鳥山 寛 Toriyama Hiroshi

ID:1000000108359

日本赤十字社長崎原爆病院病理部 Department of Pathology, The Japanese Red Cross Nagasaki Genbaku Hospital (2011年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  36件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • S-1単剤化学療法中の進行胃癌に硬化性胆管炎様病変を合併した1例

    森崎 智仁 , 大仁田 賢 , 竹島 史直 , 赤澤 祐子 , 山口 直之 , 宮明 寿光 , 田浦 直太 , 市川 辰樹 , 磯本 一 , 鳥山 , 中尾 一彦

    79歳,女性.上腹部不快感あり,近医にて上部消化管内視鏡検査を施行.進行胃癌を認め,当院紹介.全身精査にて,全身リンパ節転移を認め,S-1単剤化学療法を開始.2カ月後に黄疸と肝機能障害が出現し,S-1を中止した.内視鏡的逆行性膵胆管造影検査にて,肝門部肝管を中心に多発性の胆管狭窄を認めた.肝門部に腫瘍を認めず,S-1による続発性硬化性胆管炎を疑った.加療を行ったが軽快せず,永眠された.<br …

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 108(2), 245-252, 2011-02-05

    医中誌Web DOI 参考文献22件

  • 原発性胆汁性肝硬変の診断8年後に自己免疫性肝炎を合併した PBC-AIH overlap 症候群の1例

    佐々木 龍 , 秋山 祖久 , 竹下 茂之 [他] , 三馬 聡 , 小澤 栄介 , 宮明 寿光 , 市川 辰樹 , 中尾 一彦 , 鳥山 , 江口 勝美

    症例は41歳女性.1999年5月,胆道系酵素,抗ミトコンドリア抗体80倍と上昇を認め肝生検にて慢性非化膿性破壊性胆管炎像(CNSDC)を呈しており,自覚症状を欠いていた.Sheuer stage Iの無症候性原発性胆汁性肝硬変(asymptomatic PBC)と診断した.以降,外来でウルソデオキシコール酸(UDCA)600 mg/day投与により良好なコントロールを得ていた.2007年10月より …

    肝臓 50(8), 445-450, 2009-08-25

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献23件 被引用文献1件

  • 脂肪性肝炎の国際比較

    鳥山 , 市川 辰樹 [他]

    日本においてはB型肝炎ウィルス感染での慢性化のほとんどを占める母親から新生児への垂直感染に対する感染防御事業や輸血血液でのHBVおよびC型肝炎ウィルス(HCV)のスクリーニングの施行により,新たなウィルス肝炎患者の数は顕著に減少している。それとは相対的に従来比較的目立たなかった肝炎ウィルス感染の認められない肝疾患の比重が高まってきた。例えば,アルコール性脂肪性肝炎(alcoholic steato …

    長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集 18, 20-21, 2006

  • 発症より10年以上経過観察し得た原発性硬化性胆管炎の2例

    福島 直美 , 中尾 一彦 , 鳥山 [他] [他]

    10年以上の経過でその進行に大きな差異を認めた原発性硬化性胆管炎(PSC)の2例を経験した. 症例1は62歳男性,46歳でPSCと診断され,肝生検ではstage2,同時期よりウルソデオキシコール酸(UDCA)開始され,速やかに肝機能正常化,16年後も著変はない. 症例2は73歳女性,65歳でPSCの診断,肝生検ではstage3,UDCA投与でも肝機能異常遷延し,その後8年の経過で肝硬変となり,胆道 …

    長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 80(1), 1-4, 2005-03

    医中誌Web

  • 薬物などによる重症肝障害の臨床病理学的研究

    鳥山 , 中尾 一彦 [他]

    2002年7月,厚生労働省から健康食品や痩せ薬が原因と考えられる死亡例をふくむ肝機能障害,などの健康被害に関する状況が報告され,大きな社会問題となった。しかし,これらの薬品類や健康食品による重症肝障害についての臨床病理学的研究はなされておらず,文献的報告も少ない。また熱帯地域の開発途上国,とくに東南アジアの農村部においては薬草などを原料とした民間医療薬の服用,市販薬の乱用,有毒野生植物摂食,農薬類 …

    長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集 17, 34-35, 2005

  • タイ北部の陰茎癌におけるHPV遺伝子型分布の特異性

    鳥山 , 千馬 正敬 , 熊取 厚志 , 森内 俊之 , 藤田 修一

    Tropical medicine and health 32, 73, 2004-09-21

    医中誌Web

  • Tegafur uracil(UFT)によるトランスアミナーゼ正常の肝予備能低下を認めた1例

    堀江 一郎 , 中尾 一彦 , 鳥山 [他] [他] , 沖本 二郎 , 原 義人 , 松島 敏春

    症例は58歳、女性. 1999年10月25日、直腸癌の診断でMiles術施行、同年11月17日よりtegafururacil(UFT)400mg/日、開始. 2001年3月より血小板数低下、2002年1月よりストーマからの出血を認め、同年6月より血清アルブミン(Alb)、プロトロンビン(PT)活性値の低下が出現.腹部CT上、腹水、肝萎縮、脾腫を認め、上部消化管内視鏡検査で食道静脈瘤を認めた.尚、経 …

    長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 79(1), 1-6, 2004-03

    医中誌Web 参考文献9件 被引用文献1件

  • 共同研究 11 薬物などによる重症肝障害の臨床病理学的研究

    鳥山 , 濱崎 圭輔 , 中尾 一彦[他]

    2002年7月,厚生労働省から健康食品や痩せ薬あるいは生薬を成分とした漢方薬が原因と考えられる死亡例をふくむ,肝機能障害などの健康被害に関する状況が報告され,大きな社会問題となりつつある。しかし,これらの薬品類や健康食品による重症肝障害についての臨床病理学的研究は少ない。熱帯地の開発途上国,とくに東南アジアの農村部においては薬草を主体とした民間医療が広くおこなわれており,鳥山等が1991年より継続 …

    長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集 16, 41-42, 2004

  • 住血吸虫症に対する水圧振動殺傷効果による感染予防法

    大渡 伸 , 藤巻 康教 , 熊取 厚志 , 鳥山 , 金田 英子

    日本生気象学会雑誌 40(3), S64, 2003-10-01

    医中誌Web

  • 慢性肝疾患の癌化にいたる肝組織像の変化およびウィルス学的研究

    鳥山 , 濱崎 圭輔 , 中尾 一彦[他]

    長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集 15, 55-56, 2003-08

  • 紫外線(UV-B)照射と生体免疫能の関連

    大渡 伸 , 藤巻 康教 , 熊取 厚志 [他] , 鳥山 , 金田 英子

    長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集 14, 102-104, 2003-08

  • 慢性肝疾患の癌化にいたる肝組織像の変化およびウィルス学的研究

    鳥山 , 千馬 正敬 , 濱崎 圭輔 , 中尾 一彦

    長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集 14, 50-51, 2003-08

  • 洞房結節に転移した肉腫様肝細胞癌の1剖検例

    市川 辰樹 , 中尾 一彦 , 濱崎 圭輔 , 石川 博基 , 阿比留 正剛 , 重野 賢也 , 中川 祐一 , 大畑 一幸 , 西村 大介 , 柳 謙二 , 佐伯 哲 , 松本 幸二郎 , 鳥山 , 江口 勝美

    症例は62歳男性. 肝硬変C型で当科経過観察中, 平成7年2月, 肝S4, 6, 7に径1cmの肝細胞癌を認め経皮的エタノール局注術 (PEIT), 経肝動脈腫瘍塞栓術 (TAE) を施行した. その後も肝細胞癌は再発を繰り返しTAE, PEITを4回施行するもコントロール不良であった. 平成9年10月口腔内左下顎に転移性肝細胞癌を認め, 同年11月3日, 当科入院. 11月15日午前1時, 心肺 …

    肝臓 44(7), 364-368, 2003-07-25

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献10件

  • び慢性の肝内動門脈短絡を合併し門脈圧亢進症状を呈した肝外門脈狭窄症の1例

    佐伯 哲 , 松本 幸二郎 , 柳 謙二 , 西村 大介 , 濱田 久之 , 大畑 一幸 , 阿比留 正剛 , 重野 賢也 , 中川 祐一 , 石川 博基 , 濱崎 圭輔 , 坂本 一郎 , 中尾 一彦 , 鳥山 , 江口 勝美

    症例は57歳, 女性. 食道胃静脈瘤の精査加療目的で当科入院. 腹部画像診断において門脈本幹の狭窄と肝門部でのcavernomatous transformationおよび肝右葉を中心にび慢性の肝内動門脈短絡が認められた. 肝生検組織では線維化および炎症所見はほとんど認められなかった. 本例の門脈圧亢進症および肝外門脈狭窄症の成立に肝内動門脈短絡が関与した可能性が示唆された.

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 100(6), 697-701, 2003-06-05

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献15件

  • 巨細胞性肝炎像を呈した急性B型肝炎の1例

    有冨 朋礼 , 石川 博基 , 東 眞一郎 , 飛田 大作 , 濱崎 圭輔 , 鶴田 正太郎 , 中尾 一彦 , 加藤 有史 , 中田 恵輔 , 江口 勝美 , 鳥山

    症例は44歳, 女性. 平成10年4月上旬から全身倦怠感を自覚し, 発熱と皮膚黄染がみられたため近医受診. AST2088IU/<i>l</i>, ALT2676IU/<i>l</i>, T. Bil 13.7mg/d<i>l</i>と肝機能異常を指摘され近医に入院. HBsAg(+), IgM anti-HBc(+) により …

    肝臓 44(1), 27-31, 2003-01-25

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献27件 被引用文献2件

  • 紫外線(UV-B)照射と生命免疫能の関連

    大渡 伸 , 藤巻 康教 , 熊取 厚志 , 鳥山 , 金田 英子 , 奥村

    長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集 13, 74-75, 2001

  • カポシ肉腫における分子病理学的および病理組織学的研究

    井関 充及 , 千馬 正敬 , 鳥山 [他] , 佐藤 衛 , 荒木 美奈子 , 小林 聡史 [他]

    長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集 13, 47-49, 2001

  • 住血吸虫感染に与える紫外線の影響

    大渡 伸 , 藤巻 康教 , 熊取 厚志 , 鳥山 , 金田 英子

    日本生気象学会雑誌 37(3), S28, 2000-11-17

    医中誌Web

  • アフリカの風土と疾病(下)

    板倉 英世 , 鳥山

    月刊アフリカ 40(7), 18-21, 2000-07

  • アフリカの風土と疾病(上)

    板倉 英世 , 鳥山

    月刊アフリカ 40(6), 4-7, 2000-06

  • 1 / 2
ページトップへ