小笠原 弘礼 OGASAWARA Hironori

ID:9000045922488

栄養化学研究室 (1959年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 肉エキス中のペプチッドの分離について

    信濃 栄 [他] , 遠藤 博之 , 小笠原 弘礼

    (1)ペーパークロマトグラフィによって,鶏肉および牛肉の肉エキスから二種のジペプチッド(カルノシンおよびアンセリン)を検出した.(2)カルノシンとアンセリンは,濾紙上ほぼ同一の位置にスポットが現われ,フェノール性溶媒に対するRf値は0.8〜0.9,ブタノール・酢酸・水系溶媒に対するRf値は約0.02で,青色であった.ペーパークロマトグラフィによる相互の分離は不能であった.(3)カルノシンとアンセリ …

    千葉大学園芸学部学術報告 7, 67-72, 1959-12-31

    CiNii PDF - オープンアクセス  機関リポジトリ

ページトップへ