松浦 春選 MATSUURA Haruyori

ID:9000046006886

高知大理学部情報科学科 Dept. of Information Science, Faculty of Science, Kochi University (1996年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  4件中 1-4 を表示

  • 分散データ統合のためのエージェント型仲介者モデル

    松浦 春選 , 稲森 真二郎 , 小西 修

    WWW(World Wide Web)によって実現された、分散された情報源という新しい環境は、現在の分散データベース技術での多くの概念の再考を促している。その中でも、分散された情報源を変換し、統合するという問題は重要である。我々は、この問題を解決する一つの方法として、エージェント型仲介者モデルを提唱した。このモデルでは、ユーザ代行エ一ジェントとデータベースエージェントがデータベースのECA機構のも …

    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 96(175), 73-78, 1996-07-24

    参考文献8件 被引用文献1件

  • 分散データ統合のためのエージェント型仲介者モデル

    松浦 春選 , 稲森 真二郎 , 小西 修

    WWW(orld Wide We)によって実現された、分散された情報源という新しい環境は、現在の分散データベース技術での多くの概念の再考を促している。その中でも、分散された情報源を変換し、統合するという問題は重要である。我々は、この問題を解決する一つの方法として、エージェント型仲介者モデルを提唱した。このモデルでは、ユーザ代行エージェントとデータベースエージェントがデータベースのECA機構のもとで …

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 1996(68(1996-DBS-109)), 73-78, 1996-07-24

    情報処理学会 参考文献8件 被引用文献2件

  • システムとその利用者の協調のための発展型仲介者モデル

    松浦 春選 , 小西 修

    WWW(World Wide Web)によって実現された、分散された情報源という新しい環境は、現在の分散データベース技術での多くの概念の再考を促している。その中でも、分散された情報源を変換し、統合するという問題は重要である。我々は、この問題を解決する一つの方法として、仲介者モデルを考える。このモデルでは、ユーザ代行エージェントとデータベースエージェントがデータベースのECA機構のもとで協調する。こ …

    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 96(54), 37-42, 1996-05-22

    参考文献7件 被引用文献2件

  • 分散協調処理による異種問題解決系の統合利用

    小西 修 , 松浦 春選

    情報検索システムや各種データベースシステムなどの異種問題解決器を統合するための分散協調処理モデルを提唱し、それがECA機構を持つアクティブデータベース上で実現されることを示す。この統合は、利用者と各種応用システムの間の仲介者システムによって実現される。仲介者システムは、各問題解決の知識源が黒板上の知識と情報を共有しながら問題解決をはかるという分散協調処理モデルに基づく。ここで、黒板はオブジェクト指 …

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 1995(65(1995-DBS-104)), 311-318, 1995-07-18

    情報処理学会 参考文献9件 被引用文献3件

ページトップへ