松野 裕 MATSUNO Yutaka

ID:9000045430943

電気通信大学 University of Electro-Communications (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  28件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • アシュアランスケース構築のための議論合成法 (知能ソフトウェア工学)

    高井 利憲 , 木藤 浩之 , 松野

    近年,安全性に関係するシステムやソフトウェアにおいては,リスクに関する議論を記述したアシュアランスケースを求められることが多くなってきている.今後,システムのコンポーネント毎や開発プロセスのフェーズ毎にアシュアランスケースを記述し,それを合成しながらアシュアランスケースを記述することが求められると予想される.本稿では,まず議論の合成に求められる性質を整理する.次に,GSNで記述された議論によって表 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(501), 59-64, 2015-03-05

  • システムアシュアランス演習の実践報告 (知能ソフトウェア工学)

    高井 利憲 , 松野

    システムアシュアランスとは,システムやソフトウェアのリスクに関する性質について,証拠に裏付けされた信用を与える活動である.本稿では,学生の限られた時間の中で効果的にシステムアシュアランスの意義や技術を習得できるよう(1)対象システムを自らの研究テーマとする,(2)システムの実装を含まない,(3)アシュアランスケースの記述とその評価を最終目標とする,という特徴をもつ演習を設計し,実施した結果について …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(420), 7-11, 2015-01-26

  • ACCシステムを対象としたアシュアランスケース適用実験 (知能ソフトウェア工学)

    松野

    アシュアランスケースは安全性保証の手段として欧米、特にイギリスで広く用いられており、注目を集めている。しかしながら特に日本では本格的な実用化がはじまったばかりであり、多くの課題がある。本発表では、ACC(Auto Cruise Control)Systemを例にとり、モデルベース開発におけるアシュアランスケースの適用実験の途中経過を報告する。

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(277), 49-52, 2013-11-01

  • ASSURE2013参加報告

    松野

    2013 年 5 月に IEEE ICSE と併催された国際ワークショップ ASSURE2013 (International Workshop on Assurance Cases for Software-intensive Systems) の報告を行う.We report ASSURE 2013(International Workshop on Assurance Cases for S …

    研究報告ソフトウェア工学(SE) 2013-SE-181(12), 1-5, 2013-07-10

    情報処理学会

  • D-Caseを利用したゴール分析プロセスの提案 (知能ソフトウェア工学)

    宇都宮 浩之 , 山本 修一郎 , 松野 [他] , 中澤 輝幸 , 山本 佳和

    システムを開発するには達成すべきゴールを明確化,詳細化してシステム要求を定義する必要がある.ゴールをシステム要求に変換するプロセスはゴール分析と呼ばれ,最終ゴール達成のために必要なサブゴールに分解することを指す.ゴール分析では上位ゴールをAND/OR関係で分解していくが,ゴール阻害要因から新たなサブゴールを定義することはない.本論文では上記補強のため,ゴール分析図にD-Caseを組合せたプロセスを …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(71), 49-54, 2013-05-30

    機関リポジトリ

  • アシュアランスケースツールへのプログラミング言語技術の適用 (知能ソフトウェア工学)

    松野 , 山本 修一郎

    システム保証のための手法・ドキュメントとしてアシュアランスケースが注目を集めている。アシュアランスケースのグラフィカルな表記法としてGSN(Goal Structuring Notation)などが提案されており、いくつかのツールが開発されている。しかしGSNの定義は、曖昧なところが多く、より高度なツールの機能の実装が困難である。本論文では、GSNの標準的な定義であるGSN Community S …

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(496), 73-78, 2013-03-14

    機関リポジトリ

  • ディペンダビリティケース分解パターンについての考察 (知能ソフトウェア工学)

    山本 修一郎 , 松野

    ディペンダビリティケースがシステムの安全性や説明責任を保証する方法として注目されている.このため,ディペンダビリティケースでの議論分解を効果的に扱うために議論分解パターンが提案されている.しかし,議論分解パターンの具体的な内容の詳細については必ずしも明確ではなかった.また,既存の分解パターンだけでは,実際にディパンダビリティケースを作成する上では十分ではないという問題があった.このため,本報告では …

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(496), 67-72, 2013-03-14

    機関リポジトリ

  • ディペンダビリティケース用語構成規則の適用評価 (知能ソフトウェア工学)

    松村 昌典 , 松野 , 山本 修一郎

    ディペンダビリティケースで使用されている用語を統一的に構成する規則の有用性を評価するために実施した適用評価例とその考察について述べる.

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(496), 61-66, 2013-03-14

    機関リポジトリ

  • ディペンダビリティケース用語構成規則の提案 (知能ソフトウェア工学)

    松村 昌典 , 松野 , 山本 修一郎

    ディペンダビリティケースを作成するための図式表記法か提案されているしかし,ディペンダビリティケースて使用されている用語か統一されていないという問題かあるこのため本稿ては,ディペンダビリティケース用語を統一的に構成する規則を提案する.

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(419), 29-34, 2013-01-28

    機関リポジトリ

  • ユースケース分析に基づくディペンダビリティケース作成法の提案 (知能ソフトウェア工学)

    松野 , 山本 修一郎

    ティペンタヒリティケースかシステムの安全性や説明責任を保証する方法として圧目されているしかし,これまてのティペンダヒリティケースてはユースケース分析を効果的に扱う方法か明確てはなかったこのため,本報告ては,ユースケースを構成する記述項目とティペンタヒリティケースの構成要素との対応関係を明確化することにより,ティペンタヒリティケースを作成する手法を提案する.

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(419), 19-24, 2013-01-28

    機関リポジトリ

  • ディペンダビリティ用語辞書構築方法の提案

    松村 昌典 , 松野 , 山本 修一郎

    ディペンダビリティケースを作成するための図式表記法が提案されている.しかし,ディペンダビリティケースの図式要素の名標ならびに名標間の関係を定義するための用語辞書については明確ではなかった.このため本稿ではディペンダビリティ用語辞書の構築方法を提案する.

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(314), 115-120, 2012-11-22

    機関リポジトリ

  • TOGAF NEXTに対するADMプロセステンプレートの提案

    徳野 達也 , 松野 , 山本 修一郎

    TOGAFでは,ディペンダビリティ概念を包含するTOGAFの次期版TOGAF NEXTを開発中である.本稿では,前回の提案手法の問題点を改善する手法を提案し,実際にディペンダビリティケースを作成することで,その改善手法の有用性を確認する.そしてTOGAF NEXTにおけるアーキテクチャ開発プロセス(ADM)に対するディペンダビリティの確認を容易化するテンプレートを提案する.

    電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学 112(314), 103-108, 2012-11-15

    機関リポジトリ 参考文献7件 被引用文献1件

  • ディペンダビリティケースへの責任属性の導入法の検討

    山本 修一郎 , 松野

    ディペンダビリティケースがシステムの安全性や説明責任を保証する方法として注目されている.しかし,これまでのディペンダビリティケースでは担当者の責任分担を明示的に扱う方法が明確ではなかった.このため,本報告では,ディペンダビリティケースを構成するノート集合に対して責任属性を持たせることにより,担当者の役割を明確化する手法を提案する.

    電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学 112(314), 85-90, 2012-11-15

    機関リポジトリ 参考文献33件

  • ディペンダビリティ・コンテクストの推定手法の提案

    高間 翔太 , 松野 , 山本 修一郎

    近年、システムのディペンダビリティを保証するための研究が進められており、様々なシステムを対象にしたアシュアランスケースの作成が進められている。しかし、それらの記述されたアシュアランスケースが妥当であるかどうかを確認することは、未だ解決すべきことが多い。そこで、本稿では与えられたアシュアランスケースからコンテクストを推定する手法を提案する。具体的には、現在記述を進めている、スーパーコンピュータの運用 …

    電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学 112(314), 25-30, 2012-11-15

    機関リポジトリ 参考文献12件 被引用文献1件

  • アシュアランスケース構築法の提案

    松野 , 高井 利憲 , パトゥー ヴァイセ [他] , 山本 修一郎

    アシュアランスケースがシステムのディペンダビリティを保証する手法として注目を集めている。しかし一般の技術者にわかりやすいアシュアランスケースの構築法は特に日本ではあまり知られていない。本稿では、一般の技術者および大学生などを対象としたアシュアランスケースの構築法を提案する。またその有効性を学生への模擬実習において評価を行う。

    電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学 112(314), 13-17, 2012-11-15

    機関リポジトリ 参考文献9件 被引用文献1件

  • D-Case を用いたユビキタス・センサネットワーク管理ツール

    中澤 仁 , 松野 , 徳田 英幸

    ユビキタス・センサネットワーク(USN)が,高層ビル等の建築物モニタリングや,人の与薬管理など,それが停止すれば人の生命や財産の喪失につながりかねないクリティカルな用途に用いられつつある.したがって,USNの動作を監視し,障害発生時にそれを検出し,迅速に対処するためのシステムサポートが必須である.しかし,USNは無線センサノード,データベースサーバ,ネットワーク装置など様々な要素で構成されており, …

    電子情報通信学会論文誌. B, 通信 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B 95(11), 1446-1460, 2012-11-01

    参考文献26件

  • Modular GSNの定式化

    猿渡 卓也 , 松野 , 星野 隆 [他] , 山本 修一郎

    システムの安全性などを保証する手段として,Assurance Caseが注目されている.Assurance Caseの記法として,Assurance CaseのModule化を可能とするModular GSNが提唱されているが,明確に定義されていない.このため,本稿では,Modular GSNを形式的に定義することを試みる.

    電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学 112(165), 151-156, 2012-07-20

    機関リポジトリ 参考文献11件 被引用文献2件

  • エンタープライズ・アーキテクチャに対するディペンダビリティケース作成法の提案

    徳野 達也 , 松野 , 山本 修一郎

    複雑化した情報システムのディペンダビリティを保証することは難しく,またそのディペンダビリティを保証する方法について明確になっていない.組織内の複数の情報システムを最適化するための手法としてエンタープライズ・アーキテクチャが注目されている.そこでエンタープライズ・アーキテクチャのディペンダビリティを保証することは有用である.本稿では,代表的なTOGAFを対象とし,エンタープライズ・アーキテクチャのデ …

    電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学 112(165), 145-150, 2012-07-20

    機関リポジトリ 参考文献7件

  • ディペンダビリティケース作成法に関する一考察

    山本 修一郎 , 松野

    システムの安全性や可用性を保証するために,ディペンダビリティケースが注目されている.しかし,ディペンダビリティケースの作成法についての明確な手順や記述上のガイドラインについては必ずしも明確ではなかった.本稿では,まずディペンダビリティケース作成上の課題を明らかにする.次いで課題に対する取り組み方針について述べる.

    電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学 112(165), 61-66, 2012-07-20

    機関リポジトリ 参考文献28件 被引用文献1件

  • アシュアランスケースへの構造化文書の適用に関する調査

    松野 , パトゥ ヴァイセ , 山本 修一郎

    安全性などの分野において、近年アシュアランスケースと呼ばれる手法が普及している。アシュアランスケースはシステムの安全性などを、エビデンスを元に議論するためのドキュメントであり、表記法としてGSN(Goal Structuring Notation)などが使われている.しかしGSNなどで書かれたアシュアランスケースは弱く構造化された自然言語で記述するため、システムが複雑化されるにつれ記述や管理が困難 …

    電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学 112(165), 49-54, 2012-07-20

    機関リポジトリ 参考文献29件 被引用文献1件

  • 1 / 2
ページトップへ