客野 一樹 KYAKUNO Kazuki

ID:9000014607949

(株)アクセル Axell Co. Ltd. (2013年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  17件中 1-17 を表示

  • ビットシフトと関数テーブルによる平方根の逆数演算器のハードウェア実装とグラム-シュミット直交化への応用(VLSI設計技術とCAD)

    濱田 一喜 , 客野 一樹 , 徳永 隆治

    ポリゴンデータのひずみ幾何圧縮の中で,隣接する三角形からグラム-シュミット直交化によって生成された基底系による変換符号化は一つの効率的な方式である.しかし,グラム-シュミット直交化をハードウェア実装する場合,平方根の逆数を含む正規化処理を必要とするため,多くの実行サイクルが必要となるという問題がある.筆者らは,ソフトウェア実装における算術演算量の観点から,平方根の逆数をビットシフトと関数テーブルで …

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J96-A(9), 631-642, 2013-09-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能 

  • JPEG-LSニアロスレスモードに関する一考察 : GPGPUによるスカラ量子化器の高速化(研究速報)

    柴田 泰晴 , 小島 悠貴 , 客野 一樹 [他] , 徳永 隆治

    筆者らはJPEG-LSのロスレスモードに目的関数を併用したスカラ量子化器を導入したニアロスレス圧縮方式を提案し,これが従来方式よりもRGB空間で高い画品質を実現することを報告した.しかし,同方式はJPEG-LSのニアロスレスモードの処理時間の10倍程度の処理時間を要するという問題がある.本論文ではGPGPUによる並列演算を利用して,同方式の処理を高速化する方法を提案する.

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J96-A(1), 67-70, 2013-01-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献8件

  • 平均縮小された画素に対する最適補間フィルタの構成(研究速報)

    森屋 和喜 , 小島 悠貴 , 客野 一樹 [他] , 徳永 隆治

    平均画素法は高周波成分が減衰する性質をもつが,画像を拡大する際の一般的な画像フィルタではその性質が考慮されていない.本研究では,lanczosフィルタに高周波成分補正を施したフィルタを構成し,画像を拡大する場合の最適補間フィルタを導出する.

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J95-A(12), 822-825, 2012-12-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献4件

  • 三角多項式による平均値保存型画像フィルタの設計(画像)

    小島 悠貴 , 客野 一樹 , 徳永 隆治

    線形補間法の一種である交流成分予測を用いた平均値保存型画像フィルタが提案されている.同手法は画像曲面の構造から幾何的に導出されており,補間に用いる画素数に関する一般的設計方法が与えられていない.本論文は,画像曲面モデルとして三角多項式を導入し,画素数に対して一般化された設計方法を検討する.

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J95-A(11), 773-782, 2012-11-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献13件

  • JPEG-LSニアロスレスモードに関する一考察(研究速報)

    星月 優佑 , 柴田 泰晴 , 客野 一樹 [他] , 徳永 隆治

    近年,映像メディアの高品質化に伴いニアロスレス圧縮が重要となっている.本研究では,JPEG-LSのロスレスモードに対して目的関数を考慮したスカラ量子化を行うニアロスレス圧縮を提案し,JPEG-LSニアロスレスモードよりも高い画品質を実現できることを報告する.

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J94-A(8), 666-668, 2011-08-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献4件 被引用文献1件

  • 交流成分予測に基づく平均値保存型画像フィルタの改良 : デリンギングフィルタによる画像鮮鋭化(研究速報)

    小島 悠貴 , 客野 一樹 , 徳永 隆治

    画像曲面の定常性に注目する一般の画像フィルタによって,輪郭部分を鮮鋭に再現することは困難である.本研究は,適応的画像フィルタの一つであるデリンギングフィルタに注目し,交流成分予測による平均値保存型画像フィルタを改良する.

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J94-A(3), 218-221, 2011-03-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献13件

  • 交流成分予測に基づく階層型無ひずみ画像圧縮方式の応用(研究速報)

    星月 優佑 , 柴田 泰晴 , 客野 一樹 [他] , 徳永 隆治

    画像符号化の一つの要素技術として, 画像ブロックの直流成分を用いて交流成分を予測する方式が研究されている.筆者らはそれらの知見に基づき, グレースケール画像を対象としたプログレッシブ復号が可能なブロック型無ひずみ画像圧縮方式を報告している.本論文はそれに基づき, カラー画像を対象とした性能を評価し, 多階層方式へ拡張する.提案方式の有効性は, JPEG-LS及びJPEG 2000との比較評価で検証 …

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J94-A(2), 138-141, 2011-02-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献12件

  • 交流成分予測に基づく平均値保存型画像フィルタの改良 : オーバ・アンダシュートに起因するひずみの除去(研究速報)

    森屋 和喜 , 小島 悠貴 , 客野 一樹 , 徳永 隆治

    一種の線形補間法である交流成分予測では,近傍ブロック間の平均値の分散が大きい場合,オーバ・アンダシュートに起因するひずみが発生する.本論文は,近傍ブロックの情報を用いたしきい値処理により,交流成分予測に基づく平均値保存型フィルタのひずみを減ずる改良を行う.

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J93-A(6), 433-439, 2010-06-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献13件 被引用文献3件

  • 交流成分予測に基づくブロック型無ひずみ画像圧縮方式の構成(研究速報)

    星月 優佑 , 田中 英智 , 客野 一樹 [他] , 徳永 隆治

    画像符号化の一つの要素技術として,画像ブロックの直流成分を用いて交流成分を予測する方式が研究されている.本論文はその一つである段階的交流成分予測に基づき,プログレッシブ復号が可能なブロック型無ひずみ画像圧縮方式を検討する.提案方式の有効性は,JPEG-LS及びJPEG2000との数値実験によって比較評価される.

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J93-A(3), 222-228, 2010-03-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献15件 被引用文献1件

  • ポリゴンデータ幾何圧縮のための局所変換の実装方式(研究速報)

    長野 寛 , 客野 一樹 , 松本 建太 [他] , 徳永 隆治

    ポリゴンデータのひずみ幾何圧縮の中で,隣接する三角形から生成された基底系による局所変換符号化は一つの効率的な方式である.これらは,基底ベクトルの算出に平方根と除算を含む正規化処理を必要とするため,算術演算量の観点から改良の必要性がある.本研究は,平方根の逆数を関数テーブルとビットシフトで置換する方式を提案し,その有効性を検証する.

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J93-A(3), 207-211, 2010-03-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  機関リポジトリ 参考文献11件

  • 交流成分予測に基づく平均値保存型画像フィルタの改良 : 1係数族による解析(画像)

    小島 悠貴 , 森屋 和喜 , 星月 優佑 [他] , 客野 一樹 , 徳永 隆治

    バイキュービックフィルタ等,従来の画像フィルタでは,拡大対象画像の画素が拡大後の画素と1:1対応する場合にのみ,その画素値が保存される.他方,交流成分予測に基づき,画素値を対応する領域の平均画素値として保存する平均値保存型フィルタを構成することができる.本研究は,八つの十字近傍ブロックを用いる予測式の1係数族を解析し,更に再現性の高い方式を提案する.

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J92-A(12), 999-1008, 2009-12-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献12件 被引用文献3件

  • 交流成分予測に基づく平均値保存型画像フィルタの構成(研究速報)

    森屋 和喜 , 星月 優佑 , 小島 悠貴 [他] , 客野 一樹 , 徳永 隆治

    画像圧縮の要素技術として,画像ブロックの直流成分からブロック上の画素値を推定する交流成分予測が研究されている.本論文では,同方式に基づき,並列処理を可能とし,任意倍率で拡大画像を生成する平均値保存型フィルターを検討する.提案方式は,バイリニアフィルタ及びバイキュービックフィルタと数値評価によって比較される.

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J92-A(9), 644-650, 2009-09-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献11件 被引用文献4件

  • ブロック中心値補正及び直流成分保存型フィルタによる交流成分予測の改良(研究速報)

    星月 優佑 , 田中 英智 , 客野 一樹 [他] , 徳永 隆治

    画像符号化の一つの要素技術として,画像ブロックの直流成分を用いて交流成分を予測する方式が研究されている.本論文は,その一つである段階的交流成分予測を(1)ブロック中心値補正(2)直流成分保存型フィルタの二つの観点で改良する.提案方式は,数値評価及び主観評価によって比較評価される.

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J92-A(1), 62-66, 2009-01-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献16件 被引用文献8件

  • 音響信号エンコーダにおける関数テーブルの省メモリ化(研究速報)

    客野 一樹 , 徳永 隆治

    種々のディジタル音響信号エンコーダにおける周波数変換は,高速修正離散コサイン順変換によって実装されており,回転子として正弦・余弦関数値を,窓関数として初等関数の合成関数値を用いている.一般に,これらの関数値は離散化・標本化されて関数テーブルとしてROMに格納されており,エンコーダの回路規模を増加させる要因となっている.本論文では,関数値の計算にビットシフトによる巡回型複素正弦波発生機構及び二次差分 …

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J91-A(9), 909-914, 2008-09-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献17件

  • 音響信号デコーダにおける関数テーブルの省メモリ化(電気音響,音響一般)

    客野 一樹 , 徳永 隆治

    種々のディジタル音響信号デコーダにおける周波数逆変換は,高速修正離散コサイン逆変換によって実装されており,回転子として正弦・余弦関数値を,窓関数として初等関数の合成関数値を用いている.一般に,これらの関数値は離散化・標本化されて関数テーブルとしてROMに格納されており,デコーダの回路規模を増加させる要因となっている.本論文では,関数値の計算に巡回型複素正弦波発生機構及び二次差分予測符号化を適用し, …

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J90-A(10), 735-741, 2007-10-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献16件 被引用文献1件

  • ビットシフトによる巡回型ディジタル正弦波発生機構の性能改善 : 実行サイクル数の削減(研究速報)

    客野 一樹 , 徳永 隆治

    種々のディジタル回路に利用できる単純な漸化式に基づく巡同型発生機構が検討されている.筆者らは,ビットシフトを用いることで,漸化式方式の回路規模を半分以下に減ずる方式を提案したが,高精度の正弦波出力においては,51[MHz]以上のクロック周波数による実装が必要となる.そこで,本論文は,複素正弦波発生機構に注目し,同方式の実行サイクル数を4分の1に削減する改良方式を提案し,複素正弦波発生機構としての性 …

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J90-A(4), 330-334, 2007-04-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献8件 被引用文献2件

  • 巡回型ディジタル正弦波発生機構に関する考察 : ビットシフトによる回路規模の低減(研究速報)

    客野 一樹 , 徳永 隆治

    種々のディジタル回路においては,ROMテーブルによって実装された正弦波発生機構が一般的であるが,漸化式による巡回型正弦波発生機構も検討されている.本論文は,FPGAによる実験により,近似精度に対する回路規模において,両方式の比較を行う.また,ビットシフトを用いて更に回路規模を減ずる方式を提案し,これが実用において許容される実行サイクル数を満足することを示す.

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J90-A(2), 165-169, 2007-02-01

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献7件 被引用文献3件

ページトップへ