酒井 教子 Sakai Noriko

論文一覧:  3件中 1-3 を表示

  • 保育所における職員間や保護者との連携のあり方を考える : 統合保育の事例を通して

    酒井 教子

    本研究の目的は、統合保育の事例を通して職員間の連携や保護者との連携のあり方について明らかにすることである。拙論では、名古屋市の統合保育における未診断の子どもの増加や療育相談の現状について考察した。次に言葉の発達に遅れがある子どもの統合保育の事例を考察し、保育者のコミュニケーションを中心にしたかかわり方を明らかにした。保育者の障害児理解をすすめることによる統合保育の質の向上、統合保育における職員間の …

    人間文化研究 11, 93-106, 2009-06-30

  • 名古屋市における統合保育の課題 : 自閉症児との統合保育の事例を通して考える

    酒井 教子

    本研究の目的は、名古屋市の統合保育の課題について明らかにすることである。名古屋市の障害児保育は、統合保育として積極的に取り組まれてきた。現在、ほとんどの保育所で障害児を受け入れ、障害児と健常児がともに生活することを主たる内容とした統合保育を実施している。拙論では統合保育の課題として、自閉症候群の増加と中度児の増加や軽度発達障害児の増加について提示した。次に自閉症児との統合保育の事例を考察し、保育者 …

    人間文化研究 10, 187-200, 2008-12-23

  • 名古屋市における統合保育の歴史と課題

    酒井 教子

    本研究の目的は、名古屋市保育所の統合保育の歴史をふり返ることにより、名古屋市の障害児保育制度の発展過程と課題について明らかにすることである。まず戦後日本の障害児保育の歴史をぶり返り、統合保育制度の成立過程について考察した。次に名古屋市における障害児保育の経過と制度的発展過程について第1期から第6期に分けて考察した。名古屋市の障害児保育は、統合保育として積極的に取り組まれてきた。現在ほとんどの保育所 …

    人間文化研究 8, 157-171, 2007-12

    CiNii PDF - オープンアクセス 

ページトップへ