クラーク ハーゲン KLAUK Hagen

ID:9000046317852

マックス・プランク研究所 Max Planck Institute (2012年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  6件中 1-6 を表示

  • 圧電フィルムによるエネルギーハーベスティングと2V有機トランジスタ回路を搭載した靴の中敷き型万歩計

    石田 光一 , 黄 〓靖 , 本田 健太朗 [他] , 篠塚 康大 , 更田 裕司 , 横田 知之 , ツィーシャング ウテ , クラーク ハーゲン , グレゴリー トルティシエ , 関谷 毅 , 高宮 真 , 年吉 洋 , 染谷 隆夫 , 桜井 貴康

    フレキシブルなエネルギーハーベスティング回路を実現できれば、太陽電池やピエゾ圧電フィルムを用いることで、フレキシブルな大面積エレクトロニクスへの給電が可能となる。従来のエネルギーハーベスティング回路に用いられているシリコン集積回路は可塑性という点で靴のようにフレキシブルで凹凸のある面になじまず、コストの面で大面積エレクトロニクスへの分散配置には適さない。そのため、本研究では有機トランジスタを用いた …

    電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路 112(170), 99-104, 2012-07-26

    参考文献5件

  • 圧電フィルムによるエネルギーハーベスティングと2V有機トランジスタ回路を搭載した靴の中敷き型万歩計

    石田 光一 , 黄 〓靖 , 本田 健太朗 [他] , 篠塚 康大 , 更田 裕司 , 横田 知之 , ツィーシャング ウテ , クラーク ハーゲン , グレゴリー トルティシエ , 関谷 毅 , 高宮 真 , 年吉 洋 , 染谷 隆夫 , 桜井 貴康

    フレキシブルなエネルギーハーベスティング回路を実現できれば、太陽電池やピエゾ圧電フィルムを用いることで、フレキシブルな大面積エレクトロニクスへの給電が可能となる。従来のエネルギーハーベスティング回路に用いられているシリコン集積回路は可塑性という点で靴のようにフレキシブルで凹凸のある面になじまず、コストの面で大面積エレクトロニクスへの分散配置には適さない。そのため、本研究では有機トランジスタを用いた …

    電子情報通信学会技術研究報告. SDM, シリコン材料・デバイス 112(169), 99-104, 2012-07-26

    参考文献5件

  • 2V有機CMOS回路とインクジェット印刷配線を用いたユーザ・カスタマイザブル・ロジック・ペーパー

    石田 光一 , 増永 直樹 , 高橋 亮 [他] , 関谷 毅 , 志野 成樹 , ツィーシャング ウテ , クラーク ハーゲン , 高宮 真 , 染谷 隆夫 , 桜井 貴康

    センサアレイなどの大面積エレクトロニクスのプロトタイピングに適したデバイスとしてUser Customizable Logic Paper(UCLP)を提案する。本デバイスは2V有機CMOSを用いたSea-of Transmission-Gates(SOTG)と呼ぶ論理セルアレイと家庭用インクジェットプリンタを使用した印刷配線技術とで構成され、ユーザの手により有機CMOS集積回路のカスタマイズをす …

    映像情報メディア学会技術報告 34(29), 115-119, 2010-07-22

    参考文献6件

  • 2V有機CMOS回路とインクジェット印刷配線を用いたユーザ・カスタマイザブル・ロジック・ペーパー

    石田 光一 , 増永 直樹 , 高橋 亮 [他] , 関谷 毅 , 志野 成樹 , ツィーシャング ウテ , クラーク ハーゲン , 高宮 真 , 染谷 隆夫 , 桜井 貴康

    センサアレイなどの大面積エレクトロニクスのプロトタイピングに適したデバイスとしてUser Customizable Logic Paper(UCLP)を提案する。本デバイスは2V有機CMOSを用いたSea-of Transmission-Gates(SOTG)と呼ぶ論理セルアレイと家庭用インクジェットプリンタを使用した印刷配線技術とで構成され、ユーザの手により有機CMOS集積回路のカスタマイズをす …

    電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路 110(140), 115-119, 2010-07-15

    参考文献6件

  • 2V有機CMOSとシリコンCMOSを用いたEMI測定用風呂敷の原理検証

    石田 光一 , 増永 直樹 , 周 志偉 [他] , 安福 正 , 関谷 毅 , ツィーシャング ウテ , クラーク ハーゲン , 高宮 真 , 染谷 隆夫 , 桜井 貴康

    電子機器が高性能化され、高密度に部品が実装されるのに伴い、EMIの発生源を特定するのが難しくなってきている。この問題を解決するために、電子機器を包むようにしてその表面の磁界及び電界の分布を測定するツール「EMI測定用風呂敷」の原理検証を行ったので報告する。

    映像情報メディア学会技術報告 33(39), 1-6, 2009-10-01

    参考文献10件

  • 2V有機CMOSとシリコンCMOSを用いたEMI測定用風呂敷の原理検証

    石田 光一 , 増永 直樹 , 周 志偉 [他] , 安福 正 , 関谷 毅 , ツィーシャング ウテ , クラーク ハーゲン , 高宮 真 , 染谷 隆夫 , 桜井 貴康

    電子機器が高性能化され、高密度に部品が実装されるのに伴い、EMIの発生源を特定するのが難しくなってきている。この問題を解決するために、電子機器を包むようにしてその表面の磁界及び電界の分布を測定するツール「EMI測定用風呂敷」の原理検証を行ったので報告する。

    電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路 109(214), 1-6, 2009-09-24

    参考文献10件

ページトップへ