武田 進 TAKEDA Susumu

ID:9000046253662

九州大学大学院システム情報科学府 Graduate School of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University (2008年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  2件中 1-2 を表示

  • トランザクショナルメモリにおける並列実行トランザクション数動的制御法の提案とその評価

    武田 , 島崎 慶太 , 井上 弘士 [他] , 村上 和彰

    本稿では,トランザクショナルメモリにおける性能向上を目的とした並列実行トランザクション数動的制御法を提案する.一般に,並列プログラムにおいては共有変数へのアクセスに関して排他制御を行う必要がある.トランザクショナルメモリでは,複数スレツドに対して共有変数の同時アクセスを許すことで高性能化を実現する.しかしながら,複数スレッドによる共有変数へのアクセスにおいて不都合が発生した場合には,それまでの実行 …

    電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路 108(28), 81-86, 2008-05-13

    参考文献6件

  • トランザクショナルメモリにおける並列実行トランザクション数動的制御法の提案とその評価

    武田 , 島崎 慶太 , 井上 弘士 [他] , 村上 和彰

    本稿では,トランザクショナルメモリにおける性能向上を目的とした並列実行トランザクション数動的制御法を提案する.一般に,並列プログラムにおいては共有変数へのアクセスに関して排他制御を行う必要がある.トランザクショナルメモリでは,複数スレッドに対して共有変数の同時アクセスを許すことで高性能化を実現する.しかしながら,複数スレッドによる共有変数へのアクセスにおいて不都合が発生した場合には,それまでの実行 …

    情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ(ARC) 2008(39(2008-ARC-178)), 81-86, 2008-05-06

    情報処理学会 参考文献6件

ページトップへ