安藤 類央

論文一覧:  2件中 1-2 を表示

  • 仮想化技術による安全なファイルアクセスログ外部保存機構

    安藤類央 , 橋本 正樹 , 山内 利宏

    近年,計算機が攻撃を受けた後で,その被害を抑制する技術や被害を確実に把握する技術の重要性が高まっており,仮想化技術によりゲストOSの挙動を観測することで,汎用OSの安全性を高める研究がさかんに行われている.しかしながら,ゲストOSの観測については,計算機に被害を与えるマルウェアの解析の高粒度化のためにメモリ検査が行われる場合がほとんどであり,重要な観測項目であるファイルアクセスを捕捉するための手法 …

    情報処理学会論文誌 54(2), 585-595, 2013-02-15

    情報処理学会

  • 情報セキュリティ向上に向けたOS研究の動向

    橋本 正樹 , 安藤 類央 , 前田 俊行 [他] , 田中 英彦

    近年,情報システムが社会基盤化しているため,そのセキュリティ耐性向上が急務であるが,一方で,セキュリティ・インシデントの発生数は年々増加している現実がある.本稿では,情報セキュリティを担保する最も基礎的なソフトウェアとしてOSを位置付け,参照モニタの設計要件と対応付けながら,特に,仮想化技術,OSプログラムの検証技術,アクセス制御技術に焦点をあてて近年の研究動向を紹介する.また,各技術について,今 …

    情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS) 5(2), 51-62, 2012-03-22

    情報処理学会

ページトップへ