江口 保暢 EGUCHI Yasunobu

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Electron microscopic studies on the anterior pituitary cells following castration in fetal and neonatal male rats.

    江口 保暢 , 花田 哲 , 森川 嘉夫

    胎生20日目の雄ラット胎仔を子宮内で去勢し, 2日後のその下垂体前葉細胞に起こる変化を対照胎仔と比較検討した. また, 同様に新生1日に去勢し, 2日後に剖検し, 下垂体における変化を胎生期のそれと比較した. 細胞内顆粒の直径を測定することによって, 三つの型の顆粒細胞を区別し得た. そのほかに顆粒の非常に小さい, 型を同定しにくい細胞があった. 顆粒直径の分布の型から分類しえた三つの細胞型のうち …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 42(1), 49-59, 1980

    J-STAGE

ページトップへ