根来 孝夫

論文一覧:  42件中 1-20 を表示

  • 1 / 3
  • 絨毛癌細胞株の腫瘍壊死因子(tumor necrosis factor)に対する抵抗性の解析

    亀田 隆 , 根来 孝夫 , 鮫島 義弘 , 高橋 俊一 , 古山 将康 , 松崎 昇 , 佐治 文隆 , 谷澤 修 , Takashi KAMEDA , Takao NEGORO , Yoshihiro SAMEJIMA , Shunichi TAKAHASHI , Masayasu KOYAMA , Noboru MATSUZAKI , Fumitaka SAJI , Osamu TANIZAWA , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School

    絨毛癌細胞株であるGCH-1, BeWo, JEG-3に対するtumor necrosis factor(TNF)-αの抗腫瘍効果について,^3H-thymidine取り込み試験およびtetrazolium salt(MTT)色素取り込み試験を用いて検討を行い,以下の結果を得た. 1) 3種の絨毛癌細胞株は, TNF-α 1,000u/ml, 24時間処理に対し,強い抵抗性を認め,3H-thymi …

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 41(6), 653-659, 1989-06-01

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web

  • 精子不動化抗体陽性不妊婦人血清, 卵胞液と特異的に反応するヒト精子細胞膜抗原の同定

    大橋 一友 , 根来 孝夫 , 佐治 文隆 , 谷澤 修 , Kazutomo OHASHI , Takao NEGORO , Fumitaka SAJI , Osamu TANIZAWA , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School

    不妊婦人の血清および卵胞液中の精子不動化抗体と特異的に反応するヒト精子細胞膜抗原を分離, 同定, 解析した。健常男性より採取した精子をPBSで洗浄しホモジナイズした。その上清をショ糖勾配法にて遠沈し, 界面層より細胞膜成分を分離した。非イオン化洗剤Renex 30で可溶化した後, LcH 親和性カラムにてレクチン親和性糖蛋白を分離した。得られた精子細胞膜糖蛋白を^<125>Iでラベルし …

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 41(4), 467-472, 1989-04-01

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web

  • 絨毛癌細胞のlymphokine activated killer (LAK)細胞に対する細胞障害抵抗性の解析

    亀田 隆 , 根来 孝夫 , 萩原 正久 , 古山 将康 , 松崎 昇 , 佐治 文隆 , 谷澤 修 , Takashi KAMEDA , Takao NEGORO , Masahisa HAGIWARA , Masayasu KOYAMA , Noboru MATSUZAKI , Fumitaka SAJI , Osamu TANIZAWA , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School

    絨毛癌細胞株のlymphokine activated killer (LAK) 細胞に対する細胞障害性について, ^<51>Cr標識による細胞障害試験を用いた検討を行い, 以下の結果を得た。1) 5種の絨毛癌細胞株は, いずれも他の腫瘍細胞株には見られない, 強いLAK細胞およびnatural killer (NK) 細胞抵抗性のあることが, 判明した。すなわちeffector/ta …

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 41(1), 1-6, 1989-01-01

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web

  • ヒト精子細胞膜から分離した精子付着抗原の同定とその物理化学的性質

    佐治 文隆 , 南川 義夫 , 大橋 一友 , 根来 孝夫 , 谷澤 修 , Fumitaka SAJI , Yoshio MINAGAWA , Kazutomo OHASHI , Takao NEGORO , Osamu TANIZAWA , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School

    我々はヒト精子・精漿・乳汁に共通な新しい精子細胞膜抗原を分離同定した. ヒト精子細胞膜を非イオン化洗剤(Renex 30)にて溶解後, 更にレクチン親和性の糖蛋白成分を分離した. ^<125>Iで標識した精子細胞膜糖蛋白成分の中で抗ヒト精漿家兎抗血清と反応する蛋白分画をSDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動(SDS-PAGE)にて解析した. その結果, 家兎抗血清は分子量12,000の …

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 40(4), 473-480, 1988-04-01

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web

  • 血清, 卵胞液, 腹水中の精子不動化抗体

    大橋 一友 , 加藤 宗寛 , 根来 孝夫 , 佐治 文隆 , 谷澤 修 , Kazutomo OHASHI , Munehiro KATO , Takao NEGORO , Fumitaka SAJI , Osamu TANIZAWA , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School

    血中精子不動化抗体保有不妊婦人について, GIFT (gamete intrafallopian transfer)の際採取した卵胞液及び腹水中の精子不動化抗体を調べ, 血中の精子不動化抗体と比較, 検討を加えた. (1) 血中精子不動化抗体陰性の7名の婦人については, 卵胞液及び腹水中にいずれも精子不動化抗体は認められなかつた. (2) 血中精子不動化抗体陽性の3名の婦人については, 卵胞液及び …

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 40(3), 353-358, 1988-03-01

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web

  • 97 絨毛癌細胞に対する腫瘍壊死因子(TNF-α)障害性の解析

    根来 孝夫 , 亀田 隆 , 大橋 一友 , 鮫島 義弘 , 佐治 文隆 , 谷澤 修 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 40(Supplement), S-413, 1988-02-20

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web

  • 483 絨毛癌細胞由来の免疫抑制物質によるヒトT細胞増殖反応抑制機序

    松崎 昇 , 岡田 恭芳 , 加藤 宗寛 , 亀田 隆 , 根来 孝夫 , 佐治 文隆 , 谷澤 修 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 40(Supplement), S-335, 1988-02-20

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web

  • 278 RFLPs(Restriction fragment length polymorphisms)の比較による多胎の卵性診断法の確立

    東 千尋 , 上浦 祥司 , 信永 敏克 , 根来 孝夫 , 佐治 文隆 , 谷澤 修 , 大阪大学産婦人科 , 大阪大学産婦人科 , 大阪大学産婦人科 , 大阪大学産婦人科 , 大阪大学産婦人科 , 大阪大学産婦人科

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 40(Supplement), S-232, 1988-02-20

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web

  • 酵素抗体法(ELISA法)による原因不明不妊婦人血中の抗精子抗体の測定

    大橋 一友 , 亀田 隆 , 古山 将康 , 南川 義夫 , 根来 孝夫 , 佐治 文隆 , 谷澤 修 , Kazutomo OHASHI , Takashi KAMEDA , Masayasu KOYAMA , Yoshio MINAGAWA , Takao NEGORO , Fumitaka SAJI , Osamu TANIZAWA , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School

    血中抗精子抗体の測定を酵素抗体法(ELISA法)を用いて行った.対象として原因不明の不妊婦人83名,妊婦10名,未婚婦人9名,男性10名を用いた.このELISA法による抗精子抗体の測定結果と精子不動化試験及びHuhner testの結果について比較,検討を加え,以下の成績を得た.1) ELISA法により測定される抗精子抗体の陽性者は,原因不明の不妊婦人83名中20名(24.1%)であった.また,対 …

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 39(12), 2151-2156, 1987-12-01

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web

  • 428. 不妊婦人血清中の精子不動化抗体と結合する精子細胞膜糖蛋白の同定

    佐治 文隆 , 大橋 一友 , 南川 義夫 , 上浦 祥司 , 東 千尋 , 根来 孝夫 , 谷澤 修 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 39(臨時増刊), 296, 1987-02-20

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web

  • 405. 絨毛癌細胞株に認められるlymphokine activated killer (LAK) 抵抗性の解析

    根来 孝夫 , 古山 将康 , 亀田 隆 , 鮫島 義弘 , 松崎 昇 , 佐治 文隆 , 谷澤 修 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科 , 大阪大学医学部産婦人科

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 39(臨時増刊), 285, 1987-02-20

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web

  • 133 ヒト精子, 精漿, 乳汁共通抗原の分離精製と物理化学的性質の決定

    大橋 一友 , 南川 義夫 , 根来 孝夫 , 佐治 文隆 , 谷澤 修 , 中室 嘉郎 , 大阪大学 , 大阪大学 , 大阪大学 , 大阪大学 , 大阪大学 , 大阪府立病院

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 38(臨時増刊), 146, 1986-02-20

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web

  • 167. 卵巣癌患者腹水中の免疫抑制因子 : 第29群 免疫 IV

    文田 裕治 , 古山 将康 , 南川 義夫 , 田中 文男 , 根来 孝夫 , 佐治 文隆 , 中室 嘉郎 , 谷澤 修 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 37(8), 1544, 1985-08-01

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web

  • 154. ヒト絨毛細胞培養上清中の免疫抑制因子 : 第27群 免疫 II

    古山 将康 , 田中 文男 , 文田 裕治 , 根来 孝夫 , 南川 義夫 , 佐治 文隆 , 中室 嘉郎 , 谷澤 修 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 37(8), 1534-1535, 1985-08-01

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web

  • 161. 胎盤抽出免疫グロブリンの抗DR抗体括性とMLC抑制能 : 第35群 産科免疫III

    東 千尋 , 田中 文男 , 根来 孝夫 , 中室 嘉郎 , 倉智 敬一 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 33(9), 1494-1495, 1981-09-01

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

  • 127.胎盤抽出免疫グロブリンのin vitro 免疫反応に及ぼす役割 : 第34群妊娠分娩産褥・胎盤III

    田中 文男 , 根来 孝夫 , 中室 嘉郎 , 倉智 敬一 , 若尾 豊一 , 佐治 文隆 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 富田林病院 , 大阪成人病セソター

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 32(9), 1383-1384, 1980-09-01

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

  • 234.胎盤抽出免疫グロブリンの妊娠維持に果たす役割 : 第44群 免疫 妊娠

    根来 孝夫 , 若尾 豊一 , 佐治 文隆 , 中室 嘉郎 , 倉智 敬一 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大 , 大阪大

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 31(8), 1182, 1979-08-01

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

  • ヒト胎盤に結合した免疫グロブリンの特異性について

    根来 孝夫 , 若尾 豊一 , 佐治 文隆 , 中室 嘉郎 , 大阪大学医学部産婦人科学教室 , 大阪大学医学部産婦人科学教室 , 大阪大学医学部産婦人科学教室 , 大阪大学医学部産婦人科学教室

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 31(5), 635-636, 1979-05-01

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

  • 子宮頚癌患者の血清中β_2-microglobulinの同定

    佐治 文隆 , 若尾 豊一 , 根来 孝夫 , 中室 嘉郎 , Fumitaka SAJI , Toyokazu WAKAO , Takao NEGORO , Karo NAKAMURO , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School

    ヒトの組織適合抗原であるHLA抗原は大小二つのcomponentsから構成される.large componentは個々のHLA抗原のアロ抗原特異性を現わしているが,分子量11,000のsmall componentはすべてのHLA抗原に共通である.このHLA抗原のsmall componentはβ_2-microglobulin (β_2-m)と同一物質である.培養悪性腫瘍細胞のあるものは異常に大 …

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 30(10), 1313-1316, 1978-10-01

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

  • 父方組織適合抗原に対する細胞性免疫および液性抗体の妊娠に及ぼす影響

    佐治 文隆 , 若尾 豊一 , 根来 孝夫 , 中室 嘉郎 , Fumitaka SAJI , Toyokazu WAKAO , Takao NEGORO , Karo NAKAMURO , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , 大阪大学医学部産科婦人科学教室 , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School , Department of Obstetrics and Gynecology Osaka University Medical School

    原因不明の流死産の中には個体間の組織適合抗原の差によつて生じた免疫学的拒絶反応によるものが含まれている可能性がある.胎児・胎盤は父親から受け継いだ組織適合遺伝子を有するので遺伝的に母体の組織とは異なる.妊婦が父親由来の組織適合抗原に対して免疫された場合,父方組織適合抗原に対する細胞性免疫あるいは液性抗体が胎児・胎盤に障害を与え,免疫学的に流死産を惹起し得る.我々は遺伝的背景の確立した近交系マウスを …

    日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica 30(9), 1118-1122, 1978-09-01

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

  • 1 / 3
ページトップへ