荒木 浩子 Araki Hiroko

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 攻撃性と自我のあり方の関連 : ロールシャッハ・テスト事例からの一考察

    荒木 浩子

    一般に攻撃はその個人に内蔵されたエネルギーが外部の対象に向かって突出する現象であり (桜井,1984)、その内的過程が攻撃性である。攻撃性の表出は、エネルギーの放出であり、その形態は様々である。よって攻撃性が生まれてからのプロセスは個人によって様々であり、そのプロセスを個人がどのように辿り処理していくかということが重要であろう。 荒木 (2007) は、設定された場面においてどのような反応を取るか …

    追手門学院大学心理学部紀要 2, 1-15, 2008-03-01

ページトップへ