浅田 稔 ASADA Minoru

論文一覧:  229件中 1-20 を表示

  • ヘテロなエージェントによるリズムパターン同調プロセスのRNNPBを用いたモデル化 (情報論的学習理論と機械学習)

    岩城 諒 , 高橋 英之 , 浅田

    幼児と養育者の身体的なリズムパターンの同調は,母子が良好な関係を築く為の重要な要因となると共に,幼児の社会的な発達に寄与すると考えられている.二個体間でリズムパターンが一致するためには,それぞれのエージェントの役割が,リーダ(リズムパターンを先導する),フォロワ(リズムパターンを追従する)と分担されることが重要である.しかし,乳幼児の運動・認知能力はその発達過程を通じて動的に変化する中で,このよう …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(105), 233-236, 2014-06-25

  • 背側運動前野の運動予測機能に基づく生体運動検出モデル (情報論的学習理論と機械学習)

    河合 祐司 , 浅田 , 長井 志江

    近年,滑らかな生体運動の観察時に背側運動前野が賦活することが報告されており,この運動関連領野が生体運動検出処理を担うと推察される.本研究では,背側運動前野のニューラルネットワークが,自己運動の速度系列から生体運動の不変性(運動の滑らかさ)を獲得し,その不変性を満たすかどうかで観察対象の生体運動らしさを評価するというモデルを提案する.シミュレーション実験により,再帰構造を持つニューラルネットワークが …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(105), 221-226, 2014-06-25

  • ヘテロなエージェントによるリズムパターン同調プロセスのRNNPBを用いたモデル化 (ニューロコンピューティング)

    岩城 諒 , 高橋 英之 , 浅田

    幼児と養育者の身体的なリズムパターンの同調は,母子が良好な関係を築く為の重要な要因となると共に,幼児の社会的な発達に寄与すると考えられている.二個体間でリズムパターンが一致するためには,それぞれのエージェントの役割が,リーダ(リズムパターンを先導する),フォロワ(リズムパターンを追従する)と分担されることが重要である.しかし,乳幼児の運動・認知能力はその発達過程を通じて動的に変化する中で,このよう …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(104), 233-236, 2014-06-25

  • 背側運動前野の運動予測機能に基づく生体運動検出モデル (ニューロコンピューティング)

    河合 祐司 , 浅田 , 長井 志江

    近年,滑らかな生体運動の観察時に背側運動前野が賦活することが報告されており,この運動関連領野が生体運動検出処理を担うと推察される.本研究では,背側運動前野のニューラルネットワークが,自己運動の速度系列から生体運動の不変性(運動の滑らかさ)を獲得し,その不変性を満たすかどうかで観察対象の生体運動らしさを評価するというモデルを提案する.シミュレーション実験により,再帰構造を持つニューラルネットワークが …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(104), 221-226, 2014-06-25

  • ヘテロなエージェントによるリズムパターン同調プロセスのRNNPBを用いたモデル化

    岩城 諒 , 高橋 英之 , 浅田

    幼児と養育者の身体的なリズムパターンの同調は,母子が良好な関係を築く為の重要な要因となると共に,幼児の社会的な発達に寄与すると考えられている.二個体間でリズムパターンが一致するためには,それぞれのエージェントの役割が,リーダ (リズムパターンを先導する),フォロワ (リズムパターンを追従する) と分担されることが重要である.しかし,乳幼児の運動・認知能力はその発達過程を通じて動的に変化する中で,こ …

    研究報告数理モデル化と問題解決(MPS) 2014-MPS-98(41), 1-4, 2014-06-18

    情報処理学会

  • 背側運動前野の運動予測機能に基づく生体運動検出モデル

    河合 祐司 , 浅田 , 長井 志江

    近年,滑らかな生体運動の観察時に背側運動前野が賦活することが報告されており,この運動関連領野が生体運動検出処理を担うと推察される.本研究では,背側運動前野のニューラルネットワークが,自己運動の速度系列から生体運動の不変性 (運動の滑らかさ) を獲得し,その不変性を満たすかどうかで観察対象の生体運動らしさを評価するというモデルを提案する.シミュレーション実験により,再帰構造を持つニューラルネットワー …

    研究報告数理モデル化と問題解決(MPS) 2014-MPS-98(39), 1-6, 2014-06-18

    情報処理学会

  • ヘテロなエージェントによるリズムパターン同調プロセスのRNNPBを用いたモデル化

    岩城 諒 , 高橋 英之 , 浅田

    幼児と養育者の身体的なリズムパターンの同調は,母子が良好な関係を築く為の重要な要因となると共に,幼児の社会的な発達に寄与すると考えられている.二個体間でリズムパターンが一致するためには,それぞれのエージェントの役割が,リーダ (リズムパターンを先導する),フォロワ (リズムパターンを追従する) と分担されることが重要である.しかし,乳幼児の運動・認知能力はその発達過程を通じて動的に変化する中で,こ …

    研究報告バイオ情報学(BIO) 2014-BIO-38(41), 1-4, 2014-06-18

    情報処理学会

  • 背側運動前野の運動予測機能に基づく生体運動検出モデル

    河合 祐司 , 浅田 , 長井 志江

    近年,滑らかな生体運動の観察時に背側運動前野が賦活することが報告されており,この運動関連領野が生体運動検出処理を担うと推察される.本研究では,背側運動前野のニューラルネットワークが,自己運動の速度系列から生体運動の不変性 (運動の滑らかさ) を獲得し,その不変性を満たすかどうかで観察対象の生体運動らしさを評価するというモデルを提案する.シミュレーション実験により,再帰構造を持つニューラルネットワー …

    研究報告バイオ情報学(BIO) 2014-BIO-38(39), 1-6, 2014-06-18

    情報処理学会

  • 摂食障害からはじまる新たな赤ちゃん学の構築

    浅田

    ベビーサイエンス 14, 17-19, 2014

    医中誌Web

  • 音声模倣と語彙獲得の共発達のための主観的整合機構に基づく対応学習

    笹本 勇輝 , 吉川 雄一郎 , 浅田

    This paper presents a learning mechanism that enables co-development of vocal imitation and lexicon acquisition by integrating multimodal information based on subjective consistency. Infant-caregiver …

    日本ロボット学会誌 31(1), 71-82, 2013-01-15

    J-STAGE 参考文献34件

  • 構成的発達科学の目指すもの

    浅田 , 川人 光男 , 土井 美和子 [他] , 明和 政子 , 細田 耕 , 國吉 康夫 , 石黒 浩 , 乾 敏郎

    日本ロボット学会誌 30(1), 33-44, 2012-01-15

    被引用文献1件

  • 共創知能システムプロジェクトの目指したもの

    浅田

    日本ロボット学会誌 30(1), 2-7, 2012-01-15

    参考文献7件 被引用文献3件

  • 乳児母音発達を誘導する自己鏡映的親行動の構成論的検討

    石原 尚 , 若狭 みゆき , 吉川 雄一郎 [他] , 浅田

    認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society 18(2), 361-365, 2011-06-01

    J-STAGE 参考文献13件

  • 乳児母音発達を誘導する自己鏡映的親行動の構成論的検討

    石原 尚 , 若狭 みゆき , 吉川 雄一郎 [他] , 浅田

    Maternal mind-mindedness is known to be a tendency of caregivers to interpret their socially immature infants as social agents and researchers have indicated this is one of promotion factors of infant …

    認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society 18(1), 100-113, 2011-03-01

    J-STAGE 参考文献48件 被引用文献2件

  • ロボカップから生命体都市ロボシティコアへ

    浅田

    日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan 15(4), 208-217, 2010-12-31

  • ミラーニューロンシステムが結ぶ身体性と社会性

    浅田

    日本ロボット学会誌 28(4), 386-393, 2010-05-15

    参考文献52件 被引用文献2件

  • 認知発達ロボティクスによるパラダイムシフトは可能か?

    浅田

    日本ロボット学会誌 28(4), 375-379, 2010-05-15

    J-STAGE 参考文献17件 被引用文献3件

  • 音声模倣発達過程の理解に向けた認知発達ロボティクスの試み

    吉川 雄一郎 , 浅田

    ヒトの乳児は周りの大人とのどのような相互作用を通じて,またどのような仕組みで,大人が話す言葉を獲得するのか.本稿では,この問題に対して,従来の観察に基づくアプローチを補うことが期待されている認知発達ロボティクスでの取り組みを取り上げる.はじめに,親との相互模倣を通じて乳児が母音を獲得していく過程を構成する研究について紹介し,親が乳児を模倣することの役割と仕組みについて議論する.次に,乳児に対する物 …

    バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms 33(4), 231-236, 2009-11-01

    J-STAGE 医中誌Web 参考文献26件

  • 価値システムに基づく他者行為観察と自己行動学習の循環的発達

    高橋 泰岳 , 田村 佳宏 , 浅田

    本論文では,強化学習における状態価値に基づいた行為獲得・他者行為認識の循環により,行為理解が効率的に安定して発達する手法を提案する.自身の試行錯誤の経験のみによる学習では獲得する行為が複雑になればなるほど多大な探索空間や莫大な学習時間が必要になる問題が強化学習による行為獲得には存在する.他者行為を観察し学習対象の行為の状態価値を推定し,それを自己の行動学習にフィードバックすることで行動学習を加速可 …

    知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 21(5), 640-652, 2009-10-15

    J-STAGE 参考文献30件 被引用文献1件

ページトップへ