栗林 伸一 Kuribayashi Shin-ichi

ID:9000046084200

NTT交換システム研究所 NTT Communication Switching Laboratories (1994年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • ATM技術を用いた信号および保守情報転送方式の検討 <AAL機能>

    篠崎 , 栗林 伸一

    インテリジェントネットワークによるサービスの高度化、ならびに遠隔ファイル更新等によるオペレーションの高度化に伴い、ノードおよびノード間で扱う信号並びに保守情報のトラヒックが急増し、高速処理が求められている。この対策としてATM技術の導入が検討されている。本資料では、経済化の観点からATMの統計多重のメリットを活かし、信号と保守情報を同一の通信制御装置、帯域で処理するための多重化転送方式を検討し、以 …

    信学技報, 19-24, 1993

    被引用文献1件

ページトップへ