塩出 大輔 SHIODE Daisuke

ID:1000040361810

海洋大 (2011年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  26件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • 中・底層定置網用海亀脱出装置の扉が受ける流体力の影響

    田村 怜子 , 塩出 大輔 , 胡 夫祥 , 東海 正

    日本水産工学会学術講演会講演論文集 23, 137-140, 2011-11-03

    参考文献3件

  • 離着底兼用型高揚力オッターボードの開発研究

    沈 暁麗 , 胡 夫祥 , 塩出 大輔 , 東海 正 , 熊沢 泰生 , 木下 弘実 , 不破 茂

    日本水産工学会学術講演会講演論文集 23, 129-132, 2011-11-03

    参考文献4件

  • 底網に金網を用いた養殖生簀の模型実験

    曲 暁玉 , 胡 夫祥 , 塩出 大輔 , 東海 正 , 熊沢 泰生 , 武内 要人

    日本水産工学会学術講演会講演論文集 23, 123-126, 2011-11-03

    参考文献3件

  • 曳航式水中ビデオカメラによる曳縄の擬餌に対する魚類の行動観察

    秋山 清二 , 小澤 一允 , 塩出 大輔

    In order to understand the capture process of trolling line, the fish behavior to an artificial bait of trolling line was observed by a towed underwater video camera. Experimental trolling line consis …

    日本水産工学会誌 48(1), 1-5, 2011

    CiNii 外部リンク 日本農学文献記事索引 J-STAGE 参考文献23件

  • まぐろ延縄漁業における海亀類の混獲回避に関する研究

    塩出 大輔

    日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 76(4), 605-608, 2010-07-15

    J-STAGE 参考文献35件

  • アカアマダイに対する鯛縄針とムツ針の選択性曲線の比較

    山下 秀幸 , 越智 洋介 , 塩出 大輔 [他] , 東海 正

    東シナ海のアカアマダイ延縄漁業では形状の異なる鯛縄針とムツ針が用いられる。釣針の形状によって選択性が異なる可能性があり,選択性による小型魚保護のためには各釣針の選択性を評価しておく必要がある。本研究では,4 種類の大きさの鯛縄針とムツ針を用いた比較操業実験から,アカアマダイの上顎長を釣針幅で標準化した選択性曲線マスターカーブのパラメータを SELECT 法で決定した。AIC によるモデル選択の結果 …

    日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 76(1), 46-53, 2010-01-15

    日本農学文献記事索引 J-STAGE 参考文献25件 被引用文献2件

  • 中層・底層定置網における海亀脱出支援システムの開発

    高橋 六樹 , 塩出 大輔 , 東海 正 , 胡 夫祥 , 阿部 寧 , 小林 真人

    日本水産工学会学術講演会講演論文集 21, 245-246, 2009-05-23

    参考文献4件

  • まぐろ延縄漁具における加重枝縄の釣針沈降特性

    塩出 大輔 , 細谷 雅之 , 胡 夫祥 , 東海 正 , 横田 耕介

    日本水産工学会学術講演会講演論文集 21, 197-198, 2009-05-23

    参考文献5件

  • 中立ブイを装着した浮延縄漁具の3次元形状に及ぼす海中流れの影響

    志賀 未知瑠 , 塩出 大輔 , 宮本 佳則 [他] , 内田 圭一 , 胡 夫祥 , 東海 正 , MICHIRU SHIGA , DAISUKE SHIODE , YOSHINORI MIYAMOTO , KEIICHI UCHIDA , FUXIANG HU , TADASHI TOKAI , 東京海洋大学海洋生物資源学科 , 東京海洋大学海洋生物資源学科 , 東京海洋大学海洋環境学科 , 東京海洋大学海洋環境学科 , 東京海洋大学海洋生物資源学科 , 東京海洋大学海洋生物資源学科 , Department of Marine Biosciences Faculty of Marine Scineces Tokyo University of Marine Science and Technology , Department of Marine Biosciences Faculty of Marine Scineces Tokyo University of Marine Science and Technology , Department of Ocean Sciences Faculty of Marine Science Tokyo University of Marine Science and Technology , Department of Ocean Sciences Faculty of Marine Science Tokyo University of Marine Science and Technology , Department of Marine Biosciences Faculty of Marine Scineces Tokyo University of Marine Science and Technology , Department of Marine Biosciences Faculty of Marine Scineces Tokyo University of Marine Science and Technology

    流れによる浮延縄漁具の3次元形状変化を,海亀混獲回避と漁獲効率向上を目的とする中立ブイを装着した場合について調べた。超音波3次元水中測位システムと水深計,GPSブイを用いて漁具各部の3次元位置を計測すると同時に,海中の流れをADCPで計測した。漁具全体の移動方向は流れの抵抗を大きく受ける幹縄の敷設水深の流向と一致した。枝縄のふかれ方向はその敷設水深の流向と一致した。流れが漁具の設置方向に平行な場合 …

    日本水産学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 75(2), 179-190, 2009-03-15

    CiNii 外部リンク 日本農学文献記事索引 J-STAGE 参考文献17件 被引用文献1件

  • ジンベエザメの行動追跡を目的とした発信機装着用曳航体の流体力特性

    塩出 大輔 , 深谷 陽介 , 胡 夫祥 [他] , 東海 正 , 中畑 勝見 , 中野 秀樹

    ジンベエザメは、全長20mにも達する世界最大の魚類である。本種は、プランクトン食の大型板鰓類の一種であるものの、他にも甲殻類、魚卵、群れをなす表層性浮魚類や比較的大型の魚類まで補食する。本種の資源動向や保護政策に対する関心は非常に高く、対象漁業による漁獲の影響の受けやすさや再生産率の低さ等を理由として、本種は1997年にIUCN(国際自然保護連合)において危急種に指定され、またCITES(絶滅のお …

    日本水産工学会誌 45(3), 187-193, 2009

    CiNii 外部リンク 日本農学文献記事索引 J-STAGE 参考文献16件

  • 標準型MOHTに対して小型MOHTとIKMTにみられた網口回避サイズ選択性について

    鈴木 元道 , 東海 正 , 大関 芳沖 , 久保田 洋 , 胡 夫祥 , 塩出 大輔

    日本水産工学会学術講演会講演論文集 20, 161-164, 2008-05-31

    参考文献11件 被引用文献1件

  • コッドエンド自律開閉型仔稚魚層別採集トロール網の開発研究

    野呂 英樹 , 胡 夫祥 , 大関 芳沖 , 久保田 洋 , 東海 正 , 塩出 大輔 , 戸松 千秋

    日本水産工学会学術講演会講演論文集 20, 157-160, 2008-05-31

    参考文献6件

  • ダイニーマ綟網の流体力特性

    熊沢 泰生 , 胡 夫祥 , 塩出 大輔 , 東海 正

    日本水産工学会学術講演会講演論文集 20, 147-150, 2008-05-31

    参考文献5件 被引用文献1件

  • 海亀類の混獲回避 : 漁具・漁法からのアプローチ(<特集>まぐろ延縄漁業における混獲回避)

    塩出 大輔 , DAISUKE SHIODE , 東京海洋大学海洋生物資源学科 , Department of Marine Biosciences Tokyo University of Marine Science and Technology

    日本水産学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 74(2), 234-236, 2008-03-15

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ J-STAGE 参考文献18件

  • まぐろ延縄漁業における混獲回避

    清田 雅史 , 塩出 大輔 , MASASHI KIYOTA , DAISUKE SHIODE , (独)水産総合研究センター遠洋水産研究所 , 東京海洋大学海洋生物資源学科 , National Research Institute of Far Seas Fisheries Fisheries Research Agency , Department of Marine Biosciences Tokyo University of Marine Science and Technology

    日本水産学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 74(2), 219, 2008-03-15

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ J-STAGE

  • GPSと魚群探知機を用いた沿岸浅海域における海底地形図の簡便作成法

    内田 圭一 , 宮本 佳則 , 武田 誠一 [他] , 東海 正 , 柿原 利治 , 塩出 大輔

    海岸工学の分野では、沿岸部の局所的な地形変化が高潮や津波の海水流動を複雑化させることが知られており、これらを考慮した数値シミュレーションを行うには、沿岸の詳細な海底地形図が必要となる。また、沿岸で漁獲対象とされる生物の多くは、水温や塩分などの環境要因だけでなく、底質や水深、海底面の凹凸など海底地形に合わせて分布、行動することが知られている。一方、定置網は、地形に対するこうした魚の行動を利用した漁業 …

    日本水産工学会誌 45(2), 93-100, 2008

    CiNii 外部リンク 日本農学文献記事索引 J-STAGE 参考文献15件

  • 中立ブイ装着まぐろ延縄漁具の水中形状に及ぼす流れの影響

    志賀 未知瑠 , 胡 夫祥 , 伊東 功道 [他] , 塩出 大輔 , 東海 正

    近年まぐろ延縄漁業による海亀類の混獲問題が国際的に注目され、まぐろ資源の地域漁業管理機関や国連食糧農業機関(FAO)の場で対策が講じられるようになっている。著者らは、海亀混獲回避およびマグロ類の効率的漁獲を目的として、まぐろ延縄漁具に中立ブイと長い浮縄を取り付けた中立ブイシステムを開発した。本研究では、回流水槽においてShiodeらが提案した中立ブイを装着したまぐろ延縄漁具を用いた模型実験を行い、 …

    日本水産工学会誌 44(3), 185-195, 2008

    CiNii 外部リンク 日本農学文献記事索引 J-STAGE 参考文献36件 被引用文献2件

  • 延縄で釣獲されたマグロ類の脱鉤力

    酒井 久治 , 呉 松 , 塩出 大輔 [他] , 内田 圭一 , 宮本 佳則 , 峰 雄二 , 小池 義夫 , HISAHARU SAKAI , SONG WU , DAISUKE SHIODE , KEIICHI UCHIDA , YOSHINORI MIYAMOTO , YUJI MINE , YOSHIO KOIKE , 東京海洋大学海洋科学部 , 東京海洋大学海洋科学部 , 東京海洋大学海洋科学部 , 東京海洋大学海洋科学部 , 東京海洋大学海洋科学部 , 東京海洋大学海洋科学部 , 東京海洋大学海洋科学部 , Faculty of Marine Science Tokyo University of Marine Science and Technology , Faculty of Marine Science Tokyo University of Marine Science and Technology , Faculty of Marine Science Tokyo University of Marine Science and Technology , Faculty of Marine Science Tokyo University of Marine Science and Technology , Faculty of Marine Science Tokyo University of Marine Science and Technology , Faculty of Marine Science Tokyo University of Marine Science and Technology , Faculty of Marine Science Tokyo University of Marine Science and Technology

    まぐろ延縄漁船に搭載される魚引寄せ機の最適な張力設定値を把握するため,2005 年 2 月と 12 月のまぐろ延縄操業で釣獲されたマグロの脱鉤力(枝縄を牽引し,釣針が外れるときの張力)を測定した。針掛かり部はあご部と口内の 2 箇所であり,いずれも,口内の針掛かりのときの脱鉤力はあご部に比べて 25% から 50% 低下した。また,得られた脱鉤力 <i>T</i> [N]と …

    日本水産学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 73(6), 1112-1114, 2007-11-15

    CiNii 外部リンク 日本農学文献記事索引 J-STAGE 参考文献4件

  • プログラム制御による多段開閉式フレームトロールの開発

    若林 直樹 , 胡 夫祥 , 大関 芳沖 , 久保田 洋 , 東海 正 , 塩出 大輔 , 戸松 千秋

    日本水産工学会学術講演会講演論文集 19, 201-202, 2007-05-19

    参考文献4件 被引用文献1件

  • GPSと魚群探知機を用いた沿岸域詳細海底地形計測に関する研究

    宮本 佳則 , 内田 圭一 , 武田 誠一 , 東海 正 , 柿原 利治 , 塩出 大輔 , 吉田 空久

    日本水産工学会学術講演会講演論文集 18, 269-270, 2006-06-10

    被引用文献1件

  • 1 / 2

ページトップへ