中村 真二郎 NAKAMURA S.

ID:9000045922186

鹿児島大学工学部情報工学科 Department of Information and Computer Science, Faculty of Engineering, Kagoshima University (1997年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  3件中 1-3 を表示

  • 変化や運動をコードする網膜出力ニューロンの受容野の時空間構造

    金谷 尚秀 , 園畠 将一 , 木下 真知 , 松延 広幸 , 中村 真二郎 , 内山 博之

    鳥類の網膜神経節細胞(RGC)の受容野の時空間構造を解析した. 記録したRGCの大部分を占めるon-off RGCでは刺激光のon-set時に反応を示すon領域とoff-set時に反応を示すoff領域は一致していた. また方向選択性を示すRGC(DS RGC)を含めた大部分のRGCでは反応時間内にon, off領域ともに移動しなかった. 受容野の周辺には抑制野が存在し, 抑制野への刺激は受容野への …

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 96(501), 149-153, 1997-01-25

    参考文献9件 被引用文献2件

  • 変化や運動をコードする網膜出力ニューロンの受容野の時空間構造

    金谷 尚秀 , 園畠 将一 , 木下 真知 , 松延 広幸 , 中村 真二郎 , 内山 博之

    電気学会研究会資料. CS, 化学センサシステム研究会 1997(1), 149-153, 1997-01-25

    参考文献9件

  • 鳥類網膜の transient 型神経節細胞の光応答特性

    圜畠 将一 , 木下 真知 , 中村 真二郎 , 内山 博之

    鳥類(ウズラ)の一過性応答を示す網膜神経節細胞(RGC)の光応答特性について調べた. 今回記録したRGCの中で一過性RGCは90%以上を占めた. 方向選択性を示さない一過性RGC(全体の約70%)は, step状の輝度変化に対する応答によってon-off型, on型, off型の3つのタイプに分けられた. これらの内でon型RGCではsine状の輝度変化に対しても変化速度が最大となる位相で最大の応 …

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 95(501), 67-72, 1996-01-27

    参考文献7件 被引用文献4件

ページトップへ