小林 顕彦

ID:9000020111178

京都府立医科大学・第三内科 Third Department of Internal Medicine, Kyoto Prefectural University of Medicine, Kyoto (1976年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Right sided colitisの病型を呈した潰瘍性大腸炎の一例:排便機構に関連して

    多田 正大 , 小林 顕彦 , 徳岡 武夫 , 川崎 栄明 , 谷沢 義弘 , 白木 東洋彦

    潰瘍性大腸炎は慢性の経過をとるび漫性の炎症性疾患であるが,本症が定型的な病像・経過をとる場合にはその診断は比較的容易であるが,非定型的な場合にはその診断は難しいことも多い。殊にright sided colitisやsegmental colitisの病型を呈する場合には,本症とCrohn病,結核等との異同が問踵になる。<BR>20歳・女性にみられた全大腸及び回腸終末部に及ぶ定型的な本 …

    日本大腸肛門病学会雑誌 29(3), 190-194,257, 1976

    J-STAGE

ページトップへ