安達 翔平 Shohei Adachi

ID:9000045848172

早稲田大学 (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  5件中 1-5 を表示

  • 半透明物体における曲率と透過度合の相関分析 (マルチメディア・仮想環境基礎)

    岡本 翠 , 安達 翔平 , 久保 尋之 [他] , 向川 康博 , 森島 繁生

    本研究では,半透明物体の内部で生じる光線の表面下散乱現象の解析を目的として,物体表面の曲率と表面下散乱現象との相関を検討する.コンピュータグラフィックス分野では,画像の生成を目的として表面下散乱現象のモデル化が積極的に行われてきたが,物理ベースの光学シミュレーションは計算負荷が高いため,このようなモデルを用いて画像の解析を行うことは非常に困難である.そこで本研究は,表面下散乱現象のモデルとして,計 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(410), 147-152, 2015-01-22

  • 半透明物体における曲率と透過度合の相関分析 (パターン認識・メディア理解)

    岡本 翠 , 安達 翔平 , 久保 尋之 [他] , 向川 康博 , 森島 繁生

    本研究では,半透明物体の内部で生じる光線の表面下散乱現象の解析を目的として,物体表面の曲率と表面下散乱現象との相関を検討する.コンピュータグラフィックス分野では,画像の生成を目的として表面下散乱現象のモデル化が積極的に行われてきたが,物理ベースの光学シミュレーションは計算負荷が高いため,このようなモデルを用いて画像の解析を行うことは非常に困難である.そこで本研究は,表面下散乱現象のモデルとして,計 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(409), 147-152, 2015-01-22

  • 半透明物体における曲率と透過度合の相関分析

    岡本 翠 , 安達 翔平 , 久保 尋之 , 向川 康博 , 森島 繁生

    本研究では,半透明物体の内部で生じる光線の表面下散乱現象の解析を目的として,物体表面の曲率と表面下散乱現象との相関を検討する.コンピュータグラフィックス分野では,画像の生成を目的として表面下散乱現象のモデル化が積極的に行われてきたが,物理ベースの光学シミュレーションは計算負荷が高いため,このようなモデルを用いて画像の解析を行うことは非常に困難である.そこで本研究は,表面下散乱現象のモデルとして,計 …

    研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM) 2015-CVIM-195(26), 1-6, 2015-01-15

    情報処理学会

  • 実計測による半透明物体の反射関数推定とリアルタイムレンダリング

    岡本 翠 , 安達 翔平 , 宇梶 弘晃 , 岡見 和樹 , 森島 繁生

    様々な CG コンテンツにおいて,半透明物体を写実的に表現することは重要である.本研究では,実測データをもとに曲率と光の透過度合を関連付け,半透明物体を高速に描画する手法を提案する.様々な半径の半透明球に光を照射し,球の法線と光源方向の成す角に対する輝度値の変化を実測する.さらに,球の法線と視点方向の成す角に対する輝度分布を分析することにより,半透明物体における光の指向性が与える影響を考察する.実 …

    研究報告グラフィクスとCAD(CG) 2014-CG-154(3), 1-7, 2014-02-13

    情報処理学会

  • Perlin noiseを用いた短繊維生成法による埃の高速描画手法

    安達 翔平 , 宇梶 弘晃 , 小坂 昂大 , 森島 繁生

    埃の表現は,物体の経年変化の描画を写実的に行う重要な要素である.本研究では,埃が短繊維の集合であることに着目し, UV 平面上で点をランダムに運動させ,その軌跡を描画することにより,埃の無秩序な短繊維の形状を表現するテクスチャの生成を行った.そして、テクスチャを階層状に積層させ,高速に描画する Shell 法を用いることで,従来法において実現し得なかった繊維構造由来の立体表現,及び短繊維のリアルタ …

    研究報告グラフィクスとCAD(CG) 2013-CG-150(6), 1-7, 2013-02-11

    情報処理学会

ページトップへ