村尾 建次 Murao Kenji

論文一覧:  31件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • 下位ビットから変換するスイッチドボルテージ循環型D/A変換器

    大野 憲司 , 松本 寛樹 , 村尾 健次

    In this paper, it is presented that a Low-Voltage Switched-Capacitor Digital-to-Analog Converter converted from low bit. The proposed circuit can operate using simple nonoverlapping three phase clocks …

    宮崎大學工學部紀要 39, 91-97, 2010-09-30

    機関リポジトリ

  • 心拍間隔情報を用いた新生仔ラットの脳障害判別法に関する研究

    田村 宏樹 , 楊 黎 , 淡野 公一 [他] , 村尾 健次 , 鮫島 浩 , 池ノ上 克

    This paper proposes a new method of the distiniction method of the newborn rat brain damage using heart beat interval information. We investigated the factor related to the brain damage by using the h …

    生体医工学 : 日本エム・イー学会誌 = Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering : BME 47(6), 618-622, 2009-12-10

    医中誌Web DOI 参考文献4件

  • 拡張粘菌同期法による Hindmarsh-Rose CNN の同期

    川添 卓 , 村尾 健次

    細胞性粘菌の研究から提案されたリミットサイクルにおける強力な同期法に粘菌同期法がある.粘菌同期法はリミットサイクル発振器における状態変数を線形結合するという単純な構造ながら発振周波数や発振構造の異なる発振器間の同期が可能である.本稿ではこの同期法における結合係数に自由度を持たせることでカオス発振器間の同期にも適用出来るようにした拡張粘菌同期法を3次元のスパイキングニューロンであるHindmarsh …

    電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題 108(389), 91-95, 2009-01-15

    参考文献10件

  • CNN-CPGによるCPLDを用いた多足ロボット用サーボモータ制御

    三宅 正宏 , 村尾 健次 , 後藤 駿児

    近年、CNN-CPG(Cellular Neural Network-Central Pattern Generator)と呼ばれる中央パターン発生回路をロボティクスにおける歩行運動の制御に応用した研究が盛んに行われている。このCNN-CPGから発生する振動パターンをCPLDを用いて処理を行い6足ロボット用のサーボモータを制御する手法について提案する。また、CNN-CPGを用いた12足ロボットの歩 …

    電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題 108(389), 97-102, 2009-01-15

    参考文献7件

  • 拡張粘菌同期法による Hindmarsh-Rose CNN の同期

    川添 卓 , 村尾 健次

    細胞性粘菌の研究から提案されたリミットサイクルにおける強力な同期法に粘菌同期法がある.粘菌同期法はリミットサイクル発振器における状態変数を線形結合するという単純な構造ながら発振周波数や発振構造の異なる発振器間の同期が可能である.本稿ではこの同期法における結合係数に自由度を持たせることでカオス発振器間の同期にも適用出来るようにした拡張粘菌同期法を3次元のスパイキングニューロンであるHindmarsh …

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム 108(388), 91-95, 2009-01-15

    参考文献10件

  • CNN-CPGによるCPLDを用いた多足ロボット用サーボモータ制御

    三宅 正宏 , 村尾 健次 , 後藤 駿児

    近年、CNN-CPG(Cellular Neural Network-Central Pattern Generator)と呼ばれる中央パターン発生回路をロボティクスにおける歩行運動の制御に応用した研究が盛んに行われている。このCNN-CPGから発生する振動パターンをCPLDを用いて処理を行い6足ロボット用のサーボモータを制御する手法について提案する。また、CNN-CPGを用いた12足ロボットの歩 …

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム 108(388), 97-102, 2009-01-15

    参考文献7件

  • オフセット利得誤差補償UGR-SC非反転増幅器

    大野 憲司 , 松本 寛樹 , 村尾 健次

    In this paper, it is presented that a Offset and Gain error-compensated Low-Voltage Unity-Gain-Reset Switched-Capacitor Non-inverse Amplifier. The proposed circuit can operate using simple nonoverlapp …

    宮崎大學工學部紀要 37, 131-134, 2008-08-30

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

  • 高精度低電圧スイッチトボルテージサンプルホールド回路

    大野 憲司 , 松本 寛樹 , 村尾 健次

    In this paper, switched-voltage (SV) sample/hold (S/H) circuit is presented for low voltage operation. The circuit consists of a CMOS SV-delay cell. Thus, the configuration is very simple. The propose …

    宮崎大學工學部紀要 36, 165-168, 2007-08-30

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

  • 高精度低電圧スイッチトボルテージサンプルホールド回路

    大野 憲司 , 松本 寛樹 , 村尾 健次

    電気学会研究会資料. IS, 情報システム研究会 2007(1), 1-4, 2007-04-20

    参考文献3件

  • スイッチドボルテージ低電圧サンプルホールド回路

    大野 憲司 , 松本 寛樹 , 村尾 健次

    Abstract ###In this paper, switched-voltage (SV) sample/hold (S/H) circuit is presented for low voltage ###operation. The circuit consists of a CMOS SV-delay cell. Thus, the configuration is very simp …

    宮崎大學工學部紀要 35, 145-149, 2006-08-30

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

  • 拡張粘菌同期法によるカオスシステムの同期と回路化

    赤星 尚幸 , 村尾 健次 , 児玉 隆史 [他] , 大野 憲司

    粘菌同期法(Cellular Slime Mold Method)は細胞性粘菌の活動の研究から生まれたリミットサイクル発振器間の強力で柔軟な相互同期法として知られている. 本論文では, 拡張した粘菌同期法を提案し, 従来の方法では見られなかったリミットサイクル発振器間の複数の同期パターンや, 結合したカオス発振器の同期を行う. 拡張粘菌同期法では, リミットサイクル発振器だけでなくカオス発振器でも …

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム 105(503), 61-66, 2006-01-05

    参考文献8件 被引用文献2件

  • クロックフィールドスルーとチャネル長変調効果を補償したスイッチドボルテージ サンプル/ホールド回路

    大野 憲司 , 松本 寛樹 , 村尾 健次

    Abstract ###In this paper, swicthed-voltage (SV) sample/hold (S/H) circuit are presented to compensated ###for clock feedthouh(CFT) and channel-length modulation effect. The circuit consists of a CMOS …

    宮崎大學工學部紀要 34, 43-46, 2005-08

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

  • 平衡点の自動補正を有する高精度カオス制御

    比嘉 利晃 , 江上 喜範 , 王 征 [他] , 村尾 健次

    推定誤差を含む平衡点データを用いて、OGY法によるカオス制御を行う際、平衡点は目的とする真の平衡点とはずれた点で安定化される。本稿では、平衡点付近でのOGY法による収束状況の観察結果を基に、平衡点の自動補正を有する高精度カオス制御法を提案する。この方法では、ニュートン法的な手法を用いることにより、安定化される平衡点の高精度化と高速化を図っている。

    電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題 102(431), 49-53, 2002-11-05

    参考文献4件

  • A-2-1 平衡点の自動補正を用いた変形OGY法による高精度カオス制御

    比嘉 利晃 , 江上 喜範 , 王 征 , 村尾 健次

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 2002年_基礎・境界, 32, 2002-08-20

  • A-1-25 CNNを用いた脳障害画像の二値処理

    賀 超 , 川崎 裕二 , アムラン , 楊 黎 , 池ノ上 克 , 村尾 健次

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 2002年_基礎・境界, 25, 2002-08-20

  • テンポラルバックプロパゲーションを用いた自己学習可能な ULR ファジーコントローラ

    唐 政 , 高平 哲郎 , 小森 雅和 [他] , 田村 宏樹 , 村尾 健次

    本論文では,ファジー化,ミニマム化,非ファジー化の基本関数をUnidirectional Linear Response(ULR)素子でファジーコントローラを構成し,テンポラルバックプロパゲーションに基づく自己学習能力をもつファジーコントローラを提案する.ULR素子は,ダイオードの単方向線形特性のような振舞いをし,ハードウェア実現は非常に簡単である.一方,テンポラルバックプロパゲーションは,望まし …

    電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. D-II 85(7), 1211-1222, 2002-07-01

    参考文献19件 被引用文献1件

  • ホップフィールドネットワークのパラメータ空間における山登り学習法に基づく巡回セールスマン問題の解法

    唐 政 , 曹 其萍 , 金 海和 [他] , 村尾 健次

    本論文では, ホップフィールドネットワークのパラメータ空間において, 故意にエネルギーを上昇させ, 局所最小値から脱出を計る最急上昇(山登り)学習法を提案する.更に本学習を巡回セールスマン問題に適用し, その有効性を示す.本学習法は, ホップフィールドネットワークが時間空間における状態更新によって, いったん局所的最小値に陥った状態に対して, 故意にエネルギーを上昇させるように, パラメータ空間に …

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 00084(00004), 497-508, 2001-04-01

    参考文献18件 被引用文献2件

  • ホップフィールドネットワークにおける山登り学習法

    唐 政 , 金 海和 , 村尾 健次 [他] , 石塚 興彦 , 淡野 公一

    本論文では, ホップフィールドネットワークの重み空間において, 故意にエネルギーを上昇させ, 局所最小値から脱出を計る最急上昇(山登り)学習法を提案する.本学習法は, ホップフィールドネットワークが状態空間における状態更新によって, いったん局所的最小に陥った状態に対して, 故意にエネルギーを上昇させるように, 重み空間において重みを修正した後に, 再び状態空間に戻って状態更新することを繰り返すこ …

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 00083(00003), 319-331, 2000-03-25

    参考文献20件 被引用文献6件

  • 動径基底関数を用いたカオス制御

    宮田 一男 , 吉野 正治 , 村尾 健次

    OGY法によるカオス制御では、ノイズを含む観測データから、制御目標となる平衡点の位置と、その平衡点でのヤコビアンの推定を如何に精度良く行うかが問題となる。本稿では、それらの推定のために、逐次直交化法とSchwarzの評価判定基準を組み込んだ動径基底関数法(Radial Basis Function法(RBF法と略称する))を用いる。このRBF法を用いたOGY法は、ノイズが入った比較的少ないデータか …

    電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題 99(602), 81-88, 2000-02-03

    参考文献6件

  • 時系列データからのトーラス写像推定及び不変測度推定

    村尾 健次 , MEES Alistair I. , 北川 信介

    トーラス写像によって生成される時系列データが観測されている場合、その時系列データのみから、ディローネイ三角形分割法を用いて、もとのシステムのトーラス状態空間を再構成し、そのトーラス写像を推定するアルプリズムを提案する。更に、再構成された状態空間上で、推定された写像を用いて、もとのトーラス写像が生成するカオス軌道の不変測度を推定する。

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム 96(475), 15-20, 1997-01-23

    参考文献5件

  • 1 / 2
ページトップへ