草[ナギ] 千代子 KUSANAGI Chiyoko

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 競走馬における doping drugs の薬理学的研究 : IV. Chlorpromazine および phenobarbital

    藤井 仙二 , 稲田 七郎 , 吉田 茂 , 草[ナギ] 千代子 , 美馬 恭佑 , 夏野 義啓

    クロルプロマジンおよびフェノバルビタールが, 馬の運動におよぼす影響を観察した. サラブレッド種乗馬3頭を用いて, 塩酸クロルプロマジン体重1kg当リ0.25mg, 0.5mgおよび1.0mg, フェノバルビタールナトリウム1頭当り1gおよび3gをそれぞれ皮下注射し,運動負荷時(投与1時間後に実施)に起こる lap time, 心電図波形, 心拍数, R-R 間隔, 歩数, 呼吸数の変化を観察し, …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 37(2), 133-139, 1975

    J-STAGE DOI

ページトップへ