中山 寛 NAKAYAMA HIROSHI

ID:9000046015221

富士通株式会社 FUJITSU LTD. (1997年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  4件中 1-4 を表示

  • ジオメトリプロセサProcyonのアーキテクチャ

    安里 彰 , 岩田 靖 , 西本 晴子 , 中山 , 木村 康則

    我々はジオメトリプロセサ「Procyon]の開発を行なっている.Procyonは4並列VLIW型プロセサで,その高並列演算能力とジオメトリ処理を指向した命令セットにより,サンプルプログラムを用いた評価では,125MHz動作時で約2.6Mポリゴン/秒の性能が見積もられている.この数字は現時点でのハイエンドの3Dシステムと比較しても遜色ない値である.また,Procyonはソースオペランドの読み込みに用 …

    情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ(ARC) 1997(102(1997-ARC-126)), 49-54, 1997-10-28

    情報処理学会 参考文献4件 被引用文献1件

  • ジオメトリプロセサProcyon : ソフトウェア開発環境

    西本 晴子 , 岩田 靖 , 安里 彰 , 中山 , 木村 康則

    近年, プロセッサの開発では,バードウェアとソフトウェアの開発を並行して行なう場合が多い。そのため,ハードウェアの設計・製作段階からターゲットとなるソフトウェアのテストやデバッグのできる環境を構築する必要がある。Procyonを開発するにあたっては, 設計期間の短縮を第一に考え, シンプルなハードウェア構成にした。そのため, 本来ハードウェアで行なっていた演算結果のバイパス制御をソフトウェアによっ …

    全国大会講演論文集 第55回(アーキテクチャ), 50-51, 1997-09-24

    情報処理学会 被引用文献1件

  • ジオメトリプロセサProcyon : 概要

    安里 彰 , 須賀 敦浩 , 久保 沢元 , 中山 , 木村 康則

    3次元グラフィックス処理は, 座標変換, ライティングなどのジオメトリ処理と図形の塗り潰しを行うレンダリング処理に分けられる。近年盛況であるパソコン用3Dグラフィックスボードでは, レンダリング用LSIを搭載し, 主に3Dゲームの高速化を実現している。しかし, 膨大な数のポリゴンデータを扱うCADや映像制作アプリケーションでは, 現在の高速CPUをもってしてもジオメトリ性能が十分でない。このような …

    全国大会講演論文集 第55回(アーキテクチャ), 44-45, 1997-09-24

    情報処理学会 被引用文献2件

  • パソコンCGシステム

    中山 , 工藤 法子 , 中川 幸洋 , 岩瀬 洋道 , 後藤 敏行

    従来,汎用大型コンピュータ上で行われてきたCAD/CAM,意匠設計などのCG処理は,近年,ワークステーションによるシステム化が飛躍的に進んでおり,将来的にはパソコン上での実現が予想される。このような流れの中で,CGに特有な三次元空間上の幾何変換を高速に実行するLSIを開発し,これを用いてパソコンをホストとする小型高速CGシステムを開発した。さらに,本システムを用いた評価実験を行い,パソコンだけの処 …

    全国大会講演論文集 第41回(データ処理), 261-262, 1990-09-04

    情報処理学会

ページトップへ