東 正訓 Higashi Masanori

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 国政選挙における労働組合員の投票行動の一貫性と非一貫性 : 2009年衆院選と2010年参院選の場合

    正訓

    各政党の支持の固さを示す指標(歩留まり率)として、前回の選挙で投票した政党への投票者のうち次回の選挙で同じ政党に投票した人の比率を、2009年衆院選と2010年参院選時に収集したデータから算出した。民主党が政権交代をなしとげた2009年の衆院選以前の2005年衆院選時から、組合員の民主党への支持の固さの指標である歩留まり率が90%に届かんとする高水準を保ってきたことが明らかにされた。しかし、民主党 …

    追手門学院大学心理学部紀要 6, 67-93, 2012-03-01

ページトップへ