桑原 正人 KUWABARA Masato

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 犬の膝蓋骨脱臼に関する研究 : 大腿骨骨端シルエットの解析について

    桑原 正人 , 小林 雅樹 , 佐藤 敬

    筆者らは, 正常歩行を行う犬の大腿骨骨端シルエットおよび膝蓋骨脱臼犬の骨端シルエットに対し, 主因子法によって12変量×88個のデータを解析し, 以下の所見を得た. 1. 犬の雌雄の大腿骨骨端シルエットに発育上の差が認められ, 雄犬は雌大よりも起伏の大きい骨端シルエットを持ち, 50日令内外の子犬は脱臼犬と同様な形態であり, 90日令内外になると成犬のそれに達した. したがって, 大腿骨骨端シルエ …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 42(1), 73-81, 1980

    J-STAGE DOI

ページトップへ