中島 昭彦 NAKASIMA Akihiko

論文一覧:  46件中 1-20 を表示

  • 1 / 3
  • 口唇と切歯および上下顎の位置関係

    玉利 和彦 , 安達 友子 , 一ノ瀬 元史 , 中島 昭彦 , Kazuhiko TAMARI , Yuko ADACHI , Motoshi ICHINOSE , Akihiko NAKASIMA , 九州大学大学院歯科研究院口腔保健推進学講座 , 九州大学病院矯正歯科 , 筑紫女学園大学・短期大学部 , 九州大学大学院歯科研究院口腔保健推進学講座 , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University , Department of Orthodontics Kyushu University Dental Hospital , Chikushi Jogakuen University Junior College , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University

    上下口唇の位置が直下の歯の位置と歯軸および上下顎の偏位とどのような関係にあるかを検討した.個性正常咬合の成人女性50名の側面頭部X線規格写真を対象として,上下口唇の位置(UL-E.line,LL-E.line),上下顎切歯切端の位置(A-Pog線への距離U1-APO,L1-APO)と上下顎切歯歯軸角(∠U1-FH,∠L1-FH)および上下顎の位置(前後方向;∠ANB,AB点間の距離A-B,垂直方向 …

    Orthodontic waves : 日本矯正歯科学会雑誌 = Orthodontic waves. Japanese edition 68(3), 134-141, 2009-10-25

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web 参考文献31件

  • 新しく開発した薄膜センサを用いた舌圧・口唇圧同時計測システムの構築およびその臨床応用

    丸山 和宏 , 上原 美智也 , 原 淳 , 名方 俊介 , 中島 昭彦 , Kazuhiro MARUYAMA , Michiya UEHARA , Atsushi HARA , Shunsuke NAKATA , Akihiko NAKASIMA , 九州大学大学院歯学府口腔保健推進学講座 , 九州大学歯学部付属病院口腔保健科矯正歯科 , 九州大学歯学部付属病院口腔保健科矯正歯科 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , Division of Oral Health Growth & Development Graduate School of Dental Science Kyushu University , Department of Orthodontics Dental Hospital attached to Faculty of Dentistry Kyushu University , Department of Orthodontics Dental Hospital attached to Faculty of Dentistry Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University

    舌や口唇による習癖が顎顔面形態や歯列などの形態面のみでなく,咀嚼や発音といった機能の面においても大きな影響を与えることは広く知られている.本研究の目的は新しく開発した薄膜センサを用いた機能時の舌および口唇圧の同時計測システムの精度,およびその臨床応用の有用性について検討することである.まず圧変化および温度変化に伴う出力特性について検証を行った.その結果,本システムで用いるセンサはその出力特性におい …

    Orthodontic waves : 日本矯正歯科学会雑誌 = Orthodontic waves. Japanese edition 68(3), 113-123, 2009-10-25

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web 参考文献36件

  • S106 咬合状態を考慮した下顎骨の応力解析方法についての研究(力学適応能,自己組織化能を有するバイオマテリアル-生体インターフェイスの創製,SP1:シンポジウム1)

    赤司 篤政 , 寺島 雅彦 , 高雄 善裕 , 汪 文学 , 中島 昭彦

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2008(21), 325-326, 2009-01-22

  • 下顎前突症患者の咀嚼筋活動に関する研究 : 最大かみしめ,ガム咀嚼時の評価

    山本 悦子 , 原 淳 , 名方 俊介 , 中島 昭彦 , Etsuko YAMAMOTO , Atsushi HARA , Shunsuke NAKATA , Akihiko NAKASIMA , 九州大学大学院歯学府口腔保健推進学講座 , 九州大学病院口腔保健科矯正歯科 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , Division of Oral Health Growth and Development Graduate School of Dental Science Kyushu University , Department of Orthodontics Kyushu University Hospital , Division of Oral Health Growth and Development Faculty of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth and Development Faculty of Dental Science Kyushu University

    本研究は,骨格性下顎前突症患者における咀嚼筋活動量と顎顔面形態の関係を調べることを目的とした.被験者は27名の下顎前突症成人女性患者群(平均年齢22.0歳)と30名の正常咬合をもつ成人女性群(平均年齢21.9歳)とした.筋活動量の計測には,側頭筋前部,咬筋および顎二腹筋の筋電図を用い,10秒間の最大かみしめおよび20秒間のガム咀嚼時の筋電図を採得し,両群の比較を行った.患者群においては筋電図波形の …

    Orthodontic waves : 日本矯正歯科学会雑誌 = Orthodontic waves. Japanese edition 67(2), 108-117, 2008-06-25

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web 参考文献56件 被引用文献1件

  • 顎口腔機能の四次元的解析システム : 顎変形症患者への応用(受賞記念口演,第39回学術大会)

    寺嶋 雅彦 , 遠藤 みずき , 青木 義満 , 祐田 京子 , 早崎 治明 , 後藤 多津子 , 徳森 謙二 , 中島 昭彦

    日本顎口腔機能学会雑誌 14(2), 100-101, 2008-02-28

    CiNii PDF - オープンアクセス  医中誌Web 参考文献1件

  • 「美しく魅力的な顔」とは : 顔の評価における生物学的背景を考える

    中島 昭彦

    接着歯学 = Adhesive dentistry 25(2), 55, 2007-10-31

    医中誌Web

  • 顎口腔機能の四次元的解析システム : 顎変形症患者への応用

    寺嶋 雅彦 , 遠藤 みずき , 青木 義満 , 祐田 京子 , 早崎 治明 , 後藤 多津子 , 徳森 謙二 , 中島 昭彦

    日本顎口腔機能学会学術大会 (39), 10-11, 2007-10-27

    CiNii PDF - オープンアクセス  参考文献1件

  • 日本人における閉塞型睡眠時無呼吸症候群患者と健常者における軟口蓋と咽頭軟組織の形態差についての頭部X線規格写真による分析

    関 三千男 , 中山 英二 , 岡村 和俊 [他] , 山本 芳丈 , 柳澤 繁孝 , 島原 政司 , 中島 昭彦 , 吉浦 一紀

    日本口腔科学会雜誌 56(3), 291-300, 2007-07-10

    医中誌Web 参考文献29件

  • 正常咬合者および顎変形症患者のスマイル動作の三次元解析

    石川 貴子 , 斉藤 陽子 , 村岡 史麻 , 北原 亨 , 五百井 秀樹 , 中島 昭彦 , Takako ISHIKAWA , Yoko SAITO , Shima MURAOKA , Toru KITAHARA , Hideki IOI , Akihiko NAKASIMA , 九州大学大学院歯学府口腔保健推進学講座 , 鹿児島大学医学部・歯学部附属病院麻酔全身管理センター・歯科麻酔科 , 九州大学大学院歯学府口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , Division of Oral Health Growth & Development Graduate School of Dental Science Kuyshu University , Department of Dental Anesthesia Anesthesia and Critical Care Center Kagoshima University Medical and Dental Hospital , Division of Oral Health Growth & Development Graduate School of Dental Science Kuyshu University , Division of Oral Health Growth&Development Faculty of Dental Science Kuyshu University , Division of Oral Health Growth&Development Faculty of Dental Science Kuyshu University , Division of Oral Health Growth&Development Faculty of Dental Science Kuyshu University

    本研究は,咬合あるいは顎顔面形態の異常がスマイル動作にどのような影響を与えるかについて調査することを目的とした.被験者として個性正常咬合者20名と顎変形症患者10名を対象とし,被験者の顔面上には運動計測点として上唇,下唇,左右口角,左右頬の6か所,基準点として上顔面の3か所にマーカーを貼付した.スマイル動作における各マーカーの動きを3台の高速度カメラで自動追尾し,三次元動作解析ソフトにて解析した. …

    Orthodontic waves : 日本矯正歯科学会雑誌 = Orthodontic waves. Japanese edition 66(2), 92-105, 2007-06-25

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web 参考文献29件 被引用文献2件

  • 日本人における閉塞型睡眠時無呼吸症候群患者と健常者の顔面骨格の差違 : Ricketts 法による頭部X線規格写真解析

    関 三千男 , 中山 英二 , 岡村 和俊 [他] , 山本 芳丈 , 柳澤 繁孝 , 島原 政司 , 中島 昭彦 , 吉浦 一紀

    日本口腔科学会雜誌 56(1), 38-45, 2007-01-10

    医中誌Web 参考文献27件 被引用文献2件

  • 536 個々の患者の下顎骨に対する応力解析方法についての研究(OS6-3:硬組織のバイオメカニクス,オーガナイズドセッション6:硬組織のバイオメカニクス)

    高橋 純平 , 寺嶋 雅彦 , 高雄 善裕 , 汪 文学 , 中島 昭彦

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2006(19), 414-415, 2007-01-06

  • 九州大学病院矯正歯科における顎変形症患者の臨床統計調査(臨床)

    川村 智子 , 北原 亨 , 中島 昭彦 , Tomoko KAWAMURA , Toru KITAHARA , Akihiko NAKASIMA , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University

    1990年1月から2004年12月の15年間に来院した顎変形症患者を対象に,1.年平均新来顎変形症患者数,2.臨床診断別症例数,3.術式別症例数,4.下顎骨骨切り単独術式については施術状態をANB角および下顎下縁平面角に分けて調査し,以下の結果を得た.1.1990年1月から2004年12月まで顎変形症として新患登録された患者数は584名で,年平均症例数は38.9症例であった.2.診断別症例数は,下 …

    Orthodontic waves : 日本矯正歯科学会雑誌 = Orthodontic waves. Japanese edition 65(2), 122-127, 2006-06-25

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web 参考文献26件 被引用文献2件

  • 高速度カメラを用いた口唇の発語運動解析

    村岡 史麻 , 川野 貴子 , 中島 昭彦 , Shima MURAOKA , Takako KAWANO , Akihiko NAKASIMA , 九州大学大学院歯学府口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学府口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , Division of Oral Health Growth & Development Graduate School of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Graduate School of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University

    本研究の目的は高速度カメラを用いて顔面軟組織の運動解析ができる三次元的評価方法を確立し,前歯部不正咬合をシミュレーションし口唇の運動様相の正常被蓋時との差を検討することである.発語運動計測システムとして3台の高速度カメラで口唇の動きを撮影し,三次元動作解析ソフトで解析した.まず本計測システムの精度検証を行った.被験者に個人正常咬合の成人女性10名を用いた.顔面の不動点を額2点と鼻点で構成される三角 …

    Orthodontic waves : 日本矯正歯科学会雑誌 = Orthodontic waves. Japanese edition 65(2), 87-100, 2006-06-25

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web 参考文献35件 被引用文献6件

  • 顎口腔機能の四次元的解析システム : 顎変形症患者への応用

    寺嶋 雅彦 , 遠藤 みずき , 青木 義満 , 祐田 京子 , 早崎 治明 , 後藤 多津子 , 徳森 謙二 , 中島 昭彦

    近年,6自由度顎運動計測装置,CT撮影装置および非接触型三次元形状計測装置などの高性能化により,顎顔面骨格,顎関節形態や咬合状態と顎運動の関係を調査する試みが多数行われている.しかし,従来の方法は,これらの異なるデータを同一の座標系で三次元的に同時表示することができず,顎関節部を単に静的な形態情報として捉えるのみで,咬合や顎運動と連動した機能情報として客観的に評価することが難しかった.したがって, …

    日本顎口腔機能学会雑誌 12(2), 100-109, 2006-02-28

    CiNii PDF - オープンアクセス  医中誌Web 参考文献39件 被引用文献1件

  • 顎変形症患者の咬筋のMRIによる形態学的分析 : 下顎側方偏位症例について

    東 克彦 , 後藤 多津子 , 神田 重信 [他] , 堀之内 康文 , 白土 雄司 , 中島 昭彦

    日本口腔科学会雜誌 55(1), 17-22, 2006-01-10

    医中誌Web 参考文献13件

  • 食習慣指導と関連した食品物性と咀嚼筋活動の評価

    泉 麗奈 , 井村 麻貴子 , 今村 暢良 , 五百井 秀樹 , 名方 俊介 , 中島 昭彦 , Rena IZUMI , Makiko IMURA , Nobuyoshi IMAMURA , Hideki IOI , Shunsuke NAKATA , Akihiko NAKASIMA , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University

    食品の軟食化は下顎骨の成長, 形態に影響を及ぼし, 歯列や咬合の不正を引き起こす可能性があるといわれている.また摂食食品の物理的性状は, 咀嚼時の筋活動量と密接に関連していると考えられる.そこでわれわれは顎や歯列に十分な圧刺激を加えることを目的とした食習慣指導のあり方を検討するため, 食品物性と咀嚼筋活動の関係を調べた.実験対象として平均年齢20.5±1.4歳の女性21名を用いた.被験者に食品物性 …

    Orthodontic waves : 日本矯正歯科学会雑誌 = Orthodontic waves. Japanese edition 64(3), 167-172, 2005-10-25

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web 被引用文献2件

  • 顎変形症患者における顎顔面形態の三次元統合システムの開発

    寺嶋 雅彦 , 大関 加奈子 , 青木 義満 , 祐田 京子 , 後藤 多津子 , 徳森 謙二 , 樋口 惣 , 中島 昭彦 , Masahiko TERAJIMA , Kanako OZEKI , Yoshimitsu AOKI , Kyouko YUUDA , Tazuko GOTO , Kenji TOKUMORI , So HIGUCHI , Akihiko NAKASIMA , 九州大学大学院歯学府口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学府口腔保健推進学講座 , 芝浦工業大学工学部情報工学科 , 九州大学大学院歯学府口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔顎顔面病態学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔顎顔面病態学講座 , 九州大学大学院歯学府口腔顎顔面病態学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , Division of Oral Health Growth & Development Graduate School of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Graduate School of Dental Science Kyushu University , Department of Information Science and Engineering Shibaura Institute of Technology , Division of Oral Health Growth & Development Graduate School of Dental Science Kyushu University , Division of Maxillofacial Diagnostic & Surgical Sciences Faculty of Dental Science Kyushu University , Division of Maxillofacial Diagnostic & Surgical Sciences Faculty of Dental Science Kyushu University , Division of Maxillofacial Diagnostic & Surgical Sciences Graduate School of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University

    近年, X線CT, MR撮影装置および非接触型三次元計測装置などの高性能化により, 顎顔面骨格・顔面軟組織表面や咀嚼筋および歯列咬合面形態を三次元的に調査する試みが多数行われている.しかし, 従来の方法は, これら種々の異なるデータを同一の座標系で三次元的に同時表示することができなかった.そこで, 本研究では, computed tomographyからの三次元再構築(3D-CT)した顎顔面骨格画 …

    Orthodontic waves : 日本矯正歯科学会雑誌 = Orthodontic waves. Japanese edition 64(2), 114-124, 2005-06-25

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web 参考文献49件 被引用文献9件

  • 外科的矯正治療と矯正単独治療の境界にある下顎前突症例の治療前後の顎顔面形態の比較

    高嶋 里奈 , 北原 亨 , 中島 昭彦 , Rina TAKASHIMA , Toru KITAHARA , Akihiko NAKASIMA , 九州大学大学院歯学府口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , Division of Oral Health Growth & Development Graduate School of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University

    研究目的は, 矯正単独と外科的矯正治療の下顎前突境界症例について, 治療前後形態ならびに変化の相違を明らかにすることである.治療法によって分けられた矯正単独群と外科的矯正群のそれぞれ成人女性25名を対象とした.初回検査時と動的治療終了時の側面頭部X線規格写真を用いて, 両群の治療前後形態ならびに変化量の比較を行い, 硬・軟組織の変化に関係があるかを調べるため, 硬組織変化量を独立変数とした重回帰分 …

    Orthodontic waves : 日本矯正歯科学会雑誌 = Orthodontic waves. Japanese edition 64(2), 75-85, 2005-06-25

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web 参考文献32件 被引用文献2件

  • Duchenne型筋ジストロフィー症成人患者の開閉口筋機能の変化と顎顔面骨格形態の変化との関係について

    原 淳 , 原 広美 , 五百井 秀樹 , 上原 美智也 , 名方 俊介 , 中島 昭彦 , Atsushi HARA , Hiromi HARA , Hideki IOI , Michiya UEHARA , Shunsuke NAKATA , Akihiko NAKASIMA , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , 松本こども歯科 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , 九州大学病院歯科医療センター矯正歯科 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , 九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University , MATSUMOTO Dental Clinic for the Child & Adolescent , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University , Department of Orthodontics University of Dental Hospital attached to the Faculty of Dentistry Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University , Division of Oral Health Growth & Development Faculty of Dental Science Kyushu University

    Duchenne型筋ジストロフィー症(DMD)患者では, 筋の機能低下に伴って特異的な咬合の悪化が認められる.そこで思春期成長がほぼ終了したDMD患者について, その咀嚼筋機能と顎顔面形態の変化の特徴, および機能変化と形態変化との関連性を見出す目的で本研究を行った. のDMD男性患者10名( )を対象とし, 最大噛みしめ時の咬筋, 最大開口時の顎二腹筋前腹の表面筋電図(EMG), および側面セフ …

    Orthodontic waves : 日本矯正歯科学会雑誌 = Orthodontic waves. Japanese edition 64(2), 65-74, 2005-06-25

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web 参考文献29件 被引用文献3件

  • 1 / 3

国立情報学研究所大学院説明会

ページトップへ