大谷 毅 Ohtani Tsuyoshi

ID:1000000092867

信州大学 (2012年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  4件中 1-4 を表示

  • クリエイティブ人材の創造はいかにあるべきか-西新宿一丁目プロジェクト-

    椎塚 久雄 , 市野 潤子 , 矢野 絵美 [他] , 勝瀬 典雄 , 杉原 広宣 , 布川 博士 , 中島 淳 , 大谷

    Subtitle of this paper" Nishishinjuku 1-Chome project" is the iconic theme, which is named from the university towork in Shinjuku, one of the authors. As Nishishinjuku's morning headed to work the wor …

    工学院大学研究報告 (112), 73-84, 2012-04-30

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • サービス産業の感性化

    金子 孝一 , 伊藤 芳規 , 布川 博士 [他] , 大谷

    電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 92(11), 991-993, 2009-11-01

    参考文献4件

  • 場が持つ感性パラメタに対応した経営組織のシミュレーション

    村上 隆生 , 布川 博士 , 大谷

    我々は経営組織においてこの過程でこの判断をしたら、またはこの要素がこの様に作用したらこういうことが起こり得るということをコンピュータ上でシミュレーションするためのシステム構築を行っている。これにより、ある要素がこのように作用すればこういう場合もあるという予測を行うことが可能となり、組織における感性の影響やある感性をもつ人間の影響をシミュレーションできる。本論文では我々の経営組織シミュレータで扱うこ …

    研究報告情報システムと社会環境(IS) 2009-IS-108(6), 1-7, 2009-05-29

    情報処理学会 参考文献6件

  • エージェントベースシミュレータを用いた感性パラメタを持つ経営組織のシミュレーション

    村上 隆生 , 布川 博士 , 大谷毅

    組織の運営は様々な意思決定により行われる。意思決定の方法は組織の規模/形式、判断の方法で様々存在するが、それぞれの組織ではなんらかの手段で意思決定を行い運営している。 この意思決定が組織の成果を左右する大事なプロセスであるのに関わらず、意思決定の評価は成果からの逆引き評価が大半であり、意思決定のプロセス自体の評価はあまり存在しない。このため、ある組織がある成果を導き出す際、組織内のコミュニケーショ …

    情報処理学会研究報告情報システムと社会環境(IS) 2006(114(2006-IS-098)), 39-46, 2006-11-06

    情報処理学会 参考文献11件 被引用文献1件

ページトップへ