大渕 憲一 Ohbuchi Kennichi

ID:9000046074771

大阪教育大学心理学教室 Department of Psychology,Osaka Kyoiku University (1987年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  6件中 1-6 を表示

  • 成人の怒りの経験における男女差

    大渕 憲一

    大阪府下に住む成人123名と130名の大学生に対して,Averillの質問紙「怒りの日常的経験」を施行した。この質問紙は,被験者が最近経験した怒りの出来事を想起させ,それについて,挑発因,動機,反応など様々の観点から評定させるものである。本稿では,彼らの回答について性差を検討する分析を行なった。その結果,怒った時女性は男性に比べて,関接的攻撃反応,非攻撃的反応,それに消化器系の症状が多く,血管系の …

    大阪教育大学紀要. IV, 教育科学 36(1), 25-32, 1987-08

    機関リポジトリ

  • 怒りの経験における男女差の検討 : 身分,対象の性別及び被験者との関係との交互作用効果

    大渕 憲一

    大阪府下に住む社会人124名と大学生130名に対して,Averillの質問紙「怒りの日常的経験」を施行した。これは,被験者が最近経験した怒りの出来事を想起させ,それについて挑発因,動機,反応など様々の観点から評定させるものである。本編では,怒りの経験の性差を媒介する要因を明らかにするために,被験者の性別と身分,対象の性別,対象との関係を要因とする分散分析と対数線型分析によってそれらの交互作用を分析 …

    大阪教育大学紀要. IV, 教育科学 34(1), 37-47, 1985-08-31

    機関リポジトリ

  • 日本の高校生の性情報源

    松岡 弘 [他] , 大渕 憲一 , 川並 晶子 , 小西 恵子

    大阪教育大学紀要. V, 教科教育 32(1), 115-121, 1983-09-30

  • 欲求不満に対する児童の攻撃反応 : 原因情報,年齢,性の効果

    村上 雅彦 , 大淵 憲一

    大阪教育大学紀要. IV, 教育科学 32(1), 45-55, 1983-09-30

  • 統覚反応の知覚・想像成分を規定する刺戟変数と人格変数:児童の攻撃行動と適応性について

    大渕 憲一

    児童の統覚反応を知覚成分と想像成分に分割した時,人格変数(攻撃行動)と刺戟変数(図版の攻撃指定性)がどのように効果を与たえるか検討した。教師の行動評定から,適応的良攻撃児,不適応な不良攻撃児,非攻撃児を各20名選択してTATを集団施行した。彼らの統覚反応を攻撃度について得点化して分散分析したところ,知覚成分は専ら刺戟要因によって決定されているのに,想像成分の方は刺戟と人格の両要因に規定されているこ …

    大阪教育大学紀要. IV, 教育科学 30(1/2), 79-84, 1981-10-31

    機関リポジトリ

  • TAT攻撃反応と刺戟価の役割

    大渕 憲一

    男子の自衛隊員が上官による行動評定に基づいて攻撃群(A群)と非攻撃群(N群)に分類された。彼らのTAT反応が変容カテゴリーによってスコアリングされた。TAT図版は攻撃性指定に関して高中低の3水準のものである。重相関比法による判別分析の結果では高指定及び中指定の刺戟条件下でA群はN群よりもより直接的で変容の少ない攻撃反応を示した。この指定性効果は攻撃動因の表出に対する抑止の強度差に由来すると考察され …

    大阪教育大学紀要. IV, 教育科学 27(3), 185-190, 1979-02

    機関リポジトリ

ページトップへ