武内 和彦 TAKEUCHI Kazuhiko

ID:9000045957650

東京都立大学理学部地理学教室 (1981年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 自然立地的土地利用計画の方法論的研究

    武内 和彦

    自然立地的土地利用計画は,土地自然を基盤に土地利用のあり方を考えるものであり,終局的には地域保全をめざしたものといえる。本研究では緑地学的立場から,潜在自然植生-地形類型による自然立地単位区分,代償群落度-土地利用類型による土地利用単位区分の有効性を論じ,さらに両単位の相互連関性にもとづく生態学的土地評価を経て自然立地的にみた計画的土地利用区分に至るまでの手順を示すとともに,その妥当性を検討した。

    造園雑誌 44(3), 137-154, 1981-02-28

    CiNii PDF - オープンアクセス  機関リポジトリ J-STAGE DOI 被引用文献3件

ページトップへ