沼井 裕二 NUMAI YUJI

論文一覧:  8件中 1-8 を表示

  • 線形分離オートマトンの高速な状態数最小化アルゴリズム

    沼井 裕二 , 小林 聡

    本論文では,著者らが過去に提案した線形分離オートマトン (LSA) の状態数最小化アルゴリズムを高速化する.LSA は有限オートマトンを拡張したモデルで,実ベクトル系列を受理する能力を持ち,各状態には重み関数と閾値系列が付随する.この二つによって,各時点でのある状態からの遷移先状態が決定する.過去の著者らの論文では,与えられた LSA M の状態数を最小化する理論を確立し,O(n2) 時間の状態数 …

    研究報告数理モデル化と問題解決(MPS) 2010-MPS-79(3), 1-9, 2010-07-05

    情報処理学会 参考文献9件

  • 線形分離オートマトンの最小化アルゴリズム (数理モデル化と問題解決(MPS) Vol.2009-MPS-77)

    沼井 裕二 , 宇田川 祥彰 , 小林 聡

    情報処理学会研究報告 2009年度(6), 1-8, 2010-04

  • 線形分離オートマトンの最小化アルゴリズム

    沼井 裕二 , 宇田川 祥彰 , 小林 聡

    本論文では,線形分離オートマトン (LSA) の最小化アルゴリズムを提示する.LSA は有限オートマトンを拡張したモデルで,実ベクトル系列を受理する能力を持ち,各状態には重み関数と閾値系列が付随する.この二つによって,各時点でのある状態からの遷移先状態が決定する.以前の我々の論文では, LSA と, 状態数最小の LSA との特徴付けのみを行った.与えられた LSA M の状態数の最小化は,本論文 …

    研究報告数理モデル化と問題解決(MPS) 2010-MPS-77(4), 1-8, 2010-02-25

    情報処理学会

  • 線形分離オートマトンの最小化に関する理論 (バイオ情報学(BIO) Vol.2009-BIO-19)

    沼井 裕二 , 宇田川 祥彰 , 小林 聡

    情報処理学会研究報告 2009年度(5), 1-8, 2010-02

  • 線形分離オートマトンの最小化に関する理論

    沼井 裕二 , 宇田川 祥彰 , 小林 聡

    本論文では,有限オートマトンを拡張した計算モデルである線形分離オートマトン (LSA) の理論的な考察を行う.LSA は実ベクトル系列を受理する能力を持ち,各状態には線形関数と閾値系列が付随する.この二つによって,各時点でのある状態からの遷移先状態が決定する.LSA の状態遷移は,パーセプトロンの振舞いと対応する.LSA に関する Myhill-Nerode の定理を用いて最小化に関する理論を構築 …

    研究報告数理モデル化と問題解決(MPS) 2009-MPS-76(1), 1-8, 2009-12-10

    情報処理学会 参考文献13件

  • 線形分離オートマトンの最小化に関する理論

    沼井 裕二 , 宇田川 祥彰 , 小林 聡

    本論文では,有限オートマトンを拡張した計算モデルである線形分離オートマトン (LSA) の理論的な考察を行う.LSA は実ベクトル系列を受理する能力を持ち,各状態には線形関数と閾値系列が付随する.この二つによって,各時点でのある状態からの遷移先状態が決定する.LSA の状態遷移は,パーセプトロンの振舞いと対応する.LSA に関する Myhill-Nerode の定理を用いて最小化に関する理論を構築 …

    研究報告バイオ情報学(BIO) 2009-BIO-19(1), 1-8, 2009-12-10

    情報処理学会 参考文献13件

  • 線形分離オートマトンを用いたパターン認識手法の理論的基礎について

    沼井 裕二 , 星野 憲司 , 宇田川 祥彰 [他] , 小林 聡

    本論文では、実数ベクトル系列を受理するモデルである線形分離オートマトン(LSA)の理論的結果を示すと同時に、LSAを利用したパターン認識アルゴリズムを提案し、実験・評価する。論文の前半では、実数ベクトル系列を受理するシステムであるLSAに関していくつかの定理を導出し、理論的基礎を考察する。LSAは、有限オートマトンの自然な拡張になっている。後半では、LSAに確率的遷移を付与したモデル(PLSA)に …

    研究報告数理モデル化と問題解決(MPS) 2009(19(2009-MPS-73)), 149-152, 2009-02-26

    情報処理学会 参考文献9件

  • 極限同定性を保証する RPNI アルゴリズムの状態統合戦略について

    沼井裕二 , 小林 聡

    RPNI は,Oncina と Garcia によって提唱された,状態統合を用いて有限オートマトン(正則言語)を極限学習するアルゴリズムのひとつである.RPNI では,状態統合の順序(状態統合戦略)は、長さ優先の辞書式全順序を採用していた.著者らは,この戦略について考察を深めることで,RPNI さらには状態統合を利用したアルゴリズムに関する知見を得られると考えた.そこで,本論文ではまず,任意の全順 …

    情報処理学会研究報告アルゴリズム(AL) 2008(49(2008-AL-118)), 9-16, 2008-05-20

    情報処理学会 参考文献8件

ページトップへ