ヨハンドリ YOHANDRI

ID:9000045821678

千葉大学環境リモートセンシング研究センター Physics Department, State University of Padang:Center for Environmental Remote Sensing, Chiba University (2012年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  2件中 1-2 を表示

  • 合成開ロレーダ用非一様型円偏波パッチアレーアンテナの開発

    ヨハンドリ , ヨサファット・テトォコ スリ・スマンティヨ

    現在、千葉大学環境リモートセンシング研究センターヨサファットマイクロ波リモートセンシング研究室では、無人航空機(UAV)と小型衛星用のLバンド(1.27GHz)の円偏波合成開口レーダ大(CP-SAR)センサーを開発している。将来、このCP-SARセンサが土地被覆マッピング、災害監視、積雪、海洋マッピング等などのために活用する予定である。このCP-SAR画像の品質を維持するために、低サイドローブレベ …

    電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス 112(330), 27-30, 2012-11-23

    参考文献8件

  • 円偏波合成開口レーダ(CP-SAR)搭載無人航空機の設計開発

    ヨハンドリ , フィルマンシャー イマン , リズキ・アクバル フリランド [他] , スリ・スマンティヨ ヨサファット・テトォコ , 久世 宏明

    ファラデー回転が電離層におけるマイクロ波の伝搬伝搬に影響を与える。特に、人工衛星に搭載する直線偏波のシステムに大きく影響を与える。このファラデー回転の影響を軽減させるために、千葉大学環境リモートセンシング研究センターヨサファット研で新型円偏波合成開口レーダ(CP-SAR)を開発している。このCP-SARセンサは小型衛星に搭載し、2014年度に打上げする予定である。このセンサは土地被覆マッピング、災 …

    電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス 110(173), 11-16, 2010-08-18

    参考文献13件

ページトップへ