中島 雄大 NAKAJIMA Takehiro

ID:9000045548670

早大・理工 Waseda Univ. (1999年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  5件中 1-5 を表示

  • マルチバンド型音声認識のための部分帯域特徴量の情報量評価

    中島 雄大 , 大川 茂樹 , 白井 克彦

    本稿では,マルチバンド型音声認識の性能向上および適用可能性の検討を目的とし,部分周波数帯域より得られる特徴量の情報量を基準とした評価方法を提案する.部分帯域システムを設計する場合に検討すべき種々の構成要素の中で本稿では特に部分帯域の分割周波数に着目し,その違いにより得られる特徴量の条件付エントロピーと認識性能との相関を考察する.提案した評価方法に基づき,最適な分割周波数を設定した上で音素認識実験を …

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 99(525), 25-30, 1999-12-20

    参考文献9件

  • マルチバンド型音声認識のための部分帯域特徴量の情報量評価

    中島 雄大 , 大川 茂樹 , 白井 克彦

    本稿では,マルチバンド型音声認識の性能向上および適用可能性の検討を目的とし,部分周波数帯域より得られる特徴量の情報量を基準とした評価方法を提案する.部分帯域システムを設計する場合に検討すべき種々の構成要素の中で本稿では特に部分帯域の分割周波数に着目し,その違いにより得られる特徴量の条件付エントロピーと認識性能との相関を考察する.提案した評価方法に基づき,最適な分割周波数を設定した上で音素認識実験を …

    電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション 99(523), 25-30, 1999-12-20

    参考文献9件

  • マルチバンド型音声認識のための部分帯域特徴量の情報量評価

    中島 雄大 , 大川 茂樹 , 白井 克彦

    本稿では,マルチバンド型音声認識の性能向上および適用可能性の検討を目的とし,部分周波数帯域より得られる特徴量の情報量を基準とした評価方法を提案する.部分帯域システムを設計する場合に検討すべき種々の構成要素の中で,本稿では特に部分帯域の分割周波数に着目し,その違いにより得られる特徴量の条件付エントロピーと認識性能との相関を考察する.提案した評価方法に基づき,最適な分割周波数を設定した上で音素認識実験 …

    情報処理学会研究報告音声言語情報処理(SLP) 1999(108(1999-SLP-029)), 25-30, 1999-12-20

    情報処理学会 参考文献9件 被引用文献1件

  • 情報量を基準としたモンゴル語主要二大方言の音響特徴の分析

    伊 達瓦 , 中島 雄大 , 白井 克彦 , 大川 茂樹

    日本音響学会研究発表会講演論文集 1999(2), 119-120, 1999-09-01

    参考文献2件

  • 方言間の差異を考慮したモンゴル語音声ベータベースの構築

    伊 達瓦 , 大川 茂樹 , 中島 雄大 , 白井 克彦

    日本音響学会研究発表会講演論文集 1998(2), 173-174, 1998-09-01

    参考文献3件

ページトップへ