柚木 謙一 Yunoki Kenichi

ID:1000000041541

鹿児島大学大学院理工学研究科 (2009年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  19件中 1-19 を表示

  • 部分内張り円形吸音ダクトの減衰特性

    山里 亜紀子 , 柚木 謙一

    日本音響学会誌 65(6), 315-317, 2009-06-01

    参考文献3件

  • 吸音材を内張りした方形ダクトにおける音波伝搬(トランスデューサ/一般)

    山里 亜紀子 , 柚木 謙一

    吸音材をダクトに内張りすると、ダクトを伝搬する音を減衰することが知られている。これまで、基本形状ダクトなど様々なダクトについて、多くの研究がなされてきた。ダクトの形状が複雑になると純解析的な方法では困難なため、有限要素法などを適用して解析する必要がある。本報告では、吸音材を内張りした方形ダクトにおける音波伝搬について、有限要素法を適用して解析し、分かりやすい減衰特性チャートを提供するために、検討し …

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 108(221), 15-20, 2008-09-19

    参考文献10件

  • 円形吸音ダクトの減衰設計チャートの提案

    柚木 謙一

    日本音響学会誌 61(7), 371-373, 2005-07-01

    参考文献3件 被引用文献2件

  • ミュージックシンセサイザにおけるスペクトル変調のための音階調整

    永徳 紀男 , 柚木 謙一 , 湯ノ口 万友

    本論文は,シンセサイザに搭載したスペクトル変調回路内の帯域消去フィルタ(BEF)に付属するアンチログ回路の音階調整法を提案している。論文では,VCOからの方形波などによる入力(繰返し)周波数f_IがBEFの中心周波数f_cの近傍で変化するときのBEFの伝達関数を検討し,出力時間波形の振幅値を計算した。その結果,方形波の場合f_Iとf_cが一致するとその基本波のみが消去され,方形波の前縁と後縁に相当 …

    日本音響学会誌 60(9), 515-525, 2004-09-01

    参考文献12件

  • 円形吸音ダクト内の軸対称波の固有値と伝搬

    柚木 謙一

    日本音響学会誌 59(11), 659-661, 2003-11-01

    参考文献3件 被引用文献2件

  • 状態変数形フィルタを用いたシンセサイザにおけるスペクトル変調 : 単一のスペクトル変調による揺らぎ音の生成

    永徳 紀男 , 柚木 謙一 , 平川 廣満.

    自然楽器音の特徴の一つはその周波数及び振幅が揺らぎを呈していることである.従来のミュージックシンセサイザではすべてのスペクトルを一律に変調していたため,生成音には自然さが得られなかった.そこでミュージックシンセサイザに自然な揺らぎをもたせることを目的として任意のスペクトルの変調を提案する.提案では,まず,電圧制御型発振器が含む任意の単一スペクトルを1個の状態変数形フィルタによって同時に抽出,消去す …

    電子情報通信学会論文誌. C, エレクトロニクス J85-C(9), 819-827, 2002-09-01

    参考文献11件 被引用文献1件

  • Wiener-Hopf法における半無限長円筒の音場のためのスプリット関数の数値計算

    柚木 謙一 , 藤岡 亮

    Wiener-Hopf法で半無限長円筒による波動の回折を計算する際に, スプリット関数の計算値を必要とする。これまでに円筒用のスプリット関数の計算データが与えられているが, どのような計算法で得られたかが明らかでなく, データ量も十分ではなかった。本研究では, 与えられた平面波領域におけるスプリット関数の理論式の計算について考察した。そのスプリット関数は, 特殊関数を含む複雑な関数の定積分で表され …

    日本音響学会誌 57(9), 581-586, 2001-09-01

    参考文献9件

  • 複数エンベロープを含む状態変数形フィルタ回路を用いたシンセサイザの構築

    永徳 紀男 , 平川 廣満 , 柚木 謙一

    自然楽器のうち撥弦楽器, ピアノや打楽器などの特徴をとらえた音作りのため新方式のミュージックシンセサイザを提案している.これらの楽器による音は, 急峻な立上りと長い余韻時間のエンベロープをもち, この周波数スペクトルは, 基本波及び低次倍音に比べ高次倍音ほど早期に減衰することを明らかにした.このような楽器の音作りをするためには, 周波数スペクトルを高域と低域の成分に分離できる状態変数形フィルタ回路 …

    電子情報通信学会論文誌. C, エレクトロニクス J83-C(8), 698-706, 2000-08-25

    参考文献11件 被引用文献2件

  • プローブマイクロホンの周波数特性とその適応能動制御についての検討

    藤本 和志 , 柚木 謙一 , 伊藤 士郎

    It is difficult to measure sound in the narrow space, such as places about the complicated machine and the complicated object, by a usual microphone. Therefore, a probe microphone is used instead of a …

    映像情報メディア学会技術報告 23(6), 71-76, 1999-01-28

    参考文献6件

  • 円形吸音ダクトの固有値の非収束領域の補完

    柚木 謙一

    日本音響学会研究発表会講演論文集 1997(2), 757-758, 1997-03-01

    参考文献2件

  • 7)円形吸音ダクトにおける音の減衰特性([放送現業研究会無線・光伝送研究会]合同)

    上田 幸司 , 柚木 謙一 , 伊藤 士郎

    テレビジョン学会誌 48(1), 119, 1994-01-20

  • 円形吸音ダクトにおける音の減衰特性 : 放送現業 : 無線・光伝送

    上田 幸司 , 柚木 謙一 , 伊藤 士郎

    In this paper, sound attenuation properties of a circular absorptive duct are studied generally by varing the value of a complex reflection coefficient at its surface. In this study, at first, eigenva …

    テレビジョン学会技術報告 17(61), 29-34, 1993-10-21

  • 厚みのある半無限長円形ダクトによる開口端面の音の分布と放射

    柚木 謙一 , 安藤 四一 , 城戸 健一

    本論文は、厚みのある半無限長円形ダクトからの音の放射に関する波動の挙動について、基礎的資料を与えるものである。ダクトの開口端面の音の分布と放射指向係数をWiener-Hopf法により数値計算し、ダクトの厚みをパラメータにした各々の特性と両者の関係について述べている。ここでは、マトリクスの行列数を変え開口端面の速度ポテンシャルの収束を検討し、それを踏まえて音圧、粒子速度、インテンシティの開口瑞面の分 …

    日本音響学会誌 48(10), 702-710, 1992-10-01

    参考文献12件 被引用文献1件

  • 厚みのある半無限長円形ダクトの開口による音の反射

    柚木 謙一 , 安藤 四一 , 城戸 健一

    本論文は、厚みのある半無限長円形ダクトの開口による音の反射に関する波動の挙動について、基礎的資料を与えるものである。理論では、ダクトの開口による音の反射と開口端近傍の音の分布について、Wiener-Hopf法による解析に基づき、平面波伝搬領域での数値計算結果を示し、ダクトの厚みの影響を明らかにしている。まず、開口による基本モードの複素反射係数と高次の反射波の係数の特性を与えた。次に、開口端近傍の音 …

    日本音響学会誌 48(10), 693-701, 1992-10-01

    参考文献10件

  • 円形吸音ダクトの固有値方程式の級数展開による解法

    宮崎 智行 , 柚木 謙一

    円形ダクトに内張した吸音材の表面からみたインピーダンスが与えられているとき、ダクトの固有値を求める方法を議論している。固有値方程式を非線形微分方程式に変形し、係数|z|/ρcηが大きい場合と小さい場合に分けて、これを級数展開法で解いた。ここに、zはインピーダンス、ρは空気の密度、cは音速、ηは波長に対するダクトの内径の比である。数値計算の結果より、二つの級数を使えば、0次モードに関しては全領域のz …

    日本音響学会誌 48(6), 382-385, 1992-06-01

    参考文献6件 被引用文献2件

  • 円形吸音ダクトの固有値方程式の一解法

    柚木 謙一

    円形吸音ダクトによる音の減衰や放射を数値的に求めるには、吸音材の表面の境界条件による固有値方程式を解く必要がある。この固有値方程式の解法の一つに微分方程式に帰着させる方法がある。本論文では、吸音材のインピーダンスの大、小に対して、この複素数変数の1階の非線形微分方程式をCauchy-Riemannの定理により4個の実変数の微分方程式に変換し、おのおのをRunge-Kutta法で解き、固有値を得る方 …

    日本音響学会誌 47(2), 81-84, 1991-02-01

    被引用文献3件

  • 音響信号の周波数計測について

    柚木 謙一

    日本音響学会誌 42(3), 192-193, 1986-03-01

  • 有限長円形ダクトによる音波伝播と放射

    柚木 謙一 , 川畑 清忠

    "Many kinds of ducts are employed in many places for such purposes as water supply and drainage, inhalation and exhaust of gases, electromagnetic wave guides, and transmitting sound. In this paper the …

    鹿児島大学工学部研究報告 (26), p1-7, 1984-11

    機関リポジトリ

  • 11-7 TV信号を利用した時刻と周波数の供給

    草部 宏成 , 矢野 文彦 , 柚木 謙一 , 川畑 清忠

    テレビジョン学会全国大会講演予稿集 (17), 283-284, 1981-06-20

ページトップへ