山田 芳郎 YAMADA Yoshio

ID:1000000110833

愛媛大学 (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  176件中 1-20 を表示

  • O-036 NFC歌留多を用いた熱中症予防見守りシステムの開発とその応用(O分野:情報システム,一般論文)

    日野 景太 , 都築 伸二 , 兼久 信次郎 , 山田 芳郎

    情報科学技術フォーラム講演論文集 14(4), 515-516, 2015-08-24

  • O-035 スマート環境センシング基盤の構築と地域デザインへの応用に関する研究開発(O分野:情報システム,一般論文)

    都築 伸二 , 森脇 亮 , 山田 芳郎 , 柴田 裕輔 , 森本 健一郎 , 阿部 幸雄 , 越智 正昭 , 須東 博樹

    情報科学技術フォーラム講演論文集 14(4), 513-514, 2015-08-24

  • インダクティブカプラ型1線式PLCシステム (ワイドバンドシステム)

    都築 伸二 , 宇都宮 裕之 , 松井 隆 [他] , 山田 芳郎

    kHz帯PLC(電力線通信)はスマートメータ等への適用が期待されているものの、従来の2線式システムを大型ビル内のフロア間通信に適用した場合には、信号減衰が大き過ぎるために通信が困難であった。 本稿では、EPS(Electric Pipe Space)に配線されている電力線あるいはグランド線を用いて、通信経路をショートカットすることにより、信号減衰を軽減する方法を提案している。PLC信号をインダクテ …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(275), 71-76, 2013-10-31

  • 招待講演 kHz帯PLC用N-PE伝送方式の実地試験結果 (通信方式)

    吉澤 幸晃 , 都築 伸二 , 山田 芳郎 [他]

    従来のkHz帯PLC(電力線通信)の信号伝送方式では,Neutral(N)線とLive(L)線との間に信号電圧を印加する(N-L伝送と呼ぶ) ため,同じ電力線間に並列接続された電気機器の影響を受けて,受信SNRが劣化する.そこで,筆者らはN線とL線の代わりにProtective Earth(PE)線を用いるN-PE方式を提案してきた.本稿では,通信相手のコンセントが異なる幹線に接続されている場合, …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(114), 47-52, 2013-07-04

  • kHz帯PLCへの適用を目的としたN-PE伝送方式の提案

    吉澤 幸晃 , 宇都宮 裕之 , ARENI IntanSari [他] , 都築 伸二 , 山田 芳郎

    従来のkHz帯PLC(電力線通信)では, AC100VコンセントのNeutral極とLive極を用いる(N-Lと呼ぶ)ディファレンシャルモード伝送方式を用いているため,受信SNRが劣悪であり,通信不能なコンセントペアの割合が多かった.そこで本稿では, N極とProtective Earth極を用いる新たな信号伝送であるN-PE方式を提案している.筆者らが所属する研究室の壁コンセント(全144ペア) …

    電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式 112(118), 137-142, 2012-07-05

    参考文献9件

  • 選択型及び同時型デュアルモード伝送PLC方式のスループット特性

    江田 暁彦 , 都築 伸二 , 川崎 裕之 [他] , 山田 芳郎

    電力線通信(PLC)信号の注入抽出モードにはディファレンシャルモードとコモンモードの2種類があるため,伝搬モードはそれらの組合せの4通りある.従って,デュアルモード伝送PLC方式には,これらの4通りの伝搬モードの中から最も良いモードを選ぶ選択型と,2つの注入抽出モードを同時に使用する同時型がある.本稿では,家庭内DC給電および船内DC給電を想定した電力線路を構築し,選択型及び同時型のスループット特 …

    電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式 110(441), 293-298, 2011-02-24

    参考文献5件 被引用文献1件

  • 大型貨物船内PLCに適した配線方法の検討

    石井 誠一郎 , 都築 伸二 , 川崎 裕之 [他] , 忽那 直樹 , 山田 芳郎

    高速電力線通信(PLC)技術の産業用途の一つとして,船内LANが期待されている.本稿で対象としている大型貨物船内の電力線は,一般家庭に比べ信号減衰量が大きいという特徴がある.その主な原因は,分電盤の回路数が多いためである.そこで分電盤1回路あたりの減衰量を定量的に求めるとともに,回路数の削減が有効な改善方法であることを述べている.次に有効な方法は,周波数特性のより良い材質のケーブルに変更することで …

    電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式 110(441), 73-78, 2011-02-24

    参考文献7件

  • 選択型及び同時型デュアルモード伝送PLC方式のスループット特性

    江田 暁彦 , 都築 伸二 , 川崎 裕之 [他] , 山田 芳郎

    電力線通信(PLC)信号の注入抽出モードにはディファレンシャルモードとコモンモードの2種類があるため,伝搬モードはそれらの組合せの4通りある.従って,デュアルモード伝送PLC方式には,これらの4通りの伝搬モードの中から最も良いモードを選ぶ選択型と,2つの注入抽出モードを同時に使用する同時型がある.本稿では,家庭内DC給電および船内DC給電を想定した電力線路を構築し,選択型及び同時型のスループット特 …

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム 110(439), 293-298, 2011-02-24

    参考文献5件

  • 大型貨物船内PLCに適した配線方法の検討

    石井 誠一郎 , 都築 伸二 , 川崎 裕之 [他] , 忽那 直樹 , 山田 芳郎

    高速電力線通信(PLC)技術の産業用途の一つとして,船内LANが期待されている.本稿で対象としている大型貨物船内の電力線は,一般家庭に比べ信号減衰量が大きいという特徴がある.その主な原因は,分電盤の回路数が多いためである.そこで分電盤1回路あたりの減衰量を定量的に求めるとともに,回路数の削減が有効な改善方法であることを述べている.次に有効な方法は,周波数特性のより良い材質のケーブルに変更することで …

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム 110(439), 73-78, 2011-02-24

    参考文献7件

  • 選択型及び同時型デュアルモード伝送PLC方式のスループット特性

    江田 暁彦 , 都築 伸二 , 川崎 裕之 [他] , 山田 芳郎

    電力線通信(PLC)信号の注入抽出モードにはディファレンシャルモードとコモンモードの2種類があるため,伝搬モードはそれらの組合せの4通りある.従って,デュアルモード伝送PLC方式には,これらの4通りの伝搬モードの中から最も良いモードを選ぶ選択型と,2つの注入抽出モードを同時に使用する同時型がある.本稿では,家庭内DC給電および船内DC給電を想定した電力線路を構築し,選択型及び同時型のスループット特 …

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report 110(440), 293-298, 2011-02-24

    参考文献5件

  • 大型貨物船内PLCに適した配線方法の検討

    石井 誠一郎 , 都築 伸二 , 川崎 裕之 [他] , 忽那 直樹 , 山田 芳郎

    高速電力線通信(PLC)技術の産業用途の一つとして,船内LANが期待されている.本稿で対象としている大型貨物船内の電力線は,一般家庭に比べ信号減衰量が大きいという特徴がある.その主な原因は,分電盤の回路数が多いためである.そこで分電盤1回路あたりの減衰量を定量的に求めるとともに,回路数の削減が有効な改善方法であることを述べている.次に有効な方法は,周波数特性のより良い材質のケーブルに変更することで …

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report 110(440), 73-78, 2011-02-24

    参考文献7件 被引用文献1件

  • 船内DC100V給電網における伝達特性改善に関する考察

    川崎 , 石井 誠一郎 , 都築 伸二 , 忽那 直樹 , 山田 芳郎

    IEICE総合大会, Mar. 2011, 129, 2011

    被引用文献1件

  • PLCとVLCを用いた舶用機関監視システム

    武智 , 都築 伸二 , 川崎 裕之 , 山田 芳郎

    IEICE総合大会, Mar. 2011, 128, 2011

    被引用文献1件

  • 大型貨物船内電力線線路の減衰特性近似

    都築 伸二 , 石井 誠一郎 , 西岡 潤 [他] , 山田 芳郎

    Power-line communication (PLC) based local area network (LAN) in cargo ships is one of the promising applications of the PLC technology. In this paper, the signal attenuation characteristic when trans …

    電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society 130(8), 1337-1342, 2010-08-01

    J-STAGE DOI 参考文献12件 被引用文献3件

  • A-5-20 DC給電網を利用した大型船舶内高速電力線通信方式の検討(A-5.ワイドバンドシステム,一般セッション)

    川崎 裕之 , 都築 伸二 , 山田 芳郎 , 忽那 直樹

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2010年_基礎・境界, 122, 2010-03-02

  • 高速電力線通信に配慮した宅内DC給電用電力ケーブルの検討

    都築 , 大西 政綱 , 川崎 裕之 , 山田 芳郎

    平成21年度電子情報通信学会総合大会, Mar., 121, 2010

    被引用文献1件

  • 自動切換によるデュアルモード伝送PLC方式の検討

    江田 暁彦 , 都築 伸二 , 山田 芳郎

    現在市販されている電力線通信(PLC;Power Line Communication)用のモデムの多くが,ディファレンシャルモード伝送方式を採用している.筆者らはこれに加えコモンモード伝送方式を併用し、良いほうのモードを選択するデュアルモード伝送方式が有用であることを示してきた.しかしそのモード選択は手動であっため,電力線の状態が変化したときなどの適応性に問題があった.本稿では,モード選択の判断 …

    電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム : IEICE technical report 109(144), 43-48, 2009-07-16

    参考文献9件 被引用文献9件

  • 船内電力線線路の遅延および減衰特性

    石井 誠一郎 , 都築 伸二 , 西岡 潤 [他] , 山田 芳郎

    電力線通信技術の産業用途の一つとして,船内LANがある.本稿では,船舶内居住区の100V系統(4隻)および冷凍コンテナ船の440V系統(2隻)で調査した伝達関数から遅延プロファイルを求め,遅延特性を評価している.その結果遅延特性は,ケーブル長と分電盤内部の遅延スプレッドをパラメータとする一次関数で近似できることを述べている.また,遅延時間の累積分布を求め,船舶で使用する場合の,OFDM方式のガード …

    電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム : IEICE technical report 109(71), 1-6, 2009-05-27

    参考文献9件 被引用文献2件

  • A-5-25 短波放送との共存を目的とした船舶PLC信号漏洩量の簡易測定法(A-5.ワイドバンドシステム,一般セッション)

    樹野 慎平 , 都築 伸二 , 山田 芳郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2009年_基礎・境界, 164, 2009-03-04

  • コンテナ船の440V系統における電力線通信路特性

    西岡 潤 , 都築 伸二 , 吉田 道学 [他] , 川崎 裕之 , 神宝 照司 , 山田 芳郎

    大型貨物船の一種であるコンテナ船では,従来から3相440V系統電力線を線路とし55kHz〜440kHzの帯域を利用する電力線通信(PLC)にて冷凍コンテナの監視を行っている.しかし,近年インバータ式の機器が船舶に搭載される事が多くなり,本周波数帯を利用したPLCシステムの構築が難しくなっている.そこで筆者らは,本周波数帯に代わり2MHz以上の周波数帯を使用することで,より安定したPLCシステムを実 …

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report 108(164), 49-54, 2008-07-18

    参考文献8件

ページトップへ