荒木 浩子 Araki Hiroko

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 心に「おさめる」過程の研究方法についての検討

    荒木 浩子

    さまざまな感情を体験するとき、その心には動揺が起き、ときには普段の自分を凌駕するような体験になる。このような状態が長く続くことは、大きな負担となる体験である。不快な気分は強ければ強いほど、また長く続けば続くほど苦しいものである。人は通常そのような状態を元の平静な状態にしようとする動きを起こす。これを本研究での「おさめる」動きであるとする。 怒りの感情体験に対する、人それぞれのさまざまな揺れ動きとそ …

    追手門学院大学心理学部紀要 6, 1-12, 2012-03-01

ページトップへ