堀江 牧夫 HORIE Makio

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 犬における Dirofilaria immitis 脳内迷入例の病理學的研究

    小谷 猛夫 , 冨村 保 , 小倉 基裕 , 望月 宏 , 堀江 牧夫

    臨床的に原因不明の神経症状を発現して死亡した2頭の犬と, 生存中なんら神経症状を示さなかった1頭の犬について, 病理学的および寄生虫学的検索を行い, 以下の結果を得た. 1. 神経症状を示した2頭の犬のうち, 1頭は左大脳脚, 他の1頭は左シルビウス外回髄質内に虫洞を形成し, 内部に糸状虫(各1隻)を認めた. 中枢神経系の病理学的所見は, 虫体の穿通に基づく脳組織の破懐と多発性出血性軟化巣の形成, …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 37(2), 141-149,154, 1975

    J-STAGE

ページトップへ