井川 勝市 IKAWA Katsuichi

ID:9000046139793

日本原子力研究所 Japan Atomic Energy Research Institute (1973年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  2件中 1-2 を表示

  • 二塩化メチレン法による微小球の炭化ジルコニウム-炭素系複合体の被覆

    井川 勝市 [他] , 岩本 多實

    流動層で微小球に炭化ジルコニウム-炭素系複合体の被覆を施こす方法として, ジルコニウムスポンジと二塩化メチレン蒸気との反応生成物からの蒸着が利用できることを実証した. 蒸着物層の炭素対ジルコニウム比は, 供給ガス中の水素濃度を変えることによっても, また, 反応領域の管長を変えることによっても調節できる. 1400℃以下での蒸着は実用的でない.

    窯業協會誌 81(938), 403-406, 1973-10-01

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE DOI

  • 微細ポアー構造研究のためのクリプトン吸着

    井川 勝市 ,

    微細ポアー構造の研究には従来もっぱら窒素吸着法が行なわれてきたが, 液体窒素温度でクリプトン吸着を行なうと, 従来法より低圧で行ないうるために精度を上げることができる. この考え方は比表面積測定に生かされている. これを微細ポアー構造の研究手段にまで拡張することを実験的に検討した. 例として黒鉛の酸化およびUO<sub>2</sub>の焼結に伴なう微細ポアー構造の変化を調べ …

    窯業協會誌 80(923), 300-303, 1972-07-01

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE DOI

ページトップへ