山根 泰志 Yamane Yasushi

論文一覧:  18件中 1-18 を表示

  • 九州大学附属図書館における蔵書印画像の収集と公開について

    相部 久美子 , 梶原 瑠衣 , 古賀 京子 , 星子 奈美 , 山根 泰志

    九州大学附属図書館では,近年の図書館員の関心の高まりにより,所蔵資料に押印された蔵書印の画像収集や印主の調査が行われてきた.それらの成果を公開するデータベースとして「蔵書印画像」ブラウズ画面を公開している.本稿は,そうした蔵書印収集と公開による様々な成果や事例を報告し,その意義を示すものである.また,特筆すべき例として,近年発見された,医学史・デザイン上極めて価値の高い「ショイベ文庫」の蔵書票につ …

    九州大学附属図書館研究開発室年報 2016, 1-12, 2017-08

    機関リポジトリ DOI

  • 九州大学附属図書館蔵樋口文庫とその旧蔵者樋口和堂について (岡村繁先生 追悼号)

    浦志 優理子 , 大渕 貴之 , 山根 泰志

    中国文学論集 (44), 180-197, 2015

    機関リポジトリ DOI

  • 幻の国境線 : 廣瀬文庫『背振山堺図』とその周辺

    山根 泰志

    九州大学附属図書館所蔵廣瀬文庫に,現在の福岡県と佐賀県の県境にある背振山における国境を巡って,筑前(福岡藩)と肥前(佐賀藩)が争った際に作成された背振山の絵図(『背振山堺図』)が所蔵されていることが判明した.本稿では,『背振山堺図』の概要等を報告するとともに,その他の廣瀬文庫絵図類も併せて紹介する.

    九州大学附属図書館研究開発室年報, 32-45, 2014

    機関リポジトリ DOI

  • 濱文庫所蔵唱本目録稿(7)

    中里見 敬 , 山根 泰志 , 中尾 友香梨

    九州大学附属図書館濱文庫所蔵の唱本について,これまでに第十二帙までの目録稿を作成した.本稿では引き続き第十三帙の著録を行う.第十三~十五帙はいずれも鉛活字本で,北平刊行唱本のシリーズものが収められている.第十三帙は学古堂刊行で,シリーズ番号がアラビア数字で1から103まで付されている.同じく学古堂刊行の第十四帙は,一から二五五までシリーズ番号が漢数字で記される.さらに第十五帙は泰山堂刊行で,シリー …

    九州大学附属図書館研究開発室年報, 51-68, 2013

    機関リポジトリ DOI

  • 濱文庫所蔵唱本目録稿(6)

    中里見 敬 [編] , 山根 泰志 [編] , 中尾 友香梨 [編]

     九州大学附属図書館濱文庫所蔵の唱本について、これまでに第十一帙までの目録稿を作成した。本稿では引き続き第十二帙に収められる唱本について著録を行う。なお、著録の方針については、「濱文庫所蔵唱本目録稿(一)」(『言語科学』45, 2010)の前言をご参照いただきたい。  第十二帙80冊(ほかに欠本1冊)は西安刊行の唱本である。同じ西安唱本には第八帙13冊があったが、第八帙が刊本であったのに対して、第 …

    言語科学 (48), 95-119, 2013

    機関リポジトリ

  • 濱文庫所蔵唱本目録稿(5)

    中里見 敬 , 山根 泰志 , 李 麗君

    九州大学附属図書館濱文庫所蔵の唱本について,これまでに第十帙までの目録稿を作成した.本稿では引き続き第十一帙の著録を行う.第十一帙には青島および煙台で出版された唱本が,石印本21冊,鉛活字本55冊の計76冊収められている.濱一衛は1936年6月に北平留学から帰国した後,1939年7月より1ヶ月の予定で青島・済南を経て北平を再訪している.したがって,本帙の唱本は1934~1936年の北平留学中に加え …

    九州大学附属図書館研究開発室年報, 51-60, 2012

    機関リポジトリ DOI

  • 濱文庫の概要と現状 : 1930年代を中心とする中国演劇資料の宝庫

    中里見 敬 , 中尾 友香梨 , 山根 泰志

    九州大学附属図書館の濱文庫は,1930 年代を中心とした中国演劇資料のコレクションとして国内屈指のものである.本稿では,中国演劇研究者・濱一衛によるその収集から濱文庫受け入れまでの経緯,濱文庫の特色,電子化を視野に入れた目録やデータベース作成の現状と課題について報告する.

    九州大学附属図書館研究開発室年報, 14-23, 2012

    機関リポジトリ DOI

  • 濱文庫所蔵唱本目録稿(4)

    中里 見敬 [編] , 山根 泰志 [編] , 戚 世雋 [編]

    九州大学附属図書館濱文庫所蔵の唱本について、これまでに第七帙までの目録稿を作成した。本稿では引き続き第八帙から第十帙までに収められる唱本について著録を行う。第八帙13冊は西安刊行の唱本である。そのサイズは縦20.5cm、横14cm程度と、他の唱本が約15cm×10cmであるのと比べてひとまわり大きい。濱一衛は1936年の旅行で西安を訪れていることから、そのときに入手したものと思われる。ただし、その …

    言語科学 -(47), 91-110, 2012

    機関リポジトリ

  • 九州大学所蔵狩野亨吉関係図書について

    大渕 貴之 , 山根 泰志

    中国文学論集 -(40), 148-162, 2011

    機関リポジトリ DOI

  • 濱文庫所蔵唱本目録稿(3)

    中里見 敬 , 山根 泰志 , 戚 世雋

    九州大学附属図書館濱文庫に所蔵される唱本全18帙のうち,第一帙64冊,第二帙99冊については「濱文庫所蔵唱本目録稿(一)」(『言語科学』45, 2010)で,第三帙72冊,第四帙16冊,第五帙23 冊については「濱文庫所蔵唱本目録稿(二)」(『言語科学』46, 2011)で目録を作成した.本稿では第六帙27冊,第七帙23冊について目録を作成する.第六帙は蘇州,第七帙は西安刊行の唱本で,東京大学東洋 …

    九州大学附属図書館研究開発室年報 2010・11, 65-74, 2011

    機関リポジトリ DOI

  • 旧制福岡高等学校蔵書

    山根 泰志

    九州大学六本松地区のキャンパス移転により,中央図書館に移設された六本松図書館旧蔵和装本を調査した結果,旧制福岡高等学校の創設期に寄贈された,漢学者・好古家の旧蔵書が含まれていることが判明した.それらの旧蔵者を特定し,各蔵書の概要と特徴を報告するとともに,その存在意義と今後の整理方針を述べる.

    九州大学附属図書館研究開発室年報 2010・11, 32-41, 2011

    機関リポジトリ DOI

  • 濱文庫所蔵唱本目録稿(2)

    中里見 敬 , 山根 泰志 , 戚 世雋

    前号に掲載した「濱文庫所蔵唱本目録稿(一)」では、九州大学附属図書館濱文庫に所蔵される唱本全18帙から第一帙64冊、第二帙99冊の目録を作成した。本稿では引き続き、第三帙から第五帙に収められる唱本について著録を行う。本稿の対象となる唱本は、北京刊行のもの以外に、上海および鄭州で出版されたものが含まれる点に特徴がある。

    言語科学 (46), 147-166, 2011

    機関リポジトリ

  • 濱文庫所蔵唱本目録稿(1)

    中里見 敬 , 山根 泰志

    九州大学附属図書館濱文庫には、清末から民国時代までの唱本が1053冊(『濱文庫目録』による)ほど所蔵されている。本稿では濱文庫所蔵唱本全18帙のうち、まず第一帙、第二帙について詳細な目録を作成する。

    言語科学 (45), 117-137, 2010

    機関リポジトリ

  • 左氏述作 : 予言・評言

    山根 泰志

    立命館文學 611, 793-843, 2009-03

  • 忘れられた文庫たち--中央図書館所蔵幕末明治期漢学者旧蔵書群

    山根 泰志

    本来はまとまったコレクションでありながら,文庫として別置されずに他の資料と混排されたため,忘れられていた幕末明治期漢学者旧蔵書群の概要を報告し,その存在意義と今後の整理方針を述べる.

    九州大学附属図書館研究開発室年報 2008・09, 27-30, 2009

    機関リポジトリ DOI

  • 左氏述作--年代記

    山根 泰志

    立命館文學 (591), 121-157, 2005-10

  • 左氏述作--春秋学

    山根 泰志

    立命館文學 (587), 356-368, 2004-12

ページトップへ