松倉 健志 MATSUKURA TAKESHI

ID:9000046008429

神戸大学大学院自然科学研究科 Graduate School of Science and Technology, Kobe University (2000年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  4件中 1-4 を表示

  • Web検索における意味的適合フィードバック機構

    平田 陽一 , 松倉 健志 , 田島 敬史 [他] , 田中 克己

    従来のWeb検索における適合フィードバックでは,ユーザがサンプルページの内容を見て評価し,その評価をもとに再検索または検索結果の再構成を行なう.その際,ページの評価は「良い」または「悪い」の2種類であった.そのため,従来の適合フィードバックの手法は,「良い」と評価されたページに類似したページを獲得するのには有効だが,ユーザの要求が「この話題についてのより詳しいページが欲しい」などのように複雑になる …

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 2000(69(2000-DBS-122)), 137-144, 2000-07-26

    情報処理学会 参考文献5件 被引用文献5件

  • Web 検索における意味的適合フィードバック機構

    平田 陽一 , 松倉 健志 , 田島 敬史 , 田中 克己

    従来のWeb検索における適合フィードバックでは, ユーザがサンプルページの内容を見て評価し, その評価をもとに再検索または検索結果の再構成を行なう.その際, ページの評価は「良い」または「悪い」の2種類であった.そのため, 従来の適合フィードバックの手法は, 「良い」と評価されたページに類似したページを獲得するのには有効だが, ユーザの要求が「この話題についてのより詳しいページが欲しい」などのよう …

    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 100(226), 137-144, 2000-07-19

    参考文献5件

  • 部分グラフを基本単位とした Web 文書検索 : 単語の出現密度分布の適用

    佐野 綾一 , 松倉 健志 , 波多野 賢治 [他] , 田中 克己

    本稿では, WWWをWeb文書のリンクにより構成される巨大なグラフとして捉え, 検索キーワードを全て含む極小マッチ部分グラフ(Minimal Matching Subgraphs)を検索の基本単位と定義したシステムの評価尺度の提案を行う。この評価尺度は極小マッチ部分グラフのノード, すなわちWeb文書の内部構造をWeb文書内の単語の出現密度分布を用いて抽出しスコアリングを行っている。

    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 99(201), 79-84, 1999-07-21

    参考文献8件

  • 部分グラフを基本単位としたWeb文書検索:単語の出現密度分布の適用

    佐野 綾一 , 松倉 健志 , 波多野 賢治 [他] , 田中 克己

    本稿では,WWWをWeb文書のリンクにより構成される巨大なグラフをして捉え,検索キーワードを全て含む極小マッチ部分グラフ(Minimal Matching Subgraphs)を検索の基本単位と定義したシステムの評価尺度の提案を行う.この評価尺度は極小マッチ部分グラフのノード,すなわちWeb文書の内部構造をWeb文書内の単語の出現密度分布を用いて抽出しスコアリングを行っている.A minimal …

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 1999(61(1999-DBS-119)), 79-84, 1999-07-21

    情報処理学会 参考文献8件 被引用文献2件

ページトップへ