 中島 由佳 , 藤井 孝一 , 自見

    接着性補綴物は臨床導入以来改良がなされ,現在では一定の評価を得るようになった.これは接着性レジンの改良や被着面処理法の研究により接着強さや耐久性の向上がはかられたことによる.他方,支台歯形態については接着面積の増大,剛性の向上,補助的維持装置の付与などが望ましいとされるが,これらが補綴物の接着強さにどのように関係するかはまだ不明な点が多い.本研究では,上顎前歯部を想定して,接着性ブリッジの支台歯の …

    日本補綴歯科學會雜誌 40(1), 77-82, 1996-02-01

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献24件

  • 熱湯浸漬処理が硬質石こう模型の表面粗さおよび表面微細構造に及ぼす影響

    鬼塚 雅 , 上村 典子 , 梶原 浩 , 中島 厚生 , 末永 健市 , 自見

    熱湯浸漬が硬質石こう模型表面に及ぼす影響を調べるために,熱湯浸漬前後の石こう試料表面について,表面粗さ・ヌープ硬さの測定,および走査型電子顕微鏡の観察を行い比較検討を行った.その結果,アクリル板に接して硬化した石こう試料表面は,アクリル板の表面に比べ表面粗さの増加が認められた.またSEM像では石こう結晶の凝集界面に多数の空隙が生じていた.これに対して熱湯浸漬後の試料は,明らかな面荒れが生じ,SEM …

    Dental materials journal 14(2), 245-255, 280, 1995-12-25

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE DOI 参考文献13件

  • Castable Glass Ceramics と Porcelain の接着に関する研究 : 第3報 Porcelain 焼成が white layer の強度に及ぼす影響

    南 弘之 , 中島 由佳 , 嶺崎 良人 , 中原 淳 , 山邉 成志 , 竹之内 泰巳 , 鬼塚 雅 , 自見

    日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society 39(94), 75, 1995-10-27

    医中誌Web 参考文献1件

  • 骨内インプラントを使用したオーバーデンチャーに関する研究-2次元有限要素解析と臨床例-

    西村 賢二 , 篠原 直幸 , 村上 慶 , 和久田 哲生 , 伊東 隆利 , 自見

    日本口腔インプラント学会誌 = Journal of Japanese Society of Oral Implantology 8(2), 143-151, 1995-09-30

    医中誌Web 参考文献25件 被引用文献3件

  • Castable Glass Ceramics と Porcelain の接着に関する研究 : 第2報 試験片の製作と引張試験

    南 弘之 , 鬼塚 雅 , 嶺崎 良人 , 竹之内 泰巳 , 自見

    当教室ではキャスタプル・ガラス・セラミックスにポーセレンを焼成するジャケットクラウンを臨床応用しているが,両者の接着を従来の方法で評価することは困難である.しかし新たな独自の方法を確立し,キャスタブル・ガラス・セラミックスに歯科用ポーセレンを焼成した引張試験片の製作に成功した.本論文では,試験片の製作法を紹介するとともに,キャスタプル・ガラス・セラミックスと歯科用ポーセレンの接着状態を引張試験によ …

    日本補綴歯科學會雜誌 39(4), 774-782, 1995-08-01

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献28件 被引用文献2件

  • コンポジットレジンと各種歯冠修復用材料間の摩擦摩耗に関する研究

    門川 明彦 , 篠原 直幸 , 嶺崎 良人 , 南 弘之 , 中島 厚生 , 鬼塚 雅 , 自見 , 藤井 孝一 , 蟹江 隆人 , 有川 裕之 , 井上 勝一郎

    日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society 39(93), 57, 1995-06-09

    医中誌Web 参考文献1件

  • Castable Glass Caramics と Porcelain の接着に関する研究 : 第1報 試験片形状決定のための応力解析

    南 弘之 , 山邉 成志 , 中島 厚生 , 野村 賢介 , 嶺崎 良人 , 竹之内 泰巳 , 鬼塚 雅 , 自見

    当教室ではキャスタプル・ガラス・セラミックスにポーセレンを焼成するジャケットクラウンを臨床応用しているが,両者の接着を従来の方法で評価することは困難である.しかし新たな独自の方法により,キャスタブル・ガラス・セラミックスに歯科用ポーセレンを焼成した3種類の引張試験片の試作に成功した.本論文では,引張接着強度の測定に先立ち,これら3種類の試験片を弾性率の差を再現したうえでエポキシ樹脂を用いて模型化し …

    日本補綴歯科學會雜誌 39(3), 447-452, 1995-06-01

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献10件

  • ラミネート・ベニア・クラウンに関する研究 : 第1報 光重合型合着材の流動特性について

    篠原 直幸 , 高松 容子 , 門川 明彦 , 梶原 浩 , 奧家 信宏 , 藤井 孝一 , 自見

    前歯部の修復には,審美的な面での要求が高いため,陶材焼付冠を初めとするセラミック系の補綴物がよく用いられる.とりわけ最近では,審美的な回復と歯牙の削除量を少なくできるという観点から,ラミネート・ベニア法を用いるケースが多くなっている.ラミネート・ベニア法は,機械的嵌合が期待できる修復物とは異なり,ラミネート・ベニアを支台歯唇面に接着するという装着法をとっている.このようなラミネート・ベニアの装着法 …

    日本補綴歯科學會雜誌 38(1), 184-190, 1994-02-01

    J-STAGE 医中誌Web DOI

  • 支台材料がCeramics Jacket Crownの応力分布に及ぼす影響 : 三次元光弾性実験による応力解析

    中島 厚生 , 南 弘之 , 野村 賢介 , 門川 明彦 , 嶺崎 良人 , 篠原 直幸 , 鬼塚 雅 , 井上 勝一郎 , 自見

    近年,歯冠修復において審美性,生体親和性に優れるセラミックスジャケットクラウンが数多く臨床応用されている.しかしながら,その強度についていくつか問題が指摘されており,支台歯となる部分の材料もセラミックスジャケットクラウンの応力分布に影響を与えると思われる.本研究は,3種類の支台歯(メタルコア,レジンコア,天然歯)とセラミックスジャケットクラウンの弾性率比をエポキシ樹脂模型に再現し,静荷重時のセラミ …

    日本補綴歯科學會雜誌 38(1), 67-81, 1994-02-01

    J-STAGE 医中誌Web DOI 被引用文献2件

  • 1 / 3
ページトップへ