奥村 弥生 Okumura Yayoi

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 情動の抑制と統制可能感による二次元表出統制モデルの検討-情動への評価との関連から-

    奥村 弥生

    本研究では,情動の抑制と統制可能感という二つの次元から捉えた表出統制モデルを提示し,情動への評価との関連を通して検討を行った。大学生186 名に質問紙調査を行った。分析の結果,怒りの場合は,統制可能感が高いと情動への否定的評価が低く,肯定的評価が高いことが示された。悲しみの場合は,男性の場合に抑制と統制可能感の交互作用が認められた。抑制が高い場合に,統制可能感が低い方(出せない)が高い方(出さない …

    山梨英和大学紀要 10, A59-A68, 2011

    CiNii PDF - オープンアクセス 

ページトップへ