後藤 若菜 GOTOU Wakana

ID:9000045706790

日本信号株式会社 研究開発センター Reseaich & Development Center, THE NIPPON SIGNAL CO.,LTD. (2002年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  3件中 1-3 を表示

  • 旅行時間収集における車両位置データ量削減方法-車両位置検索システムの応用-

    後藤 若菜 , 三宮 肇

    車両位置検索システムは,車両のリアルタイムな走行位置が連続的にわかるので,旅行時間収集に応用することができる.精度の高い旅行時間を収集するためには,多くの車両の位置データを必要とする.しかし,車両の位置データの増加は,車両から情報センターへの通信費用が増えるなどの問題が生じる.そこで本稿では,車両位置のデータ量を削減するための方法について検討する.本方法は,各時刻における車両の位置と速度をそれぞれ …

    情報処理学会研究報告高度交通システム(ITS) 2002(21(2001-ITS-008)), 15-20, 2002-03-05

    情報処理学会 参考文献7件

  • 旅行時間収集における車両位置データ量削減方法 : 車両位置検索システムの応用

    後藤 若菜 , 三宮 肇

    車両位置検索システムは,車両のリアルタイムな走行位置が連続的にわかるので,旅行時間収集に応用することができる.精度の高い旅行時間を収集するためには,多くの車両の位置データを必要とする.しかし,車両の位置データの増加は,車両から情報センターへの通信費用が増えるなどの問題が生じる.そこで本稿では,車両位置のデータ量を削減するための方法について検討する.本方法は,各時刻における車両の位置と速度をそれぞれ …

    電子情報通信学会技術研究報告. ITS 101(675), 15-20, 2002-02-26

    参考文献7件 被引用文献3件

  • 列車のための線路容量の算出方法に関する一検討 (通信,一般)

    後藤 若菜 , 都築 貴之 , 水谷 克也 [他] , 吉岡 忠彦 , 河野 隆二

    近年、ITSの技術を列車に応用するという動きが注目されている。本稿では通信のトラフィックと列車のトラフィックの類似性を利用して、情報理論的視点から通信路容量の算出方法を用いて列車における線路容量を算出する。制御の精度を表す評価量を使うことによって、制御を考慮した線路容量を求めることができる。本稿では、制御のずれが正確であるほど線路容量は大きくなることを提案する算出方法を用いて容量を求めることによっ …

    電子情報通信学会技術研究報告 100(75), 1-6, 2000-05-23

ページトップへ