村木 健介 MURAKI KENSUKE

ID:9000046010414

大阪大学大学院情報科学研究科コンピュータサイエンス専攻 Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University (2005年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  2件中 1-2 を表示

  • 短時間処理向け資源管理を実現するためのGlobus Toolkitの性能評価

    村木 健介 , 川崎 康博 , 水谷 泰治 [他] , 伊野 文彦 , 萩原 兼一

    本稿では,グリッドにおいて10秒程度の短時間処理を実現することを目標として,標準ミドルウェアGlobus Toolkitが内包する資源情報収集システムMDS(Monitoring and Discovery Service)の性能評価を示す.評価には,64台のPCクラスタを用い,資源情報の要求から収集を終えるまでの応答時間を計測した.その際,MDSを用いた短時間処理の実現可能性を明らかにするために …

    情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2005(19(2004-HPC-101)), 79-84, 2005-03-08

    情報処理学会 被引用文献2件

  • 短時間処理向け資源管理を実現するためのGlobus Toolkitの性能評価

    村木 健介 , 川崎 康博 , 水谷 泰治 , 伊野 文彦 , 萩原 兼一

    本稿では,グリッドにおいて10秒程度の短時間処理を実現することを目標として,標準ミドルウェアGlobus Toolkitが内包する資源情報収集システムMDS(Monitoring and Discovery Service)の性能評価を示す.評価には,64台のPCクラスタを用い,資源情報の要求から収集を終えるまでの応答時間を計測した.その際,MDSを用いた短時間処理の実現可能性を明らかにするために …

    情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ(ARC) 2005(19(2004-ARC-162)), 79-84, 2005-03-08

    情報処理学会 参考文献9件

ページトップへ