鈴木 直義 SUZUKI Naoyoshi

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • An in vitro study of monocyte phagocytosis in the peripheral blood of healthy and Babesia-infected beagles.

    石嶺 毅 , 長沢 秀行 , 鈴木 直義

    細胞性免疫現象は特異的に感作されたリンパ球と, これによって活性化されたマクロフアージあるいは感作リンパ球産生物質(リンホカイン)などが相互に関与しているものと考えられている. これらは, in vitroで解析する研究方法が確立されだして, その機序が徐々に明らかになりつつある. しかしながら, 犬においての報告は殆んど見当らない. そこで, in vitro培養によるビーグルの末梢血液中単球を …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 41(5), 487-493, 1979

    J-STAGE

ページトップへ