姜 京順 KANG KYOUNG-SUN

ID:9000004350715

釜山外国語大学校コンピュータ電子工学部 Division of Electronic and Computer Engineering, Pusan University of Foreign Studies, Korea (2001年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  5件中 1-5 を表示

  • 時相線形論理型言語のコンパイラ処理系のための抽象機械について

    番原 睦則 , 姜京順 , 田村 直之

    線形論理に基づく論理型言語については,過去10 年間にわたり数多くの言語が提案されている.これらの言語では,リソース(使用回数を制限されたプログラム節)を動的に追加,消費(使用)することが可能である.しかしながら,「リソースを消費する際の時間的順序を正確に記述する」というようなリソースの時間に依存した性質を表現することは困難であった.本稿では,直観主義時相線形論理に基づく論理型言語TLLP の概要 …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 42(SIG11(PRO12)), 52-66, 2001-11-15

    情報処理学会 参考文献20件 被引用文献1件

  • 線形論理型言語のコパイラ処理系のための抽象機械について

    番原 睦則 , 京順 , 田村 直之 , Mutsunori Banbara , Kyoung-Sun Kang , Naoyuki Tamura , 奈良工業高等専門学校 , 釜山外国語大学校(韓国)コンピュータ電子工学部コンピュータ工学科 , 神戸大学工学部情報知能工学科 , Nara National College of Technology , Department of Computer Engineering Division of Electronic and Computer Engineering Pusan University of Foreign Studies , Department of Computer and Systems Engineering Kobe University

    コンピュータソフトウェア = Computer software 18(1), 195-216, 2001-01-15

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 参考文献29件 被引用文献4件

  • 古典線形論理型プログラミング言語の静的解析の一手法について

    姜京順 , 番原 睦則 , 田村 直之

    本稿では古典線形論理に基づいた論理型プログラミング言語の静的解析方法を提案する.線形論理に基づく論理型プログラミング言語としては Lolli,LinLog,LO,Lygon,Forumなどが提案されている.特に,Forumは古典線形論理に対し完全である論理型プログラミング言語である.しかし,Forumのプログラムの証明探索は非決定性が非常に大きいため,静的解析することでプログラムの実行前に証明不可 …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 41(SIG04(PRO7)), 42-55, 2000-06-15

    情報処理学会 参考文献15件 被引用文献2件

  • 直観主義時相線形論理における論理プログラミングについて

    田村 直之 , 平井 崇晴 , 吉川 英男 [他] , 姜京順 , 番原 睦則

    1987年にJ.?Y.Girardによって考え出された線形論理は,環境が動的に変化するソフトウェアを表現するための論理として非常に有望である.しかしながら,線形論理では「動的に変化する環境」を表現することはできるが,「時間経過とともに動的に変化する環境」を表現しきれているとは言えない.これは線形論理には時間の概念が直接的には入っておらず,時間に依存した資源という概念を表現できないからである.そこで …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 41(SIG04(PRO7)), 11-23, 2000-06-15

    情報処理学会 参考文献21件 被引用文献3件

  • 線形論理型言語のJava言語による処理系の設計と実装

    番原 睦則 , 姜京順 , 田村 直之

    フランスの論理学者J -YAG.Girardによって線形論理(Linear Logic)が発表されて以来 プログラミング言語への応用が盛んに研究されている.線形論理に基づく論理型言語については すでにいくつかが提案されている:Lolli Lygon LO LinLog Forum HACL.しかし Java上の処理系が実現されたものはまだ存在していない.これらの言語では 動的に生成 消費 …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 40(SIG10(PRO5)), 1-16, 1999-12-15

    情報処理学会 参考文献16件 被引用文献5件

ページトップへ