小羽田 哲宏 Kohada Tetsuhiro

論文一覧:  3件中 1-3 を表示

  • FPGAを利用した教育用マイクロプロセッサKITE - 2 -システムソフトウェア教育への対応-

    末吉 敏則 , 小羽田 哲宏 , 野崎 貴弘 , 田中 康一郎 , 久我 守弘

    教育用マイクロプロセッサKITEは,書換え可能なFPGAを用いて学習者が自らの手で設計,実装,動作確認まで行うことができる教材である.KITEマイクロプロセッサは内部可観測性に優れており,情報系学生の計算機入門教育や計算機ハードウェア教育に活用されて大きな効果を納めている.本稿は,現行のKITEマイクロプロセッサを機能拡張し,システムソフトウェア教育,特にオペレーティングシステムの実装に不可欠なメ …

    情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ(ARC) 1994(50(1994-ARC-106)), 25-32, 1994-06-13

    情報処理学会

  • FPGAを利用した可変構造SIMD型並列計算機

    嶺 竜太郎 , 小羽田 哲宏 , 久我 守弘 , 末吉 敏則

    SIMD型並列計算機ではプロセッサアレイと相互結合網の構成が一体となっており,相互結合網のみならずプロセッサアレイのアーキテクチャも応用に合わせて柔軟に変更できることが望ましい.そこで本稿では,プロセッサアレイ部をFPGAで構成した可変構造SIMD型並列計算機について報告する.FPGAを利用したことによってプロセッサアレイをアルゴリズムに適したアーキテクチャに再構成できるので,処理の高速化を図るこ …

    電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム 93(180), 17-24, 1993-08-18

  • 教育用マイクロプロセッサKITEとその開発支援環境

    田中 康一郎 , 小羽田 哲宏 , 久我 守弘 , 末吉 敏則

    書換え可能なFPGAを利用して,学習者が自らの手で設計から動作検証まで行える教育用マイクロプロセッサKITEとその開発支援環境について述べる.KITEは基本的な計算機構成要素から成る簡素な16ビット・マイクロプロセッサであり,設計手法としては回路図入力による方法やハードウェア記述言語による方法,あるいはその組合せを利用できる.また,開発支援環境として評価用ボードとクロスソフトウェアを整備しているの …

    情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ(ARC) 1993(49(1993-ARC-100)), 59-66, 1993-06-06

    情報処理学会 被引用文献9件

ページトップへ