細部 博史 Hosobe Hiroshi

論文一覧:  20件中 1-20 を表示

  • 特集「ソフトウェア論文」の編集にあたって

    和泉 順子 , 河野 恭之 , 小宮 常康 , 権藤 克彦 , 並木 美太郎 , 細部 博史

    コンピュータソフトウェア 30(4), 2, 2013-10-25

    J-STAGE

  • 数値最適化による力学的グラフ可視化手法

    細部 博史

    グラフは事物の関係を表現する手段であり,その可視化はユーザインタフェースにおける有用な要素技術である.これまでに無向グラフの可視化のための力学的手法に関する多数の研究がなされており,これらは主にシミュレーションによるものと数値最適化によるものに分類できるが,前者に比べると後者は十分に研究されていない.本研究では数値最適化による新しい力学的グラフ可視化手法を構築し,1 万ノード規模のグラフに適用する …

    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 2011-HCI-144(16), 1-6, 2011-07-21

    情報処理学会

  • ユーザインタフェースのための線形制約解消系

    細部 博史

    制約は多様な問題解決のための有力な手段であり,プログラミングや人工知能などの分野で利用されている.ユーザインタフェースのプログラミングにおける制約の主要な用途はグラフィカルオブジェクトの配置であり,制約によって配置の処理が自動化されて容易になるという利点がある.本研究では階層的優先度を伴った線形等式制約および線形不等式制約からなる問題を高速に処理するための制約解消系を構築する.Constraint …

    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 2011-HCI-142(21), 1-5, 2011-03-10

    情報処理学会

  • 日本ソフトウェア科学会第27回大会報告

    細部 博史

    コンピュータソフトウェア 28(1), 49-56, 2011-01-25

    参考文献4件

  • ハイブリッドシステムモデリング言語HydLaの区間制約に基づく全解シミュレーション実行処理系

    大谷 順司 , 廣瀬 賢一 , 石井 大輔 , 細部 博史 , 上田 和紀

    全国大会講演論文集 第72回(アーキテクチャ), 145-146, 2010-03-08

    情報処理学会 参考文献6件

  • 特集「インタラクティブシステムとソフトウェア」の編集にあたって

    小池 英樹 , 豊田 正史 , 細部 博史

    コンピュータソフトウェア 27(1), 1-2, 2010-01-26

    J-STAGE

  • 特集「インタラクティブシステムとソフトウェア」の編集にあたって

    垂水 浩幸 , 福地 健太郎 , 細部 博史 , Hiroyuki Tarumi , Kentaro Fukuchi , Hiroshi Hosobe , 香川大学 , 科学技術振興機構 , 国立情報学研究所 , Kagawa University , Japan Science and Technology Agency , National Institute of Informatics

    コンピュータソフトウェア = Computer software 26(1), 2-3, 2009-01-27

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

  • 微分制約論理式によるハイブリッドシステムのモデリングと検証

    石井 大輔 , 上田 和紀 , 細部 博史

    本研究ではハイブリッドシステムの到達可能性検証のための有界モデル検査法(bounded model checking)を提案する.提案手法では,非線形ハイブリッドオートマトンを常微分方程式およびガード制約を埋め込んだ論理式として,モデル中の危険領域を示す論理式とともに記述する.上記論理式の充足可能性をSAT求解系と数式処理系(Mathematica)を連携させた探索により示し,モデル中の不具合を発 …

    電子情報通信学会技術研究報告. CST, コンカレント工学 108(415), 67-70, 2009-01-22

    参考文献6件

  • ハイブリッドシステムの高信頼シミュレーションのための区間に基づく制約伝播手法

    石井 大輔 , 上田 和紀 , 細部博史

    離散変化と時間に関する連続変化からなるハイブリッドシステムは,物理学をはじめ,さまざまな分野の問題を記述,シミュレーションするためのモデルとして注目を集めている.ハイブリッドシステムのシミュレーションにおいては,連続状態を扱う際に計算誤差が不可避であり,厳密な解軌道を得ることができないという問題がある.本研究の提案手法では,常微分方程式の区間解析に基づく求解手法と,非線形問題のための区間制約伝播手 …

    情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM) 1(1), 149-159, 2008-09-26

    情報処理学会

  • 特集「論理と推論技術の展開」の編集にあたって

    上田 和紀 , 新田 克己 , 細部 博史 , Kazunori Ueda , Katsumi Nitta , Hiroshi Hosobe , 早稲田大学 , 東京工業大学 , 国立情報学研究所 , Waseda University , Tokyo Institute of Technology , National Institute of Informatics

    コンピュータソフトウェア = Computer software 25(3), 1, 2008-07-25

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ J-STAGE

  • ハイブリッドシステムの高信頼シミュレーションのための区間に基づく制約伝播手法

    石井 大輔 , 上田 和紀 , 細部博史

    離散変化と時間に関する連続変化からなるハイブリッドシステムは,物理学をはじめ,さまざまな分野の問題を記述,シミュレーションするためのモデルとして注目を集めている.ハイブリッドシステムのシミュレーションにおいては,連続状態を扱う際に計算誤差が不可避であり,厳密な解軌道を得ることができないという問題がある.本研究の提案手法では,区間解析に基づく常微分方程式の求解手法と非線形問題のための制約伝播手法を統 …

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS) 2008(17(2008-MPS-068)), 133-136, 2008-03-05

    情報処理学会 参考文献7件

  • 制約プログラミングに関する日本・フランス間の研究交流

    BENHAMOU Frederic , CEBERIO Martine , CODOGNET Philippe [他] , 細部 博史 , JERMANN Christophe , 佐藤 健 , 上田 和紀

    制約プログラミングは,人工知能,コンピュータプログラミング,コンピュータ支援設計,コンピュータグラフィクス,ユーザインタフェース等における多様な問題のモデル化と解決を可能にする発展途上の技術である。本レポートでは,著者らと日本・フランスの他の研究者らが行った,制約プログラミングに関する最近の研究交流活動について述べる。最初に,制約プログラミングに関する著者らの共同研究プロジェクトについて概説した後 …

    Progress in informatics : PI 3, 59-65, 2006-04

    CiNii PDF - オープンアクセス  CiNii 外部リンク1 CiNii 外部リンク2

  • 高次元アプローチによる一般無向グラフの対話的視覚化法

    細部博史

    グラフ配置は,オブジェクト間の関係を表現するための情報視覚化技術である.一般無向グラフなどの複雑なグラフは,静的に配置することが困難であるため,対話的グラフ配置がしばしば重要となる.本論文では,一般無向グラフの対話的配置の新しいアプローチを提案する.本アプローチの基本アイデアは,高次元空間における静的なグラフ配置を用いて,ユーザの操作に応じて2次元グラフ配置を動的に決定するというものである.本アプ …

    情報処理学会論文誌 46(7), 1536-1547, 2005-07-15

    情報処理学会 参考文献28件

  • 対話型3次元アプリケーションのための幾何制約解消法

    細部博史

    近年,コンピュータ技術の進展により,パーソナルコンピュータ上で高速で高精細な3次元グラフィクスが可能になり,3次元アプリケーションの開発が容易化されている.しかし,それらの技術のほとんどが,3次元グラフィクスにおける配置や振舞いの面を十分にサポートしているとはいえない.一般に,幾何制約は,グラフィカルオブジェクトの配置や振舞いを記述する強力な道具であり,対話型2次元グラフィカルユーザインタフェース …

    情報処理学会論文誌 44(2), 486-495, 2003-02-15

    情報処理学会 参考文献26件 被引用文献2件

  • 対話型インタフェースのための幾何制約解消の枠組み

    細部博史

    ユーザインタフェース(UI)分野において,制約は古くから重要な役割を演じてきた.UI分野における制約の主要な用途は,グラフィカルオブジェクト群の幾何的な配置であり,これによってUIの構築が容易化される.しかしながら,現在,制約の技術を導入したシステムやアプリケーションは少ないといわざるをえない.主要な障害の1つとして,連立された非線形な幾何制約を解くことができる,信頼性と利便性の十分に高い制約解消 …

    情報処理学会論文誌 42(6), 1424-1434, 2001-06-15

    情報処理学会 参考文献32件 被引用文献1件

  • GUIを対象とした線形計算による制約階層解消系の高速化

    細部 博史 , Hiroshi Hosobe , 文部省学術情報センター研究開発部 , Department of Research and Development National Center for Science Information Systems

    コンピュータソフトウェア = Computer software 17(2), 133-137, 2000-03-15

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ J-STAGE 参考文献11件 被引用文献2件

  • 視覚化に適した制約階層の拡張法

    細部 博史

    制約は,推論,スケジューリング,設計,視覚化など,様々な問題のモデル化や解決に有用である.特に非単調な制約解消方式は,制約過多な実世界の問題を記述できるため,注目を集めてきた.本論文では,従来広く使われてきた非単調方式である制約階層を拡張することで構築した新しい方式として,複合制約階層を提案する.この新しい方式では,異なる種類の問題が 1 つの複合制約階層に統合され,多目的最適化問題と関連付けられ …

    学術情報センター紀要 12, 81-91, 2000-03

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • HiRise : GUI構築のためのインクリメンタルな制約解消系(特集・インタラクティブソフトウェア)

    細部 博史 , 松岡 聡 , 米澤 明憲 , Hiroshi Hosobe , Satoshi Matsuoka , Akinori Yonezawa , 文部省学術情報センター研究開発部 , 東京工業大学大学院情報理工学研究科数理・計算科学専攻 , 東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻 , Department of Research and Development National Center for Science Information Systems , Department of Mathematical and Computing Sciences Graduate School of Information Science and Engineering Tokyo Institute of Technology , Department of Information Science Faculty of Science University of Tokyo

    コンピュータソフトウェア = Computer software 16(6), 549-561, 1999-11-15

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 参考文献36件 被引用文献4件

  • GUI構築のための数値的な制約階層解消系の機能的改良

    細部 博史

    全国大会講演論文集 第59回(インタフェース), 15-16, 1999-09-28

    情報処理学会

  • WISS '96会議報告

    穴吹 まほろ , 綾塚 祐二 , 細部 博史 , Mahoro Anabuki , Yuji Ayatsuka , Hiroshi Hosobe , 東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻 , 東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻 , 東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻 , Department of Mathematical Engineering and Information Physics Graduate School of Engineering The University of Tokyo , Department of Information Science Graduate School of Science The University of Tokyo , Department of Information Science Graduate School of Science The University of Tokyo

    4年,というとオリンピックやサッカーのワールドカップの開催の周期でもあり,1つの節目と捉える人も多いであろう.その4年目となるWISS(Workshop on Interactive Systems and Software)には61件の投稿論文(採録23件),約80名の参加者が集まった.以下,筑波大学の田中二郎先生をプログラム委員長,富士ゼロックスの伊知地宏氏を運営委員長とし1996年12月4~ …

    コンピュータソフトウェア = Computer software 14(3), 307-310, 1997-05-15

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

ページトップへ