森友 禅史 MORITOMO Atsushi

ID:9000045470921

大阪大学大学院 情報科学研究科 Dept. of Bioinformatic Engineering, Graduate School of Infomation Science and Technology, Osaka University (2006年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  4件中 1-4 を表示

  • 第一階述語論理のサブクラスを利用したブール関数レベルの等値性判定手法

    森友 禅史 , 浜口 清治 , 柏原 敏伸

    近年の半導体回路の大規模化,複雑化に伴い,その設計検証にはより一層の時間と資源が必要となっている.2つの設計間での等価性判定は,典型的な設計検証問題の1つである.設計検証では一般にシミュレーションが主流だが,等価性判定に関しては形式的検証手法の利用が普及しつつある.ブール関数レベルでの形式的な等価性判定を考えると,その検証には膨大な時間と資源がかかる.そこで,第一階述語論理を利用し検証コストを削減 …

    情報処理学会研究報告システムLSI設計技術(SLDM) 2006(4(2006-SLDM-123)), 49-54, 2006-01-17

    情報処理学会 参考文献12件

  • 第一階述語論理のサブクラスを利用したブール関数レベルの等価性判定手法

    森友 淳史 , 浜口 清治 , 柏原 敏伸

    近年の半導体回路の大規模化, 複雑化に伴い, その設計検証にはより一層の時間と資源が必要となっている.2つの設計間での等価性判定は, 典型的な設計検証問題の1つである.設計検証では一般にシミュレーションが主流だが, 等価性判定に関しては形式的検証手法の利用が普及しつつある.ブール関数レベルでの形式的な等価性判定を考えると, その検証には膨大な時間と資源がかかる.そこで, 第一階述語論理を利用し検証 …

    電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム 105(516), 49-54, 2006-01-11

    参考文献24件

  • 第一階述語論理のサブクラスを利用したブール関数レベルの等価性判定手法

    森友 淳史 , 浜口 清治 , 柏原 敏伸

    近年の半導体回路の大規模化, 複雑化に伴い, その設計検証にはより一層の時間と資源が必要となっている.2つの設計間での等価性判定は, 典型的な設計検証問題の1つである.設計検証では一般にシミュレーションが主流だが, 等価性判定に関しては形式的検証手法の利用が普及しつつある.ブール関数レベルでの形式的な等価性判定を考えると, その検証には膨大な時間と資源がかかる.そこで, 第一階述語論理を利用し検証 …

    電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術 105(514), 49-54, 2006-01-11

    参考文献24件 被引用文献1件

  • 第一階述語論理のサブクラスを利用したブール関数レベルの等価性判定手法(FPGAとその応用及び一般)

    森友 淳史 , 浜口 清治 , 柏原 敏伸

    近年の半導体回路の大規模化, 複雑化に伴い, その設計検証にはより一層の時間と資源が必要となっている.2つの設計間での等価性判定は, 典型的な設計検証問題の1つである.設計検証では一般にシミュレーションが主流だが, 等価性判定に関しては形式的検証手法の利用が普及しつつある.ブール関数レベルでの形式的な等価性判定を考えると, その検証には膨大な時間と資源がかかる.そこで, 第一階述語論理を利用し検証 …

    電子情報通信学会技術研究報告. RECONF, リコンフィギャラブルシステム 105(517), 49-54, 2006-01-10

    参考文献12件

ページトップへ