丸山 幸孝 MARUYAMA Yukitaka

ID:9000046015238

松下電器産業 Matsushita Electric Industrial Co., LTD (1997年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  5件中 1-5 を表示

  • 連接する変数の生存区間に着目したレジスタ割付けの一方式

    田中 旭 , 佐山 旬子 , 小谷 謙介 , 湯川 博司 , 丸山 幸孝

    近年、機器組み込みソフトウェアを高級言語により開発することが不可欠になっているが、高級言語開発におけるオブジェクトコードサイズの増大が組み込み分野では大きな問題となる。そこで我々は、コンパイラ技術の観点から組み込みマイコンMN10xシリーズを開発した。本稿では、MN10xシリーズのような少数のレジスタしか持たないマイコンに対しても、効率の良い大域的レジスタ割付けが可能な方式について報告する。この方 …

    情報処理学会研究報告システムLSI設計技術(SLDM) 1997(119(1997-SLDM-086)), 71-77, 1997-12-11

    情報処理学会

  • 連接する変数の生存区間に着目したレジスタ割付けの一方式 (<特集>機能論理設計, アーキテクチャ設計支援と一般)

    田中 旭 , 佐山 旬子 , 小谷 謙介 , 湯川 博司 , 丸山 幸孝

    近年、機器組み込みソフトウェアを高級言語により開発することが不可欠になっているが、高級言語開発におけるオブジェクトコードサイズの増大が組み込み分野では大きな問題となる。そこで我々は、コンパイラ技術の観点から組み込みマイコンMN10xシリーズを開発した。本稿では、MN10xシリーズのような少数のレジスタしか持たないマイコンに対しても、効率の良い大域的レジスタ割付けが可能な方式について報告する。この方 …

    情報処理学会研究報告. 設計自動化研究会報告 97(119), 71-77, 1997-12-11

  • 連接する変数の生存区間に着目したレジスタ割付けの一方式

    田中 旭 , 佐山 旬子 , 小谷 謙介 , 湯川 博司 , 丸山 幸孝

    近年、機器組み込みソフトウェアを高級言語により開発することが不可欠になっているが、高級言語開発におけるオブジェクトコ一ドサイズの増大が組み込み分野では大きな問題となる。そこで我々は、コンパイラ技術の観点から組み込みマイコンMN10xシリーズを開発した。本稿では、MN10xシリーズのような少数のレジスタしか持たないマイコンに対しても、効率の良い大域的レジスタ割付けが可能な方式について報告する。この方 …

    情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ(ARC) 1997(119(1997-ARC-127)), 71-77, 1997-12-11

    情報処理学会 参考文献5件

  • 段階的詳細化図的エディタSRPADシステムの開発

    岡田 憲武 , 清水 澄代 , 浅田 保栄 , 丸山 幸孝 , 小林 正弘

    ソフトウェア開発の生産性、信頼向上を目的として,筆者らは既にPAD図による図的エディタを開発した.しかしながら,PAD図がソースレベルのみで記述されているため、ソースコード構文的な誤りは無くすものの、ソフトウェア開発における概略設計からコーディングまで支援するには至らなかった.したがっ,段階的詳細設計技法に基づき、概略設計からコーディングまでを一関貫して支援する段階的詳細図的エディタSRPADい( …

    全国大会講演論文集 第37回(ソフトウェア工学), 721-722, 1988-09-12

    情報処理学会

  • ソフトウェアCADを指向したマイコンソフトウェア開発支援システム

    河野清尊 , 浅田 保栄 , 宇野 結 , 清水 澄代 , 湯川 博司 , 丸山 幸孝

    マイクロプロセッサ(マイコン)分野専用のソフトウェア開発支援環境を専用のハードウェアおよびソフトウェアツール群により実用化した。CPUはMC68010/68020、OSはUNIX System Vを搭載し、ソフトウェア開発専用の大型画面のグラフィック端末をRS-422インターフェースで複数台接続することにより、ソフトウェアCADツールおよびマルチウィンドウ機能をマルチユーザ環境で使えるようにした。 …

    情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ(ARC) 1987(20(1986-ARC-044)), 1-9, 1987-03-13

    情報処理学会

ページトップへ